[沖縄]紙面で開催!住まいの展示会2022|パンテックコーポレーション ショールーム|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2022年10月14日更新

[沖縄]紙面で開催!住まいの展示会2022|パンテックコーポレーション ショールーム

おうち時間が見直されている今、快適な住まいづくりに役立つ情報を集めた展示会を紙面上で開催! 省CO2対応型の新築一戸建てや住宅ローンをはじめ、マンション、リフォーム、設備・建材、庭づくりに相続まで、15業者が集まった。

 スペインタイル  パンテックコーポレーション ショールーム

スペインタイル 美しさと機能性を両立

磁器タイル「オーバーランドシリーズ」は特殊な施釉がされており、表面はなめらかだが濡れても滑りにくい。屋内外で使えるのが魅力
磁器タイル「オーバーランドシリーズ」は特殊な施釉がされており、表面はなめらかだが濡れても滑りにくい。屋内外で使えるのが魅力

これまでの防滑タイルは、滑りにくくするために表面がザラザラになっていて清掃性に少々難点があった。

しかし、(有)パンテックコーポレーションが取り扱う磁器タイル「オーバーランドシリーズ」は、特殊なエナメルをタイル表面に施釉(せゆう)することで、表面を平滑に仕上げ、拭き取りや掃き掃除などが簡単に行えると同時に防滑性能を高めた。同社の山内直幸代表は「室内にも屋外にも使えるのが魅力。例えばリビングとテラスに同じタイルを使えば、一体感が生まれ居住空間に広がりをもたせることができる」と話す。

ほかにも、見た目も質感も木にそっくりな「ビッゴシリーズ」は木目の凹凸をリアルに再現した磁器質タイルで、水による腐食や紫外線による退色がなく、ささくれも出ないので安全でメンテナンスも楽になる。木の優しさとタイルの機能性を併せ持つ次世代のエクステリア製品として、世界的な木材供給不足の中、ウッドデッキの代替品として提案している。ぜひショールームで触れて体感してほしい。
 
見た目はウッドデッキだが、実は木材を摸した磁器質床タイル「ビッゴシリーズ」。リアルな木目の再現力はスペインタイルならでは
見た目はウッドデッキだが、実は木材を摸した磁器質床タイル「ビッゴシリーズ」。リアルな木目の再現力はスペインタイルならでは


【問い合わせ】

パンテックコーポレーション ショールーム
電話098-890-5567
宜野湾市大山6-45-10
平日9時~18時 日・祝日10時~17時

関連記事:紙面で開催!住まいの展示会2022 15業者紹介

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1919号・2022年10月14日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2157

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る