|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

記事検索一覧
  • 公開年月から探す
  • 検索
  • キーワード
  • 検索

【タグ検索】不動産128件表示しています。

  • NEW

    地域情報(街・人・文化)

    [鳩さんのつぶやき]⑦|ニッチな視点とつながり大切に|沖縄県宅地建物取引業協会
    沖縄県宅地建物取引業協会の広報啓発委員会のメンバーが、日々の業務で感じた、よもやま話をつづります。
    協力/沖縄県宅地建物取引業協会
    2021/11/26
    編集部
  • NEW

    【沖縄】家はケーキのように分けられない!!~前編~|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[13]文/川端ゆかり
    離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル
    どうも! 川端です。このコラムも2年目に突入、引き続き離婚不動産にまつわるコラムを担当させていただきます。
    文/川端ゆかり
    2021/11/19
    編集部
  • NEW

    住宅ローン

    [沖縄・マンション売買]case29「収入が減った時の対応」
    長かった緊急事態宣言がようやく解除となりました。街に明るさが少しずつ戻っていますが、コロナの打撃はまだ尾を引いています。景気の回復を待つ余裕がない方は少なくありません。
    2021/11/19
    編集部
  • 住宅ローン

    [沖縄・マンション売買]case28「マンション売却時のリフォーム」
    朝晩涼しくなってきた今日この頃、年度末に向けてマンション購入を検討している方が動きだすシーズンです。てことはもちろん売却を検討している方もこのタイミングを逃す手はありません。今回は中古マンションをより売りやすくするためのリフォームのお話です。
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    2021/10/22
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    [鳩さんのつぶやき]⑥|お客さまの事情に思いはせ|沖縄県宅地建物取引業協会
    沖縄県宅地建物取引業協会の広報啓発委員会のメンバーが、日々の業務で感じた、よもやま話をつづります。
    協力/沖縄県宅地建物取引業協会
    2021/10/22
    編集部
  • 特集・企画

    [沖縄]特集・不動産の日①|リノベで収益化|素朴な日常を店舗に
    秋は不動産取引が活発になることや、二十三の語呂合わせから、9月23日は「不動産の日」。今号では休眠不動産(空き家)をリノベーションして収益化につなげた事例などを紹介する。
    ※9月23日は全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が制定した不動産の日。不動産活用・取引をテーマに特集を展開します。
    2021/09/24
    出嶋佳祐
  • 特集・企画

    [沖縄]特集・不動産の日②|リノベで収益化|「ワクワク感」に投資
    秋は不動産取引が活発になることや、二十三の語呂合わせから、9月23日は「不動産の日」。今号では休眠不動産(空き家)をリノベーションして収益化につなげた事例などを紹介する。
    ※9月23日は全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が制定した不動産の日。不動産活用・取引をテーマに特集を展開します。
    2021/09/24
    東江菜穂
  • 特集・企画

    [沖縄]特集・不動産の日③|リノベで収益化|「個」空間で間口広げ
    秋は不動産取引が活発になることや、二十三の語呂合わせから、9月23日は「不動産の日」。今号では休眠不動産(空き家)をリノベーションして収益化につなげた事例などを紹介する。
    ※9月23日は全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が制定した不動産の日。不動産活用・取引をテーマに特集を展開します。
    2021/09/24
    川本莉菜子
  • 特集・企画

    [沖縄]特集・不動産の日|危険な不発弾! あなたの土地は大丈夫?
    9月23日は全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が制定した不動産の日。不動産活用・取引をテーマに特集を展開します。
    2021/09/24
    編集部
  • 特集・企画

    [沖縄]特集・不動産の日|沖縄県宅地建物取引業協会会長インタビュー|新時代の不動産取引 工夫凝らしサポート
    発足57年目を迎えた(公社)沖縄県宅地建物取引業協会(以下、宅建業協会)。昨年からの新型コロナウイルス感染拡大を受け、不動産業界全体も新たな対応が求められる中、協会の取り組みや今後の課題について、知念聡会長に聞いた。
    2021/09/24
    編集部
  • 住宅ローン

    [沖縄・マンション売買]case27「住宅ローンの残債があるマンションの名義変更」
    朝晩は少し秋の気配を感じる季節となりました。先月の旧盆ごろから、弊社には不動産の生前贈与の相談が相次いでいます。今回はそんな相談の中から、住宅ローンが残るマンションの名義変更についてお伝えします。 文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    2021/09/24
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    [鳩さんのつぶやき]⑤|人の結びつきに助けられ|沖縄県宅地建物取引業協会
    沖縄県宅地建物取引業協会の広報啓発委員会のメンバーが、日々の業務で感じた、よもやま話をつづります。
    協力/沖縄県宅地建物取引業協会
    2021/09/24
    編集部
  • 【沖縄】苦い経験も自由&自立のパワーに|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[12]文/川端ゆかり
    離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル
    どうも! 川端です。おかげさまでリコンサルコラムも祝1年を迎えることになりました。持ち前?の「せっかくなので」精神が発動し、コラム冒頭はほぼ本題と関係ないことを書いては校正でごっそり削除、え? その言い回しはそのままなんかーい!と、執筆から掲載までの過程、言葉遊びを毎回楽しんでいます。
    文/川端ゆかり
    2021/09/17
    編集部
  • 住宅ローン

    [沖縄・マンション売買]case26「仏壇がある家の相続」マンション売買そうだんfile
    コロナ禍での旧盆でみんなが集まることはできずとも、今後の相続や仏壇のことが話題に上がったご家族も多いのではないでしょうか。今回は昨今の住宅事情で変化するトートーメーについてのお話です。 文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    2021/08/27
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    [鳩さんのつぶやき]④|高齢者の賃貸生活 連携して支え|沖縄県宅地建物取引業協会
    沖縄県宅地建物取引業協会の広報啓発委員会のメンバーが、日々の業務で感じた、よもやま話をつづります。
    協力/沖縄県宅地建物取引業協会
    2021/08/27
    編集部
  • 【沖縄】離婚時の不動産売却益で軍用地を購入した場合|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[11]文/川端ゆかり
    離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル
    ハイタイ! 川端です。「ワクチン打った?」がごあいさつになっているこの頃。2度目のコロナ禍の夏真っ盛りですね。炎天下のマスクが正直ツライですが、スッピンで過ごせるから楽ちんなところもあります。正しく恐れ、多様性を受け入れ認める自分でいたいものです。
    文/川端ゆかり
    2021/08/20
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    [鳩さんのつぶやき]③|購入希望地にある井戸、どうする?|沖縄県宅地建物取引業協会
    沖縄県宅地建物取引業協会の広報啓発委員会のメンバーが、日々の業務で感じた、よもやま話をつづります。
    2021/07/23
    編集部
  • 住宅ローン

    [沖縄・マンション売買]case25「購入のタイミング」マンション売買そうだんfile
     気が付けば今年も半分が過ぎました。コロナ禍においてもライフイベントは粛々とやってきますし、ライフイベントには決断がつきものです。今回はマンション購入をどのタイミングで行うべきかについてお話しします。 文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    2021/07/23
    編集部
  • 【沖縄】番外編~アメリカの離婚×不動産事情|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[10]文/川端ゆかり
    離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル
    ハイターイ!! どうも、川端です! 不動産エージェントの仕事をしていてのヨロコビは数々ありますが、(1)年齢を重ねることがポジティブに考えられること(2)国内、海外の同志とつながる楽しさを体験できるということ、の二つが、しみじみ「よかったにゃ」と思うことです。
    文/川端ゆかり
    2021/07/16
    編集部
  • 防災

    [沖縄]防災・防犯特集②|県内10社の防災・防犯サービス
    災害や事故はいつ起こるか分からない。家族や自分の命、家財を守り、被害を最小限に抑えるためには「備え」が重要。県内10社がオススメする防災・防犯グッズやサービスを紹介する。
    2021/07/09
    編集部
  • 企業・ひとの取り組み

    沖縄|【ひと】不動産の悩みに広く対応|友利真由美さん|(株)エレファントライフ 代表
    不動産に関する相続、資産活用、税金などの相談に応じている(株)エレファントライフは今年6月、創業15年を迎えた。本紙で「マンション売買そうだんfile」も執筆する代表の友利真由美さん(44)は、「さらにニーズへ応えていくための組織強化を図りたい」と語る。
    2021/07/02
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    2021年5月 沖縄県不動産市場DIレポート コロナ禍で地価下落感1年続く
    沖縄県不動産鑑定士協会は6月3日、「不動産市場DIレポート」2021年5月調査の結果を発表した。同調査は地価の上昇・下落などについて半年前と比べた実感と半年後の予測を不動産関連業者に聞き、景況感をとりまとめたもの。新型コロナ感染症拡大の影響が出た2020年から1年間下落感が続いている。一方で今回はその弱まりも見られ、不動産鑑定士の伴清敬さんは、「依然として影響はあるものの、最悪の状況からは脱しつつあるのではないか」と話す。(川本莉菜子)
    2021/07/02
    川本莉菜子
  • 地域情報(街・人・文化)

    [鳩さんのつぶやき]②|「たばこの箱5個分」の戒め|沖縄県宅地建物取引業協会
    沖縄県宅地建物取引業協会の広報啓発委員会のメンバーが、日々の業務で感じた、よもやま話をつづります。
    2021/06/25
    編集部
  • 住宅ローン

    [沖縄・マンション売買]case24「相続時精算課税制度」|マンション売買そうだんfile
    コロナ禍で生活が一変し、家族で過ごす時間も濃密になるとともに、財産の整理について考え始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方に活用してほしい制度についてお話しします。               文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    2021/06/25
    編集部
  • 【沖縄】不動産処分は最後の共同作業|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[9]文/川端ゆかり
    離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル
    今回、離婚×不動産について考えるお二人にお伝えしたいことは、ただ一つ! 離婚×不動産=「最後の共同作業」であるということです!
    文/川端ゆかり
    2021/06/18
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    子育てしやすい 支援・施設が充実-金武町金武区・並里区-
    [歩いて見つけた!地域の住み心地-45-]タコライスのまち、金武町。町の中心地となっている字金武の一部、金武区と並里区は、基地ゲート前の繁華街、住宅地から田畑まで多様な風景が広がる。3年前にバイパスが開通したことで、国道329号の渋滞が大幅に緩和された。支援が手厚く、学校も近いなど子育てしやすい環境が整う。
    2021/06/04
    川本莉菜子
  • 住宅ローン

    [沖縄・マンション売買]case23「売却時の駐車場契約」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    ◆相談内容◆
    マンションの売却を検討しています。現在、マンション敷地内に駐車場を2台確保しているのですが、そのまま同じ条件で売却は可能でしょうか。
    2021/05/28
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    [鳩さんのつぶやき]①|一本の電話からつながったご縁|沖縄県宅地建物取引業協会
    沖縄県宅地建物取引業協会の広報啓発委員会のメンバーが、日々の業務で感じた、よもやま話をつづります。
    2021/05/28
    編集部
  • 【沖縄】50代夫婦が離婚でマンション売却|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[8]文/川端ゆかり
    離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル
    今回の相談者は那覇市内(元米軍基地再開発エリア)にお住まいの50代前半のご夫婦。
    文/川端ゆかり
    2021/05/21
    編集部
  • 住宅ローン

    case22「さまざまな駐車方法と特徴」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    ◆相談内容◆
    新築マンションの購入を検討しています。共働きなので駐車場を2台確保することが必須条件です。今なら駐車方法を選択できるらしいのですが、どれを選べばいいか迷っています。
    2021/05/07
    編集部
  • 夫の定年機に離婚!?|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[7]文/川端ゆかり
    また4月が来たよ同じ日のことを思い出してぇぇぇ♪ と椎名林檎のギブスをカラオケで熱唱したくなるこの季節、いかがお過ごしでしょうか。
    2021/04/16
    編集部
  • インテリア

    家に居ながら旅行気分|暮らしが変わるホームステージング[6]
    旅行も行けないコロナ禍だからこそ、お部屋時間を楽しみたい。そこで今回は部屋を海外風に演出する方法を紹介する。目につきやすい場所に海外を連想させるものを飾ることで空間が印象付けられる。
    文・写真/森田めぐ美(GIFT 代表、ホームステージャー1級)
    2021/04/16
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    アクセス便利でコンパクトな街-沖縄市登川-
    [歩いて見つけた!地域の住み心地-43-]沖縄市の北部に位置する登川地域は、沖縄自動車道・沖縄北インターがあり、交通の便が良いのが特徴。5年前に中頭病院が移転、主要道路は飲食店やスーパーなどが軒を連ねる。商業地の地価は上昇率県内5位で緩やかに上昇しており、他市と比べてコロナショックの影響は小さいようだ。住宅地はコンパクトで旧集落の名残を感じるのどかな雰囲気。北インターは本年度から渋滞緩和のための工事着手予定で、物流倉庫などの土地需要に期待が高まる。
    2021/04/02
    川本莉菜子
  • 企業・ひとの取り組み

    【ひと】南部の発展に貢献したい|上原英子さん|(株)南新物産 代表取締役
    不動産業全般を扱う(株)南新物産は3月25日、創業40周年を迎えた。5年前、創業者の父が急逝し、代表取締役に就任した上原英子さん(40)は「相続支援部」を設立。「私の経験や当社のネットワークを役立てたい」と語る。
    2021/04/02
    編集部
  • 見てある記

    (株)共和ホーム|建売住宅
    [見てある記・建売住宅]本島南部エリアを中心に賃貸・売買物件を扱う(株)共和ホームは、アクセス性や生活利便性が高まった糸満市西崎で建売住宅を分譲中だ。鉄筋コンクリート造3階建ての3LDK。2階にLDKを設けてゆったり過ごせる空間にした。宅配ボックスや浴室乾燥など充実した設備も魅力だ。
    2021/03/26
    編集部
  • 住宅ローン

    番外編「40代独身女性のマンション購入記(3)」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    ◆テーマ◆
    住宅ローンの融資実行&引き渡し当日の流れとは? その日までに準備しておくべきことは何?
    2021/03/26
    編集部
  • 企業・ひとの取り組み

    【ひと】正直対応で取引を円満に|金城貴士さん|(株)REGATE|代表取締役
    本島中南部の不動産売買を手掛ける(株)REGATE(リゲート)は、人工知能(AI)でおよその不動産価格を査定する「AI査定」も提供。代表取締役の金城貴士さん(39)は、「ごまかさない対応で必ず円満な取引にする」と力を込める。
    2021/03/19
    出嶋佳祐
  • インテリア

    引っ越し準備のコツ|暮らしが変わるホームステージング[5]
    引っ越しシーズン真っただ中。そこで今回は、引っ越し時の荷物の整理の仕方や荷造りのコツなどを紹介する。新居での暮らし方をある程度決めてから梱包するのがポイントだ。
    文/杉之原冨士子(一般社団法人日本ホームステージング協会 代表理事)
    2021/03/19
    編集部
  • 競売か? 任意売却か?|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[6]文/川端ゆかり
    気が付けばもう3月…は、は早すぎるぅ…。働く母さんは春夏秋冬忙しいけれど。この季節、3月はもう祭りです。
    2021/03/19
    編集部
  • 住宅ローン

    番外編「40代独身女性のマンション購入記(2)」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    ◆テーマ◆
    購入の申し込みから引き渡しまでの流れとは?
    駐車場やオプションなど、どんなものをどのタイミングで選ぶ?
    2021/02/26
    編集部
  • 特集・企画

    「フラット35リノベ」使って金利0.5%引き下げ|気になるコト調べます![69]
    中古住宅の購入とリフォームで利用できる「フラット35リノベ」。2021年1月から利用条件が緩和されて使いやすくなった。購入した中古住宅で壁紙交換や手すりの設置などの一般的なリフォーム工事をした際に、住宅ローンの借入金利が0.5%引き下げられる。
    2021/02/26
    川本莉菜子
  • 企画

    [35周年企画]R+house登川店㈲フロンティアーズ「ZEH+住宅」
    木造2階建てのNさん宅は、外気の影響を受けにくく省エネ性能が高い「ZEH+(ゼッチプラス)住宅」。太陽光発電と蓄電池を備え「毎月の光熱費は10年間、ほぼ0円になる」と㈲フロンティアーズの伊藝代表は話す。アトリエ系の建築士がデザインを担当し、快適でおしゃれな空間を実現した。
    2021/02/26
    編集部
  • オーバーローンで任意売却|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[5]
    年間の平均気温23度と1年を通して気温が安定している亜熱帯地域の沖縄にも、ちゃんと冬はあるんですよね。事務所の壁に描いた東アジアの地図を眺め「沖縄っていい場所にあるよな、うん」と実感しつつ寒さのあまり猫で暖を取るこの頃です(余談ですが、猫好きの猫アレルギーです)。
    2021/02/19
    編集部
  • インテリア

    入居後をイメージしやすく|暮らしが変わるホームステージング[4]
    売買や賃貸物件を扱う不動産会社では、入居後の生活をイメージしやすいようにホームステージングを取り入れている。部屋の雰囲気に合わせた演出がポイントだ。
    文/糸村 南(サキコーポレーション インテリアデザイン部主任)
    2021/02/19
    編集部
  • 企業・ひとの取り組み

    【ひと】設計から資産活用まで|古堅仁志さん|(株)大匠アーキプロ|代表取締役社長
    賃貸マンションなどの建設を多く手掛ける(株)大匠アーキプロ。昨年11月、代表取締役社長に就任した古堅仁志さん(58)は「安全性、快適性を追求し、オーナーさまが安心できるマンション経営の提供が使命」と熱く語る。
    2021/02/19
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    住・食・農にぎわう-西原町小波津-
    [歩いて見つけた!地域の住み心地-42-]西原町の中央部にある小波津では、直売所やイベントスペースを兼ねたマルシェ(市場)が昨年オープン。海岸部に大型MICE施設の計画が上がってから観光の機運も高まり、町の中核地として道路や川辺の整備が進む。町内で比較的新しい小学校の学区内はファミリー層からの住宅需要が高い。生活利便性がいい南風原町からの波及もあって、西原町内の住宅需要は増しているという。
    2021/02/05
    川本莉菜子
  • 住まいに関するQ&A

    マンションや競売物件購入時の注意点|すまいのQ&A
    沖縄県住宅供給公社では、住まいに関する悩みや相談に応える「住まいの総合相談窓口」を開設している。そこによく寄せられる疑問や質問を紹介する。今回は居住後のトラブル対処法について紹介する
    2021/02/05
    編集部
  • 住宅ローン

    番外編「40代独身女性のマンション購入記(1)」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    自己資金あれば買い逃さない
    マンションを購入するにあたって、資金計画のポイントや、準備しておくべきこととは?
    2021/01/22
    編集部
  • ローン完済! 笑顔でお別れ|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[4]
    自身も2度の協議離婚を経験した「とまとハウジング」代表の川端ゆかりさんがアドバイス! 離婚を考えた時に知っておきたい不動産の知識と、離婚=すべてがネガティブなわけではないという少しの元気をお届けします。
    2021/01/15
    編集部
  • 家づくり

    [withコロナ時代の住まい]通風・換気に技あり
    沖縄の家で昔から重視されてきた「通風・換気」は、コロナ対策にもつながる。外からの視線を気にせず風を取り込んだり、家中に巡らせる手法の一部を紹介する。
    2020/12/31
    編集部
  • 家づくり

    [withコロナ時代の住まい]衛生的な動線&リモートに便利
    家にウイルスを持ち込まない動線や設備を有する家を紹介。合わせて、自宅でのリモートワークにも便利な空間を設けた家をピックアップした。
    2020/12/31
    編集部
  • 家づくり

    [withコロナ時代の住まい]外とつながる
    外出は控えたいが、外気は感じたい。沖縄の建築士は、それに応える技をいくつも持っている。広々とした庭とつながるのはもちろん、密集地や交差点にある家でも、「隙間」を狙って外を感じる空間をうまく造り出している。
    2020/12/31
    編集部
  • 家づくり

    [withコロナ時代の住まい]おうち時間楽しむ
    ステイホーム中も楽しく過ごせる家とは? 遊べる設備はもちろん、趣味に没頭できる部屋、こもれる空間があれば飽きずに過ごせそう!
    2020/12/31
    編集部
  • 住宅ローン

    case21「不動産会社からオススメ情報をもらうコツ」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    購入希望者からも情報提供
    人気エリアでのマンション購入を希望しているのですが、不動産会社にどう声をかければ情報をいただけるようになりますか?
    2020/12/25
    編集部
  • 特集・企画

    コロナ影響 地価景況マイナス|気になるコト調べます![68]
    沖縄県不動産鑑定士協会(髙平浩一会長)は12月1日、地価動向や半年後の見通しなどについての景況感をまとめた「県不動産市場DIレポート」を発表した。新型コロナウイルスの影響を大きく受け、地価動向DIは半年前の5月調査から2期連続でマイナスとなっている。さらに半年後も下落感が強まると予想した回答が多かった。
    2020/12/18
    東江菜穂
  • オーバーローンなら相談を|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[3]
    自身も2度の協議離婚を経験した「とまとハウジング」代表の川端ゆかりさんがアドバイス! 離婚を考えた時に知っておきたい不動産の知識と、離婚=すべてがネガティブなわけではないという少しの元気をお届けします。
    2020/12/18
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    不動産の売買について|すまいのQ&A
    沖縄県住宅供給公社では、住まいに関する悩みや相談に応える「住まいの総合相談窓口」を開設している。そこによく寄せられる疑問や質問を紹介する。今回は居住後のトラブル対処法について紹介する
    2020/12/04
    編集部
  • 住宅ローン

    case20「賃貸に出す」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    残債あれば賃貸NG
    相続で取得し、今は誰も住んでいないマンションを賃貸に出そうと思っています。注意点や賃貸契約の流れなどを教えてください。
    2020/11/27
    編集部
  • 離婚を思ったときに考えること|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[2]
    自身も2度の協議離婚を経験した「とまとハウジング」代表の川端ゆかりさんがアドバイス! 離婚を考えた時に知っておきたい不動産の知識と、離婚=すべてがネガティブなわけではないという少しの元気をお届けします。
    2020/11/20
    編集部
  • リノベ

    法規比べて唯一無二の宿に|今ある家をバージョンアップ[7]
    「ゲストハウスを経営したい」「英会話を習う70代の母が外国人客と交流できる場を作り、生きがいを感じてもらいたい」という施主の思いからスタートした計画。コロナ禍の影響で旅のスタイルが変わりゆく今、リノベーションによる唯一無二の宿づくりを目指します。
    文・森岡瑞穂 (リノベーション協議会沖縄支部 会員)
    2020/11/20
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    徒歩とバスで暮らせる街-浦添市内間-
    [歩いて見つけた!地域の住み心地-41-]那覇市に隣接する浦添市内間は、那覇新都心に近いことからアパートが多い住宅地。築古の建物の建て替えが進む地域でもある。生活利便施設が地域内や周辺にそろい、バスやモノレールなどの公共交通も利用しやすい。今月からは市コミュニティーバスの実証実験も始まり、車に頼り過ぎない生活ができる。土地需要は住宅よりもアパート経営用などが高く、新築賃貸物件は単身向けが増えている。
    2020/11/06
    川本莉菜子
  • 住宅ローン

    case19「入居している状態での売却」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    今年はコロナウイルスの影響もあり、住まいに対する意識が大きく変化した年とも言えます。いろいろな事情でマンションの売却を決意する方もいますが、良い条件で売却するにはそれなりの準備が必要になります。
    2020/10/23
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    空き家4割が放置状態|空きスペースでまちづくり
    総務省統計局が5年ごとに発表する「住宅・土地統計調査」によると、2018年の県内にある空き家の約4割が放置状態。全国的に増え続ける空き家を利活用、または危険なものは撤去しようと国が施策展開するも、県内での活用事例は少ない。地域によっては空き家が狭い道路に面する、活用・撤去する費用の工面が難しいなどがその理由で、ハード面や家主の意識面に課題が残る。そうした県内の現況と、空き家などのオーナーの意向もくみ取り、地域の課題解決に活用する先駆的な事例を紹介する。
    2020/10/23
    川本莉菜子
  • あなたのリスタートを応援|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[1]
    自身も2度の協議離婚を経験した「とまとハウジング」代表の川端ゆかりさんがアドバイス! 離婚を考えた時に知っておきたい不動産の知識と、離婚=すべてがネガティブなわけではないという少しの元気をお届けします。
    2020/10/16
    編集部
  • [2020年地価調査]住宅地地価伸び率4.0%
    県は9月29日、土地取引価格の指標となる地価調査の結果を発表した。住宅地、商業地、工業地などの全用途(林地除く)で、前年比4・7%上昇し、3年連続全国1位の伸び率だった。住宅地は4・0%上昇で全国トップ。一方、前年よりも上昇幅は縮小しており、不動産鑑定士の濱元毅さんは「新型コロナウイルス感染症の影響でことし3月頃から地価が横ばい、または下落する地点がみられたことが要因」と話す。
    2020/10/02
    川本莉菜子
  • 住宅ローン

    case18「住み続けられない可能性のある住宅の相続」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    旧盆が終わり、ホッと一息つき始めたころから、弊社にも相続の相談が増えています。もめないための事前準備が必要という相続の知識が少しずつ浸透しているのを実感しています。今回は「相続で住まいがなくなるかもしれない」と訴える女性からの相談です。
    2020/09/25
    編集部
  • リノベ

    寿命延ばし高齢の母が安心して暮らせる家に|今ある家をバージョンアップ[5]
    「今ある家」や「今ある建物」を、ライフスタイルにフィットする住まいに改修した事例をピックアップ! リノベーション協議会のメンバーが、リノベーションでできることやメリット、注意点などを分かりやすく紹介します!
    2020/09/18
    編集部
  • 特集・企画

    家造り・家探しに新たな風|リモートで相談や内覧
    コロナ禍で家にいる時間が長くなったからこそ、マイホームに心地良さを求める人が増えた。一方で、家造りや家探しをしたくてもあちこち出掛けるのは不安。そんな声に応じ、不動産会社や建築会社、コーディネーターらは、利用者が自宅に居ながらオンラインで相談したり、建物の内覧ができるサービスを始めている。
    2020/09/18
    東江菜穂
  • 住まいに関するQ&A

    居住後のトラブル|すまいのQ&A
    沖縄県住宅供給公社では、住まいに関する悩みや相談に応える「住まいの総合相談窓口」を開設している。そこによく寄せられる疑問や質問を紹介する。今回は居住後のトラブル対処法について紹介する
    2020/09/04
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    自然の中で伸び伸び子育て-南城市玉城地域(旧玉城村)-
    [歩いて見つけた!地域の住み心地-40-]旧玉城村にあたる南城市玉城地域=エリアマップ内黄囲み部=には、豊かな自然や遊具が充実した公園があり、各小中学校への通学に便利な市営バスも運行していて、子育てしやすい環境が整う。そのためか、「実家近くで子育てしたい」と地元出身の子育て世帯が賃貸物件を探しに来ることが多いという。観光名所も多く、海が見える場所は県外者の別荘地として人気。周辺地域の発展やこれから開通する南部東道路の効果も見越し、那覇近郊の住宅地として需要増に期待もある。
    2020/09/04
    川本莉菜子
  • 住宅ローン

    case17「相続税評価額と実勢価格」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    いよいよ来週は旧盆を迎えます。コロナ禍で例年通りとはいかないかもしれませんが、家族が集まりご先祖様のことやこれからのことを考える貴重な機会です。大切な財産の分け方についても考えてみませんか?
    2020/08/28
    編集部
  • リノベ

    ローンが残っていても借入できる?|今ある家をバージョンアップ[4]
    実家を2世帯住宅にリノベーションしたいというご相談の中で、「まだ実家の住宅ローン支払いが残っている」という話は少なくありません。そして結論から言えば住宅ローンが残っている場合でも、リノベーションによる新たな借り入れというのは意外と難しいものではありません。その方法として大きく分けて二つのパターンがあります。文・豊見山智 (リノベーション協議会沖縄支部 副支部長)
    2020/08/21
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    新築・リフォーム時のトラブル|すまいのQ&A
    沖縄県住宅供給公社では、住まいに関する悩みや相談に応える「住まいの総合相談窓口」を開設している。そこによく寄せられる疑問や質問を紹介する。今回は新築とフォーム時のトラブル対処法について紹介する
    2020/08/07
    編集部
  • 企業・ひとの取り組み

    創刊35周年記念企業インタビュー「私たちの創意工夫」
     新しい生活様式や働き方が求められている今、県内企業は柔軟に対応しながら自社の強みを磨いている。そこで不動産や建材、住宅ローンなど住まいづくりにかかわる企業・団体のトップや事業のキーマンに、業界の現状や力を入れていること、今後の展望などを聞いた。
    2020/08/01
    編集部
  • 企業・ひとの取り組み

    創刊35周年記念企業インタビュー「私たちの創意工夫」
     新しい生活様式や働き方が求められている今、県内企業は柔軟に対応しながら自社の強みを磨いている。そこで不動産や建材、住宅ローンなど住まいづくりにかかわる企業・団体のトップや事業のキーマンに、業界の現状や力を入れていること、今後の展望などを聞いた。
    2020/08/01
    編集部
  • 企業・ひとの取り組み

    創刊35周年記念企業インタビュー「私たちの創意工夫」
     新しい生活様式や働き方が求められている今、県内企業は柔軟に対応しながら自社の強みを磨いている。そこで不動産や建材、住宅ローンなど住まいづくりにかかわる企業・団体のトップや事業のキーマンに、業界の現状や力を入れていること、今後の展望などを聞いた。
    2020/08/01
    編集部
  • 企業・ひとの取り組み

    創刊35周年記念企業インタビュー「私たちの創意工夫」
     新しい生活様式や働き方が求められている今、県内企業は柔軟に対応しながら自社の強みを磨いている。そこで不動産や建材、住宅ローンなど住まいづくりにかかわる企業・団体のトップや事業のキーマンに、業界の現状や力を入れていること、今後の展望などを聞いた。
    2020/08/01
    編集部
  • 住宅ローン

    case16「マンションの固定資産税」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    タワーマンションと言われる高層マンションが沖縄でも増えており、その眺望や居住性から人気を集めています。そしてさらに、節税商品としても注目を集めているようです。今回はそのカラクリと利用の注意点についてのお話です。
    2020/07/24
    編集部
  • リノベ

    検査済証のないビル 優良物件へ!|今ある家をバージョンアップ[3]
    建物は取り壊すにも費用がかかり、そのまま所有していても固定資産税などの支出を生むばかり。次世代に引き継ぐにも負の財産になり得ます。今回ご紹介するのは、オーナーが約7年前に取得したビル。リノベーションでの収益化を計画するも「完了検査を受けていない」ことが大きな壁として立ちはだかりました。
    2020/07/17
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    豊かな自然と人が魅力 [うるま市宮城島]
    [歩いて見つけた!地域の住み心地-38-]本島と橋でつながり、沖縄らしい自然が残る宮城島。その魅力に引かれて、移住希望者も少なくないが、土地や家などの物件は供給が少ないのが課題。一方で移住者が住宅を建てているケースもあるという。島内の不動産を取り扱う業者に話を聞いた。
    2020/07/03
    川本莉菜子
  • 住まいに関するQ&A

    住宅建築のトラブル|すまいのQ&A
    沖縄県住宅供給公社では、住まいに関する悩みや相談に応える「住まいの総合相談窓口」を開設している。そこによく寄せられる疑問や質問を紹介する。今回は住宅建築のトラブルと対処法について紹介する。
    2020/07/03
    編集部
  • 住宅ローン

    case15「管理形態」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    新型コロナウイルスの新規感染者ゼロが続く県内では、少しずつ日常を取り戻す中、マンション市場も動きだしています。マンションを選ぶ上で、地味ながらも実は重要な「管理形態」についてお伝えいたします。
    2020/06/26
    編集部
  • 特集・企画

    BACK TO THE タイムス住宅新聞①-2|第500号から
    2020年7月、週刊タイムス住宅新聞は創刊35周年を迎える。そこで今まで発行してきた全1797号の中から、印象的だった記事や面白かった記事を紹介する。
    初回は創刊号と第500号をピックアップ。過去の記事から当時の世相を振り返る。
    2020/06/12
    出嶋佳祐
  • 地域情報(街・人・文化)

    海や歴史感じる丘陵のまち[北中城村喜舎場・仲順・和仁屋]
    [歩いて見つけた!地域の住み心地-37-]北中城村喜舎場・仲順(ちゅんじゅん)・和仁屋の台地部は、海が見える高台の地域。旧集落の名残を感じる一帯もあれば、外人住宅を使ったおしゃれなカフェが集まる場所もある。3地域を通る県道81号線では渋滞緩和のために新たにトンネルを整備中。道路整備が進む一方で、丘陵の地形で宅地が少なく、高まる需要に追いついていないようだ。
    2020/06/05
    川本莉菜子
  • 不動産の税金
     不動産にまつわる税金は、金額が大きいにもかかわらず専門知識が必要で分からないことが多く、悩んでいる人が多い。当連載では、不動産の税金について、ベテラン税理士の徳松晃さんに解説してもらう。
    2020/05/29
    編集部
  • 住宅ローン

    case14「任意売却」|マンション売買そうだんfile
    文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
    コロナウイルスによる経済的不況は数年続くと言われ、不動産の価格も下落傾向にあります。住宅ローンの残債が売却価格を上回った状況で売却せざるを得ない状況にとる手段として、任意売却という方法があります。
    2020/05/22
    編集部
  • 特集・企画

    新型コロナによる減収世帯向け 自治体などが支援策|気になるコト調べます![59]
    新型コロナウイルスの影響によって収入が減少した世帯に向けて、国や自治体、金融機関などでもさまざまな支援制度が設けられた。その中から、住まいに関わる制度(5月11日現在)を紹介する。
    2020/05/15
    出嶋佳祐
  • 企業・ひとの取り組み

    【ひと】より良い資金計画提案|川端志乃さん
    浦添市にある(株)サンクス沖縄のマンションギャラリーで説明や資金計画のアドバイスなどを行う同社営業主任の川端志乃さん(33)。「お客さまの幸せにつながる、より良い提案を心掛けています」と笑顔で語る。
    2020/05/01
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    住宅建築について|すまいのQ&A
    沖縄県住宅供給公社では、住まいに関する悩みや相談に応える「住まいの総合相談窓口」を開設している。そこによく寄せられる疑問や質問を紹介する。今回は住宅建築とそれにまつわる法律について紹介する。
    2020/03/06
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    「原状回復」と「住宅瑕疵担保履行法」|すまいのQ&A
    沖縄県住宅供給公社では、住まいに関する悩みや相談に応える「住まいの総合相談窓口」を開設している。
    そこによく寄せられる疑問や質問を紹介する。今回は原状回復や住宅瑕疵(かし)担保履行法についてのQ&Aを掲載する。
    2020/02/07
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    賃貸借住宅の修繕|すまいのQ&A
    沖縄県住宅供給公社では、住まいに関する悩みや相談に応える「住まいの総合相談窓口」を開設している。そこによく寄せられる疑問や質問を紹介する。今回は賃貸借物件の修繕についてQ&Aを掲載する。
    2019/12/06
    編集部
  • こだわリノベ

    クールで上質 大人の遊び場|(有)エバデザイン
    [こだわリノベ・インダストリアル風 全面改修・一戸建て・築25年・RC造]築25年の2階建ての家をリノベーションしたYさん(49)。磁器タイルなど黒でまとめた1階は、クールで上質な大人の空間だ。思い描いたのは、工場をイメージした「インダストリアルテイスト」。照明は2階まですべて違うデザインを吟味するなど、こだわりを詰め込んだ。
    2019/11/15
    徳正美
  • 住まいに関するQ&A

    賃貸借契約について|すまいのQ&A
    沖縄県住宅供給公社では、住まいに関する悩みや相談に応える「住まいの総合相談窓口」を開設している。そこによく寄せられる疑問や質問を紹介する。今回は賃料についてや、契約解除などについてQ&Aを掲載する。
    2019/11/01
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    賃貸借で多い相談|すまいのQ&A
    県住宅供給公社では、住まいに関する悩みや相談に応える「住まいの総合相談窓口」を開設している。そこによく寄せられる疑問や質問を紹介する。今回は、賃貸借にかかわるQ&Aを掲載する。
    2019/10/04
    編集部
  • こだわリノベ

    譲り受け 夫婦の色に|(株)紀建設 
    [こだわリフォーム・間取り変えず内装だけ 部分改修・築6年・一戸建て・RC造]築6年で親から譲り受けた家を、夫婦の好みに合わせてリフォームしたYさん(63)。間取りは変えずに内装だけの改修だが、白い大理石調の床や、使いやすさにこだわったキッチン収納などで雰囲気はガラッと変わった。一方、既存のクロスや建具を生かすことで、両親の面影も残った。
    2019/09/06
    出嶋佳祐
  • こだわリノベ

    台所床が壁に!家は“遊べる箱”|建築設計事務所アトリエセグエ
    [こだわリノベ・夫人の生家を改修 全面改修・築40年余・一戸建て・RC造]夫人が生まれ育った築40年以上の2階建ての家をリノベーションしたSさん(39)。リビングでひと際目を引くテレビ裏の壁は、以前の台所の床を再利用したというから驚きだ。「家は自由に遊べる箱」。思い出も今のライフスタイルも生かせる、リノベならではの醍醐味(だいごみ)が詰まっている。
    2019/08/16
    徳正美
  • お住まい拝見

    2階建てでも一体感|(有)義空間設計工房
    [お住まい拝見|CB造で基礎と杭減らしコスト減]「家族の気配を感じたい」と希望したSさんが選んだのは、基礎と杭(くい)が減らせる補強コンクリートブロック造の2階建て。引き戸を多用した造りと“技あり”階段が家中をつなぐ。
    2019/07/26
    徳正美
  • 住まいに関するQ&A

    土地管理の大事な3本柱|すまいのQ&A
    自分の所有する土地をしっかり守るためには境界標の設置はもちろん、地積測量図の保存や登記なども忘れずに行う必要があります。今回は土地管理の3本柱について、日本土地家屋調査士会連合会が発行しているガイドブック「知って得する、境界標の『知識』」から抜粋して解説します。
    2019/07/05
    編集部
  • お住まい拝見

    動線バツグン 23坪の家|(有)武一建設
    [お住まい拝見|どこにいても動きやすい]「掃除しやすく、家族の顔が見える住まいに」とMさん(39)一家が建てたのは23坪の平屋。行き止まりのない回遊動線で、コンパクトながら「どこにいても動きやすい」と喜ぶ。
    2019/06/21
    徳正美
  • 住まいに関するQ&A

    「境界標」正しく設置しよう|すまいのQ&A
    正しい境界の位置を確認し、きちんと境界標を設置することがトラブルを防ぐために重要だと説明してきました。今回はその「境界標」について、日本土地家屋調査士会連合会が発行しているガイドブック「知って得する、境界標の『知識』」から抜粋して解説いたします。
    2019/06/07
    編集部
  • こだわリノベ

    見せ場作り印象的に|Arms DESIGN(アームスデザイン)
    [こだわリノベ・住まい+アトリエに 全面改修・築20年余・一戸建て・混構造]築20年余の中古住宅をリノベーションしたKさん(43)宅は、床から立ち上がったようなキッチンやビンテージカップの飾り棚、ピロティを利用したアトリエなど“見せ場”が随所に。既存を生かしてコストバランスを図りつつ、夫婦が好きな雑貨や古家具がなじむ、印象的な空間になった。
    2019/05/17
    徳正美
  • 住まいに関するQ&A

    新築時の登記について|すまいのQ&A
    マイホームや店舗を新築した際、1カ月以内にそれがどのような建物で、誰が所有者なのかを申請しなくてはなりません。それを「表題登記」と言います。今回は表題登記について土地家屋調査士の伊盛進さんに解説してもらいました。
    2019/05/03
    編集部
  • お住まい拝見

    絵とワインと集いと|(株)一級建築士事務所 斎
    [お住まい拝見|都心の住宅街 階層で公私分け]都心の住宅街に立つMさん宅は「大勢がくつろげるように」と階層で公私を分けた3階建て。絵画やシャンデリアが映える広いLDKで、ワインパーティーを楽しむ。
    2019/04/19
    徳正美
  • こだわリノベ

    メリハリ付けかっこよく|LSDdesign 株式会社
    [こだわリノベ・実家を2世帯住宅に]築26年の実家をリノベーションしたTさん宅。基本の造りはシンプルな“守りの空間”。そこにラワン合板で製作した家具や古着のジーンズで作った「デニムタイル」、壁には愛犬のイラストなど“攻めの内装”を組み合わせ、空間にメリハリを付けてコストバランスを取った。
    2019/04/12
    東江菜穂
  • 住まいに関するQ&A

    「所有権の移転 農地は注意|すまいのQ&A
    不動産に関するトラブルの対処法をQ&A方式で説明する当連載。今回は、土地の売買契約及び相続、時効による土地の所有権移転、農地の転用について、土地家屋調査士の城間盛義さんに説明してもらいます。
    2019/04/05
    編集部
  • 特集・企画

    [賃貸生活応援企画]賃貸でも自分好みに
    退去する際、入居時と同じ状態に戻す「原状回復」が必要な賃貸住宅。棚を取り付けたくても、ネジで穴を開けたりすることはできない。そこで、メイクマン浦添本店のスタッフとメーカー担当者に、原状回復がしやすく、賃貸住宅でも空間を自在に彩ることのできるグッズを教えてもらった。
    2019/03/29
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    「筆界」の特定について|すまいのQ&A
    住まいや土地に関するトラブルの対処法をQ&A方式で説明する当連載。今回は、土地の境界について土地家屋調査士に説明してもらいます。境界と認識していた場所と公法上の境界とが異なる場合、トラブルが起きやすいそうです。筆界を特定する制度などを紹介します。
    2019/03/01
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    所有地の「地目」確認を|すまいのQ&A
    土地や住まいに関するトラブルをQ&A方式で説明する当連載。今回は、不動産の権利情報などが記載されている「登記事項証明書」の中でも、土地の用途区分を示す「地目」にまつわる悩みについて、県土地家屋調査士会に教えてもらった。
    2019/02/01
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    境界の確定・確認の仕方|すまいのQ&A
    土地や住まいに関するトラブルをQ&A方式で説明する当連載。今回は、日本土地家屋調査士会連合会のホームページから、境界を確定する流れや、自分の土地の面積や境界を確認する方法を紹介します。
    2019/01/04
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    土地の境界 建築前に確認を|すまいのQ&A
    土地や住まいに関するトラブルをQ&A方式で説明する当連載。今回からは、土地家屋調査士に土地の境界問題について解説してもらう。土地家屋調査士の花城康喜さんは、「土地の境界線は、ブロック塀や擁壁通りとは限りません。土地を取得するときは、事前に境界を確認することが大切です」と話す。
    2018/12/07
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    家賃の変更・滞納について|すまいのQ&A
    アパートやマンションなどの賃貸借に関するトラブルの対応策について、(一財)不動産適正取引推進機構がホームページで公開している「不動産のQ&A」から抜粋し解説。今回は、家賃の変更や滞納について説明します。
    2018/09/07
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    契約解除の焦点とは|すまいのQ&A
    アパートやマンションなどの賃貸借に関するトラブルの対応策について、(一財)不動産適正取引推進機構がホームページで公開している「不動産のQ&A」から抜粋し解説する。今回は、契約解除について。大家が借家契約の更新を拒絶、または解約の申し入れをする場合は、正当な事由が必要だと借地借家法に定められている。
    2018/08/03
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    保証契約の注意点|すまいのQ&A
    アパートやマンションなどの賃貸借に関するトラブルの対応策について、(一財)不動産適正取引推進機構がホームページで公開している「不動産のQ&A」から抜粋し解説する。今回は、賃貸借契約における連帯保証人の義務や、保証契約のトラブル、会社が借りていたアパートを個人で契約を結ぶ場合に新たに敷金・礼金の支払いが必要かなど、賃貸借契約時のトラブルと対策について説明する。
    2018/06/01
    編集部
  • 住まいに関するQ&A

    賃貸借のトラブル|すまいのQ&A
    当連載では、住まいに関するさまざまな悩みや相談窓口、対応策を紹介。今回は、アパートやマンションなどの賃貸借に関するトラブルの対応策について、(一財)不動産適正取引推進機構がホームページで公開している「不動産のQ&A」から抜粋し解説する。
    2018/05/04
    編集部
  • FP

    ポイント押さえセットで加入を|高橋さんのマネー講座[23]
    ファイナンシャルプランナーの高橋賢二郎さん(46)が住宅にまつわるマネープランをアドバイス。「住宅が完成した後、火災保険や地震保険にしっかり加入していますか?」と呼びかける高橋さん。今回は火災保険・地震保険のポイントを紹介します。
    2018/02/23
    編集部
  • FP

    掛け金と運用益 ダブルで節税効果|高橋さんのマネー講座[22]
    ファイナンシャルプランナーの高橋賢二郎さん(46)が住宅にまつわるマネープランをアドバイス。今回は、「老後の積み立てとしてぜひ検討すべき」と高橋さんが薦める「個人型確定拠出年金(イデコ)」について取り上げます。
    2018/01/26
    編集部
  • FP

    繰り上げ返済10年後からが得策|高橋さんのマネー講座[21]
    ファイナンシャルプランナーの高橋賢二郎さん(46)が住宅にまつわるマネープランをアドバイス。今回は「住宅ローンの繰り上げ返済のタイミング」について。「できるだけ早く完済した方がいい、と思っている方が多いようですが、時代と税制の状況によって変わります」とアドバイスする。
    2017/12/22
    編集部
  • FP

    寄付で特産品もらえ「所得税・住民税も控除」|高橋さんのマネー講座[20]
    ファイナンシャルプランナーの高橋賢二郎さん(46)がマネープランをアドバイス。今回は「ふるさと納税」について。「認知されているものの実際に行っている方は1割程度です。ことしの申込期限となる12月31日まであと約1カ月。資産運用同様の価値があるので仕組みを理解してチャレンジしてみて!」とアドバイスする。
    2017/11/24
    編集部
  • FP

    団信含めて表示 保障も厚く「今月からフラット35が改正!」|高橋さんのマネー講座[19]
    ファイナンシャルプランナーの高橋賢二郎さん(46)が住まい造りのマネープランをアドバイス。今回は2017年10月より改正された住宅金融支援機構(以下、機構)の「フラット35」の改正ポイントと注意点について、解説およびアドバイスする。
    2017/10/27
    編集部
  • FP

    住宅ローンの金利、どう選ぶ? 変動金利と固定金利|高橋さんのマネー講座[18]
    「世の中の8割の家族は変動金利を選択していますが、20年以上かかるお宅は長期固定金利を!」とファイナンシャルプランナーの高橋賢二郎さん(46)。今回は住宅ローンの金利の選び方をテーマに、考え方や注意点をアドバイスします!
    2017/09/22
    編集部
  • FP

    ローン組むベストタイミングは?|高橋さんのマネー講座[17]
    「家を建てて住宅ローンを組むのはできるだけ若い時がいいと思っている方が多くいませんか? 必ずしもそうではないことがあります」とファイナンシャルプランナーの高橋賢二郎さん(46)。今回は住宅ローンを組むベストタイミングをテーマに、考え方や注意点をアドバイスします!
    2017/08/25
    編集部
  • FP

    公的年金を理解 不足分を貯蓄|高橋さんのマネー講座[16]
    ファイナンシャルプランナーの高橋賢二郎さん(46)が住まい造りのマネープランをアドバイス。今回は住宅ローンと老後の生活について。「ローンを組む際、老後がどうなるか心配している人も多いのでは? 老後までに幾らためておく必要があるのか、公的年金を理解した上で目安を考えましょう」とアドバイスする。
    2017/07/28
    編集部
  • FP

    教育費の増大見据え 住宅取得の予算組み|高橋さんのマネー講座[15]
    ファイナンシャルプランナーの高橋賢二郎さん(46)が住まい造りのマネープランをアドバイス。今月のテーマは子どもが巣立つまでの教育費について。「前回、無理なく返済できる住宅ローンの目安を紹介しましたが、子どもの人数や進学先によって教育費のかかる割合は大きく違うので注意を」と呼び掛ける。
    2017/06/23
    編集部
  • 企業・ひとの取り組み

    建物の平均寿命|下地鉄郎のコラム③
    建物を人間の身体にたとえると、ハード面で言えば、構造体は骨格、各設備機器は各器官、配管は血管やリンパ系、電気系統は神経系、仕上げは皮膚となるだろうか。
    2017/04/05
  • 企業・ひとの取り組み

    「人口減少」から見る建築業界の今とこれから|下地鉄郎のコラム②
    建築業界は「斜陽産業だ」といわれることがある。仕事はやりがいもあり、そんなことはないと思うのだが、高度成長時代に先輩方から聞いた話や自分の学生時代と比べると、近年は業界に入る若者が減少しているのが現状だ。
    2017/02/11
  • 企業・ひとの取り組み

    「建物の健康診断」|下地鉄郎のコラム①
    健康診断といえば、普通は人間の心身を診断することを指すと思う。自主的に診断に行く人のほか、健康診断の受診を促す通知が届くこともあり、診断を受けたことがない人はほとんどいないのではないか。
    2017/01/14
  • 住まいに関するQ&A

    中古住宅の流通 金融一体的な仕組み開発へ 県内初の取り組み。そのポイントやメリットは?|気になるコト調べます!⑧
    住まいの選択肢として中古住宅のニーズが高まる中、県不動産鑑定士協会とコザ信用金庫、OKINAWA型中古住宅流通研究会、県中部宅地建物取引業協会の4者は、県内で初めて中古住宅の流通に向けた金融一体的な仕組みの開発に取り組んでいる。売買時の住宅診断を基に長期修繕計画などを作成。購入後の修繕やリフォームなどのメンテナンスも加味し物件を適正に評価することで、良質な中古物件の普及、流通促進につなげる。OKINAWA型中古住宅流通研究会会長で建築士の下地鉄郎さんは、「適正な基準で評価された良質な中古住宅が増えることは、売る側、買う側双方に利点が大きい」と話す。
    2016/10/14
    チカちゃん
  • 住まいに関するQ&A

    国税事務所が土地評価額の基準となる路線価を公表 2016年分県内は平均変動率1.7%で、全国4位|気になるコト調べます!⑦
    沖縄国税事務所は7月1日、土地の評価額の基準となる2016年分の路線価を公表した。県内の最高路線価は15年連続で「那覇市久茂地3丁目国際通り」だった。県不動産鑑定士協会の松永力也会長は「県外、国外からの観光客の増加が地価上昇につながっている。東京五輪までは下落することはないだろう」と説明する。
    2016/07/22
    東江菜穂

TOPへ戻る