回遊性もたせ 家事も楽|スリースターズ(株)[お住まい拝見]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見

2024年4月19日更新

回遊性もたせ 家事も楽|スリースターズ(株)[お住まい拝見]

[仕上げ変え 表情多彩に]
LDKを中心に回遊性を持たせたことで家事のしやすい造りとなったNさん宅。外観も室内も色柄や質感が異なる仕上げ材を散りばめ、彩り豊かに。Nさん夫婦は「外観や各部屋で違う雰囲気を友人らにも楽しんでもらえたら」と笑う。

キッチン床のタイルやグレーのフローリング材など夫婦好みの内装材で彩ったLDK。写真左の黒い引き戸を開ければ、玄関へ直接行き来でき、荷物を運び込むのにも便利。料理中でも、リビングで遊ぶ子どもたちの姿が見渡せ安心
 

響く子の元気な声

Nさん宅
 RC造/自由設計/家族6人 

共働きで4人の子育てに奮闘するNさん夫婦。「広いLDKと家事・育児がしやすい間取りに加え、部屋ごとに好みの雰囲気も演出できて、大満足」と笑う。

室内はLDKを囲むようにして居室、ファミリークローゼット(FC)、水回りが配置され、行き止まりのない回遊性のある造りだ。夫婦は「各戸を開けておけば、走り回る子どもたちの元気な声が家中に響き渡って、にぎやか」とうれしそう。LDKの窓は南側の庭に面するよう、約4・5メートルの4枚引き戸を採用。採光を確保しつつ、開け放てば、風が室内を通り抜ける。「デッキと一体的に使えて、LDKがより広く感じます」。

家事を効率よく行うため、洗面室は部屋干しできるようにした。FCと一直線につなげたことで、「洗濯から収納までの動きがスムーズ。手間が大幅に省けて、便利」と使い勝手を実感している。FCのデザイン性も重視し、床はグレーのタイル、天井は木目調のクロスを採用し、アパレルショップのような雰囲気に。「かっこよく仕上がりました」。ほかにも、玄関の壁紙は「琉球紅型」を使ったり、トイレの手洗い器はオーダーした壺屋焼きの鉢を取り入れるなど=左写真、家事・育児も暮らしも楽しめるよう工夫した。



デッキの軒と室内は同じ木目の柄で仕上げて、一体感を演出。1・5メートル突き出した軒に加え、4枚引き戸に断熱性の高いガラスを使うなどして快適性にも配慮している
 

琉球紅型模様の壁紙が目をひく玄関。壁で緩やかに仕切られ来客用と家族用に分かれた広々空間となっている

 

トイレ。おしゃれな空間にするため、手洗い器は職人に依頼したやちむんを設置したり、壁紙は石目調の幾何学模様が映えるものを採用したりした
 

洗面室は部屋干しができるよう、天井にポールを設置。グレーの床材で仕上げたファミリークローゼットまで一直線につながり、洗濯もスムーズ


食育も頑張りたい
妻の両親から土地を譲ってもらい、家づくりを開始。気になっていた建築会社を訪れたところ、「私たちの要望をくみ取りつつ、親身になって考えてくれた」建築士に出会い、設計を依頼した。

中でも外観は夫婦自らデザインを提案し、藍色とグレーで塗り分けた三角形が際立つよう、建築士と打ち合わせを重ねた。夫婦は「イメージ以上の出来栄え。訪れる友人らにモダンな外観と壁紙などで彩った室内とのギャップを楽しんでもらえたら、うれしい」と話す。

庭は手入れを省くため、土間仕上げとしつつ、シンボルツリーと家庭菜園のスペースは残した。「玉ねぎやトマトを育てているが、種類を増やし食育も頑張りたい」と今後の生活に胸を躍らせていた。

 


白を基調としつつ、藍色とグレーで塗り分けた玄関ルーフが印象的な外観。玄関横に車が止められ、雨の日でも子どもたちはぬれることなく室内に入ることができ、「荷物の出し入れも楽」とNさん夫婦

広々とした庭。晴れの日には4人の子どもたちが無邪気に遊ぶ
 


玄関からの動線。写真左の戸から時計回りにLD、キッチン、洗面室それぞれに行くことができる

 


玄関からキッチンまでの間には大容量のパントリーを設け、家族6人分の食品を無理なく収納できる


夫婦の寝室。壁紙を間接照明が照らし、ホテルの一室みたいな雰囲気が漂う


子ども室。取り外し可能な引き戸で子どもが成長したら、2部屋としても使える



ここがポイント
天井材を変え 広がり演出

Nさん宅の設計にあたり、建築士の中江ゆみさんが重視したのは「家事負担を軽減すること」と「リビングに広がりを持たせること」の二つ。

LDKは構造体の梁を隠すため、キッチンの天井を下げ、色味が濃い木目クロスを採用。リビングの天井に白のクロスを使うことで、「天井材の色の明暗による目の錯覚で、リビングの天井がより高く感じられます」と説明する。さらに、LDKに隣接するデッキの軒はキッチンの天井高と合わせ、同じ木目柄の屋外対応シートで仕上げた=2面上写真。「LDKとデッキに一体感を持た

玄関は壁で緩やかに仕切って来客用と家族用に分け、動線も三つ設けた。玄関からLD、キッチン、洗面室それぞれに直接行き来できるように計画=左写真。家族のプライバシーを確保しつつ、「購入した食品などをすぐに収納したり、着替えて洗濯もできたり、帰宅後、スムーズに家事が行えようになっています」。

外観は、藍色とグレーとを塗り分けた玄関ルーフを住宅より20センチ以上高くすることで、立体感を演出。白を基調とした外壁にも藍色の三角形を取り入れて、デザイン性と統一感を両立させた。


[DATA]
家族構成:夫婦、子ども4人
敷地面積:319.81平方メートル(約96.74坪)
1階床面積:106.73平方メートル(32.29坪)
建ぺい率:41.58%(許容60%)
容積率:33.37%(許容200%)
用途地域:未指定
躯体構造:壁式鉄筋コンクリート造
設計:スリースターズ(株) 中江ゆみ
構造、施工、電気、水道:スリースターズ(株)

問い合わせ
スリースターズ(株)
電話=098・988・4258
https://three-stars.co.jp/


撮影/矢嶋健吾 文/市森知
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1998号・2024年4月19日紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2151

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る