出嶋佳祐|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

木立

ライター紹介
スタッフ

出嶋佳祐

これまでに書いた記事:63

編集者
「週刊タイムス住宅新聞」の記事を書く。映画、落語、図書館、散歩、糖分、変な生き物をこよなく愛し、周囲にもダダ漏れ状態のはずなのに、名前を入力すると考えていることが分かるサイトで表示されるのは「秘」のみ。誰にも見つからないように隠しているのは能ある鷹のごとくいざというときに出す「爪」程度だが、これに関してはきっちり隠し通せており、自分でもその在り処は分からない。取材しながら爪探し中。

このキュレーターの記事をよむ

NEW

企画

[不動産の日特集|実家を生かす]③店舗兼住居

地価や建築費の高騰から住宅や店舗など新たに不動産を取得するのが難しくなっている昨今、見直したいのが「実家の活用」だ。9月23日の不動産の日にちなみ、2世帯取得に役立つサイトや、店舗への改装事例、行事の際は帰省し普段は宿泊施設にすることで維持活用につなげた3手法を紹介。中古住宅の不動産動向も取り上げる。

NEW

DIY

ようこそ♪DIYの世界へ 材選びは軽いものを 読者からの質問に回答

#18 このコーナーでDIYのコツなどを紹介してきたインテリアンの島袋清成さんに、読者からたくさんの質問が寄せられた。そこで今回は島袋さんに、それらの質問に回答してもらった。

NEW

お住まい拝見

譲り受け 夫婦の色に|(株)紀建設 

[こだわリフォーム・間取り変えず内装だけ 部分改修・築6年・一戸建て・RC造]築6年で親から譲り受けた家を、夫婦の好みに合わせてリフォームしたYさん(63)。間取りは変えずに内装だけの改修だが、白い大理石調の床や、使いやすさにこだわったキッチン収納などで雰囲気はガラッと変わった。一方、既存のクロスや建具を生かすことで、両親の面影も残った。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ 「貫」設けて強度UP

#17 座面が構造体の一部となった「ベンチ」を作ります。強度を高めるため、座面と平行に「貫」を設けるのがポイントです。
お住まい拝見

直線的でスッキリ|Studio Clamp

[お住まい拝見|クローゼットにうんてい]八重瀬町のTさん(34)宅は平屋のコートハウス。一直線上に並んだ壁や大きな収納で、スッキリしている。落書きスペースやうんていでは子どもたちが伸びやかに遊ぶ。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「角度統一 斜めでも安定」

#16 壁にもたせかけることで安定し、その壁を背板として活用する傾斜本棚。床との接地面や棚板などの角度が平行になるよう統一するのがポイントです。
お住まい拝見

賃貸併設を平屋感覚で|(株)大知建設

[お住まい拝見|築50年を建て替え]本島中部のIさん(49)は、築50年ほどの自宅を、2階に賃貸住宅がある鉄筋コンクリート造3階建てに建て替えた。1階駐車場と3階住居をつなぐエレベーターによって、家族はその間を平屋のように行き来する。

DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「格子つくって強度アップ」

#15 壁掛け棚を作る 壁掛け棚は重量を軽くするため、薄い板を組み合わせて作ります。格子状に組むことで、強度を上げ、棚に置くものの大きさも制限できます。
お住まい拝見

間取り生かし 明るく開放的|中古購入し改修・全面改修・築25年余・一戸建て・RC造

[こだわリノベ・中古購入し改修]伊江村のMさん(32)は、実家の隣に建っていた築25年以上の鉄筋コンクリート造平屋を購入し、リノベーション。もとの間取りを生かしながらも、各部屋の仕切りを取り払うことで、暗い空間が明るく開放的な空間に。たくさんの友人や親戚が集う場となった。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「角のビスは互い違いに」

#14 さまざまな家具の基本となる角スツール。作る時は「隣り合う面では互い違いになるようビスを打つ」「クランプの使い方」などがポイントになります。
お住まい拝見

内外つなぎ孫も伸び伸び|(株)エー・アール・ジー

[お住まい拝見|建て替えで採光・通風を改善]自宅を建て替えたSさん(73)宅は、鉄筋コンクリート造2階建て。採光・通風に役立つ大きな開口が開放感を生むLDKで、毎日訪れる孫たちが元気に遊ぶ。

DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「イメージ固め材料確認」

#13 木材の下準備 これまで1年かけて、道具の使い方や塗装方法など、さまざまなDIYの基礎を紹介してきました。これからは実践編という形で、それらの知識や技術を生かしながら、実際に家具を作っていきたいと思います。今回はその前段階として、木材をどのような手順で準備していくかを説明します。
お住まい拝見

シンプルで柔軟に|建築設計工房 Paraya

[お住まい拝見・高天井でコンパクトでも開放感] 名護市のMさん(43)宅は、リビングがある空間、子ども室、水回りで構成されるシンプルな造り。コンパクトながらも高い天井で広く、家族の変化にも柔軟に対応する。

庭・garden

植え付け前に深く掘る|ハルサー×野菜ソムリエ

野菜ソムリエの資格を持つ奥間美佐江さん(54)は、育てるところから食べるところまで野菜をとことん楽しむ。「硬い土でも、ある程度深く掘って耕してから植えると、育ちやすくなる」など家庭菜園のコツと、おいしい食べ方を教えてもらった。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「高速回転で素早くカット」

#12 道具編⑥(電動丸ノコの使い方)高速回転する刃で木材を切る電動丸ノコ。直線のみですが、素早くきれいに切れるのが特長です。基本的な使い方や、安定した状態で作業するための「捨て板」などを紹介します。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「直線・曲線 カット自在に」

#11 道具編⑤(ジグソーの使い方)直線、曲線、傾斜をつけた切断など、いろいろなカットができる電動工具「ジグソー」。初心者でも使いやすく、ブレードを取り換えるだけで木材から金属板まで対応できるのが特長です。今回はジグソーの基本的な使い方を紹介します。
お住まい拝見

木で彩るRC造|株式会社 山口瞬太郎建築設計事務所

[お住まい拝見・玄関共用・水回り別の二世帯]住宅地にあるTさん(48)宅は、鉄筋コンクリート(RC)造2階建ての二世帯住宅。コンクリートの枠に木をはめ込んだ建物で、施主がDIYで手を加えながら暮らす。

お住まい拝見

人招きやすい広々空間|株式会社 青空設計

[お住まい拝見・子どもたちも伸び伸び]那覇市のAさん(35)宅は、鉄筋コンクリート造地上2階、地下1階建て。シンプルな間取りで一つ一つを広くした空間は人を招きやすく、子どもたちも伸び伸び遊ぶ。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「調節可能or強力な打撃」

#10 道具編④(電動ドライバーの違い、選び方)
以前(1692号、2018年6月8日発行)紹介した電動ドリルドライバーによく似ているインパクトドライバー。打撃によりパワーが強いのが特長です。それぞれの電動ドライバーの違いや選ぶポイントについて説明します。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「色に「明暗」でキズ強調」

#9 塗装④(ビンテージ風の仕上げ方)
使い古したビンテージの家具は、なんともいえない味わい深い印象があります。今回は新品であっても、キズやひび割れ、塗料の剝げなどを表現してビンテージ風に塗装する方法を紹介します。下地と表面の塗料の色にしっかり「明暗」をつけるのがポイントです。
特集・企画

インテリア選びの幅拡大|気になるコト調べます!㊼

(株)ラクーンコマース(東京、和久井岳代表)が事業者向けに運営する卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」。家具などのインテリアをはじめとした多様な商品をメーカーから卸価格で購入できるのが特徴だ。ことし6月からスタートした「沖縄まとめ便」では、これまで課題だった沖縄への送料を抑えやすくなる。
お住まい拝見

焼き物と暮らす家|アトリエ・ダグ・アーキテクト

[お住まい拝見・庭囲むL字の大開口で明るく]Iさん(56)宅は、趣味で集めた焼き物が随所に飾られた、鉄筋コンクリート造平屋建て。L字型に庭を囲んだ開口部で室内は明るく、さまざまな角度から庭を楽しめる。
特集・企画

自然の力で優しく掃除|やってみよう! ナチュラルクリーニング

重曹やクエン酸といった自然素材で汚れを落とす「ナチュラルクリーニング」。人にも環境にも優しいのが特長だ。オーガニック食品やエコ雑貨などを扱う「がじゅまるガーデン」の店主で、自身も実践する河児(かわじ)直美さんに、使い方のポイントを教えてもらった。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「木目に沿い細部から塗る」

#8 塗装③(基本的な塗り方)
通常、仕上げとして行う塗装。今回は、第6回(1706号、9月14日発行)で紹介した「ペンキ」「ステイン」「ニス」の塗り方について解説します。いずれも「細かい部分から」「木目に沿って」「2度塗り」するのがポイントです。
お住まい拝見

天井つなぎ声・風 家中に|建築設計室 ant

[お住まい拝見・2棟の平屋をつないだ2世帯]建築士のOさん(37)が設計した自宅は、分棟型の2世帯住宅。天井部分でつないだ構造は、家全体に風と家族の声を届ける。第3回沖縄建築賞では奨励賞を受賞した。
お住まい拝見

2世帯つなぐ吹き抜け|沖縄家作人(やーつくやー)ネット(有)ロフト建築設計事務所 

[お住まい拝見・互いの気配感じて「安心」]那覇市のMさん(69)宅は、鉄筋コンクリート造4階建ての2世帯住宅。中庭の吹き抜けが各世帯をゆるやかにつなぐ。家族は「互いの様子が見えたり、気配を感じるので安心」と話す。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「どこに何塗るかで選ぶ」

#7塗装②(塗装に必要な道具3種)
DIYで塗装をするには、前回(1706号、9月14日発行)紹介した塗料に加えて、道具も必要。「塗る道具」「マスキングの道具」「塗料の受け皿」はそろえておきたい。どこに何を塗るか、目的に合わせた道具選びのポイントを紹介する。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「室内は水性 屋外は油性」

#6塗装①(代表的な塗料の種類と特徴)
DIYで塗装する際、主に使う塗料は「ペンキ」「ステイン」「ニス」の3種類。それぞれに室内向けの水性と、屋外向けの油性がありますが、扱いやすさや後片付けといった点から水性の方が初心者にオススメです。各塗料の特徴を、仕上がり例を交えながら紹介します。
お住まい拝見

敷地貫く土間は風の道|(有)アトリエ・ノア 

[お住まい拝見・地域や親戚とつながる場]高低差のある2カ所の接道を、長い土間でつないだ南城市のNさん(58)宅。エアコンがいらないほど風通しの良い空間で、建て替え前と同様に地域の人や親戚が集う。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「木材の種類と特徴」

#5 材料選び
DIYで使うことの多い木材。ホームセンターにはさまざまな種類が売っていますが、大きく「無垢材」「集成材」「合板」の3種類に分けられます。材料購入のヒントになるよう、それぞれの特性について説明します。
お住まい拝見

赤瓦の下に涼と開放感|建築設計工房 paraya

[お住まい拝見・築65年を建て替え]今帰仁村のKさん(59)宅は、築65年以上の実家を建て替えた混構造平屋建て。大きな赤瓦屋根の下は、伝統的な沖縄の住宅のように間口が広く、開放的で風もよく通る。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「電動ドリルドライバーのコツを紹介」

#4 部材を接合する「木ネジ」
前回(1692号、6月8日発行)紹介した電動ドリルドライバーを活用しながら、木材用のネジ「木ネジ」で木材同士を接合する方法について説明します。事前にドリルで下穴を開けたり、電動ドリルドライバーを押し付けるようにするなど、いくつかのコツがあります。
お住まい拝見

緑に囲まれた店舗併設型平屋建ての家|LITTAI space works

[お住まい拝見・外国のようにオープン]本部町伊豆味に建つOさん(50)宅は、緑に囲まれた店舗併設型の平屋。海外の住宅のように天井が高く広々した空間で、夫婦と愛犬2匹が伸び伸び暮らす。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「ネジ締め穴開けラクラク」

#3 道具編③(電動ドリルドライバー)
DIYで作業をするとき、あると便利な道具が電動ドリルドライバー。力を入れなくても、しっかりとネジを締めたり、穴を開けられる。機能やビットの種類、作業時の姿勢など使い方の基本を紹介する。
お住まい拝見

大開口で庭とつながるリビング|アトリエ・ダグ・アーキテクト

[お住まい拝見・子どもが伸び伸び遊ぶ造り]本島中部にあるYさん(44)宅は鉄筋コンクリート造平屋建て。複数の庭で、どこにいても緑を楽しめるのが特徴だ。ロフトや低い通路など、子どもの興味もかき立てる。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「しっかり固定しカット」

#2 道具編②(のこぎり、クランプ)
DIYにおいて材料を切る作業は欠かせない。そこで今回は、材料を切るのこぎりと、材料を固定するためのクランプを紹介する。のこぎりは刃から目線、動きまで一直線にするのがポイント。クランプでしっかり材料を固定することにより、安全かつ集中して作業できる。
お住まい拝見

築50年を建て替え|沖縄家作人(やーつくやー)ネット|一級建築士事務所FAD

[お住まい拝見・3世代が仲良く同居]築50年近くの住まいを建て替えたNさん(59)。空間を有効活用し多くの収納を設けた鉄筋コンクリート造2階建てで、大きなテレビの前に集う義母とNさん、子どもたち3人の3世代が仲良く暮らす。
DIY

ようこそ♪DIYの世界へ「測る+垂直に線を引く」

#1 道具編①(メジャー、さしがね、スコヤ)
「DIYに興味はあるけれど、何から始めたらいいか分からない」という人は多い。このコーナーでは、基本的な道具の使い方やポイントなどについて、DIYの講師を務める島袋清成さんに紹介してもらう。初回はメジャー・さしがね・スコヤ。垂直に線を引く際にも役立つ。動画とも連動しているので、見てね。
お住まい拝見

役割違う箱の集合体|(株)建築工房 亥

[お住まい拝見・最大15メートルの距離が一直線]読谷村のSさん(40)宅は、LDKや玄関など役割の異なる箱を連ねたような鉄筋コンクリート造平屋建て。奥行きが最大15メートルにもなる大空間で家族3人が伸び伸び暮らす。
地域情報(街・人・文化)

更新される 成熟の街[浦添市宮城・内間・仲西]

[歩いて見つけた!地域の住み心地ー20ー]浦添市は、国道58号やパイプライン通り(県道251号)などの整備とともに戦後、急速に発展した。激戦地から一大住宅地へと復興を遂げ、街としてはすでに成熟した印象の同市だが、変化している地域もある。宮城・内間・仲西エリアだ。築40年超えの建物が取り壊され、新築の物件が増えている。近隣には新たな道路が開通。不動産会社は「同エリアは生まれ変わり始めている」と語る。
地域情報(街・人・文化)

変化し続ける 交通の要衝[南風原町兼城・宮平]

[歩いて見つけた!地域の住み心地ー19ー]南風原町のほぼ中央に位置する兼城と宮平。琉球王朝時代から交通の要衝であり南風原の中心地だった。現在においても、那覇空港自動車道の南風原北インターに近く、商業施設が並ぶ国道329号や県道241号で那覇市内にもアクセスしやすい。利便性の良さから、ベッドタウンとして人口が増え続けている。
特集・企画

段ボールで避難所生活を改善|気になるコト調べます!㉟

2011年3月11日に起こった、東日本大震災から間もなく7年。うるま市にある県立石川青少年の家では3月3日、段ボールを組み合わせて避難所生活に使えるイスや囲いを作る「段ボール箱で秘密小屋づくりに挑戦しよう」が開かれた。県内の小学2年~5年生9人を含む5家族が参加し、被災時に役立つ技術を楽しみながら学んだ。
お住まい拝見

動線上に仏壇配置|(株)青空設計

[お住まい拝見 先祖・親戚・友人集う広々空間]鉄筋コンクリート造2階建てのOさん宅は、動線上にある仏壇が身近な存在となっている。仏壇のある和室とLDKが一体化する広い空間で、先祖も含めた親戚や友人が集う。
お住まい拝見

路地が巡る家|ファイブディメンジョン一級建築士事務所

[お住まい拝見・ガラスや吹き抜けで家中をつなぐ]那覇市のMさん(47)宅は、2階の居住空間までの動線がまるで路地を巡るように計画されている。ガラスや吹き抜けで、家中が空間的にも視覚的にもつながり、1階で焼くパンの香りも広がる。
住まいに関するQ&A

アパート空室率・収益性に地域差|気になるコト調べます!㉛

(公社)県不動産鑑定士協会は2017年12月、県内の地価や不動産取引の景況感をまとめた「第7回不動産市場DIレポート」を公表した。県内全体で上昇傾向を示す中、本島中部ではアパートの空室率が高く、収益性も計画を下回る割合が高かった。
インテリア

住空間プロデューサーの上原牧子さんが暮らしを楽しむインテリア「自分スタイルの空間に挑戦!」

[文]上原牧子さん(住空間プロデューサー)Vol.10
大掃除を終え、気持ちよい空間で新年を迎えられたことでしょう。そこからもう1歩進んで、「自分らしい空間」をつくってみませんか。今回は、実際に依頼のあったこだわりのインテリア事例3例を紹介します。
住まいに関するQ&A

合法で安心・安全な民泊を|気になるコト調べます!㉙

OKINAWA型中古住宅流通研究会は11月、旅館業許可を取得して民泊を始めるための手続きや注意点などをまとめた冊子「民泊の手引き」を作成した。11月18日には、その冊子を使った「第1回空き家物件の民泊活用セミナー」を開催。講師の一人は「旅館業法や関連法を満たすことで安心・安全な民泊につながる」と話した。
インテリア

住空間プロデューサーの上原牧子さんが暮らしを楽しむインテリア「家族で過ごすクリスマス」

[文]上原牧子さん(住空間プロデューサー)Vol.9
12月、街中が一気にクリスマスモードになり心躍る季節ですね。ご家庭でもツリーを飾り付けたりプレゼントの用意をしたりと、クリスマスを楽しく過ごすための準備を始める方も多いのではないでしょうか。今回は私がアメリカで過ごしたクリスマスシーズンや、旅の思い出を交えながら、クリスマスを楽しむヒントをお伝えします。
お住まい拝見

内外つながる2階LDK|建築設計工房paraya

[お住まい拝見・吹き抜けから家族の気配]名護市のNさん宅は鉄筋コンクリート造2階建て。デッキと一体化する開放的な2階リビングに友人が集まり、吹き抜けからは1階で過ごす家族の声が聞こえてくる。
住まいに関するQ&A

入居拒まない新制度が開始|気になるコト調べます!㉗

空き家・空き室を生かし、低額所得者や高齢者などの入居を拒まない賃貸住宅として登録する「新たな住宅セーフティーネット制度」が2017年10月25日、スタートした。改修費補助などの経済的支援や、見守りサポートなどの入居支援も実施し、要配慮者の円滑な入居を図る同制度について紹介する。
お住まい拝見

図書館や美術館のような落ち着いた雰囲気のリビング|(株)紀建設

[お住まい拝見・親子で楽しむ演奏・料理]うるま市のHさん(44)宅は鉄筋コンクリート造平屋建て。広い空間に大きな本棚があり、図書館のような落ち着いた趣を持つ。親子での楽器演奏や料理、読書など秋を楽しむ。
お住まい拝見

大パノラマで広がる海を一望する家|(有)門一級建築士事務所

[お住まい拝見・「閉鎖」「開放」でメリハリ]1階は閉鎖的な別荘、2階は海を望む開放的な住居として、各階が完全に分離している鉄筋コンクリート造2階建てのKさん(49)宅。メリハリある空間で家族4人が暮らす。
住まいに関するQ&A

災害の対処法を疑似体験|気になるコト調べます!㉔

地震や風水害、火災といった、さまざまな災害とその対処法を疑似体験できる施設「名護市防災研修センター」が8月、名護市大北にオープンした。宮平達洋さん(63)と島袋義一さん(56)が支援員を務める。地震直後の行動や、水害時にドアを開ける難しさ、火災時に煙の中を避難する方法など、同市許田区のすこやかクラブのメンバー18人による体験を通して紹介する。
お住まい拝見

中心に池がある家|アトリエ・ダグ・アーキテクト

[お住まい拝見・離れを生み出す役目も]本島南部の区画整理地に建つHさん(42)宅は、中心に池がある鉄筋コンクリート造平屋建て。涼を招き、子どもたちが遊ぶ池は、隣り合う居室を「離れ」のように分離する。
リフォーム

手すり設置に備え壁補強「単純な動線で活動促す」

老後も安心 住まい[03]
体力が衰えると、自宅でも不便に思うことが出てくる。老後も住み続けるためには、先を見据えたリフォームも必要だ。リフォームを手掛ける(有)ラムハウジングの福祉住環境コーディネーター・川上晃奈さんは「将来、手すりを設置できるよう、壁を補強しておくと安心」と話す。
住宅ローン

フラット35S 引き下げ幅縮小へ|気になるコト調べます!㉒

住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携し、融資する長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」。今年10月の申し込み受け付け分から金利引き下げ幅が縮小される「35S」や、沖縄で利用しやすい「リノベ」について、フラット35を取り扱う日本モーゲージサービス沖縄支店の山田太支店長に聞いた。
お住まい拝見

将来見据え2世帯に|(有)大成プラン

[お住まい拝見・生活リズムの違いにも対応]将来、2世帯で住むことを見据えた、鉄筋コンクリート造3階建てのOさん(52)宅。家族が上下に分かれて暮らすが、生活リズムが異なる今の一家のスタイルにも合っている。
お住まい拝見

木・風感じる片流れ屋根|木脇ホーム

[クーラーいらずの涼しさ]うるま市にある木造平屋建てのMさん宅は、中央にどんと構える大黒柱が印象的。ふんだんに使ったスギの香りが漂う室内は、ゆるやかな勾配の片流れ屋根で効率よく風が通り抜け、クーラー要らずの涼しさだ。
住まいに関するQ&A

夏の対策! 緑のカーテン育てるコツは?|気になるコト調べます!⑳

ネットやフェンスなどにつる性の植物をはわせて日差しを遮る緑のカーテン。エアコンの使用を控えることで、地球温暖化の防止にもつながる。5月8日の「ゴーヤーの日」にちなみ、7日に那覇市緑化センターで開かれた「緑のカーテン講習会」では、(有)繁樹園の當間嗣泰代表取締役が、植物の選び方やゴーヤーを育てるコツなどを紹介。「事前に計画を立て、自分の目的に合わせた植物選びを。扱いやすいゴーヤーは、親づるの先端の芽を摘むことで、つるの本数を増やせる」とアドバイスする。
お住まい拝見

空間つなげ親戚集う家|(株)安永建築

【梁見える高い天井で開放感】沖縄県宜野湾市の住宅街に建つ木造2階建てのKさん(32)宅。築約30年の家を建て替えた2世帯住宅で、高い天井に梁が見える開放的な空間に、親戚が集まりにぎやかに暮らす。
建築

影の色で自然と調和|名護城公園ビジターセンター Subaco[すばこ]

沖縄県名護市の名護城公園内にあるビジターセンターSubaco。展望台を改修した3階建てで、名護の市街地や名護湾を見渡せる。2015年7月にオープンし、昨年、第2回沖縄建築賞も受賞した。木陰の黒を基調として周囲の自然や風景と調和させつつ、手入れのしやすさなど使い勝手にも配慮されている。
住まいに関するQ&A

防災イベントで地域つなぐ|気になるコト調べます!⑱

熊本県や大分県を襲った熊本地震から、4月14日で1年になる。地域防災に関心が高まる中、NPO法人地域サポートわかさでは、防災体験とおもちゃの交換会を掛け合わせた子ども向けイベント「リッカ! ヤールーキャラバン!」を昨年スタートさせ、活動を広げている。那覇市若狭公民館の館長も務める、宮城潤事務局長は「いろいろな人を巻き込みながら、地域でイベントをつくり上げていく課程が重要」と話す。
庭・garden

[和風庭園を見る]妻しのび 畑を庭園に

浦添市仲間にある金城義信さん(78)宅の庭は、妻の一年忌を機に、ゴーヤー畑だった場所を作り替えたもの。主庭には低木の山と砂利の海をつなぐつくばいがあり、芝庭には色鮮やかな花が咲く。妻を思いながら孫との水まきを楽しむ。

  • 関連のオススメ記事
    RECOMMENDED ARTICLES

  • [不動産の日特集|実家を生かす]③店舗兼...
  • ようこそ♪DIYの世界へ 材選びは軽いも...
  • 譲り受け 夫婦の色に|(株)紀建設 
  • ようこそ♪DIYの世界へ 「貫」設けて強...
  • 直線的でスッキリ|Studio Clam...
  • ようこそ♪DIYの世界へ「角度統一 斜め...

TOPへ戻る