[沖縄]紙面で開催!住まいの展示会2022|有限会社 繁樹園|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2022年10月14日更新

[沖縄]紙面で開催!住まいの展示会2022|有限会社 繁樹園

おうち時間が見直されている今、快適な住まいづくりに役立つ情報を集めた展示会を紙面上で開催! 省CO2対応型の新築一戸建てや住宅ローンをはじめ、マンション、リフォーム、設備・建材、庭づくりに相続まで、15業者が集まった。

 庭づくり  有限会社 繁樹園

1畳の庭でも心豊かに スケッチで意識を共有

繁樹園が手掛けた和風の庭。家の建て替えを機に造り替えた庭で、石などは再利用して組み直した。雑草が生えにくくなるよう、地面には砂利が敷かれている
繁樹園が手掛けた和風の庭。家の建て替えを機に造り替えた庭で、石などは再利用して組み直した。雑草が生えにくくなるよう、地面には砂利が敷かれている

「庭は建物を華やかに彩るだけでなく、植物や石といった自然を通して心を豊かにしてくれる。コロナ禍の現代においては、おうち時間を充実させる一助にもなります」。そう話すのは、造園業を営む(有)繁樹園の當間嗣泰代表だ。

同社では「創る・育てる・整える」をモットーに、趣のある和庭から、亜熱帯の植物を使ったリゾート風、石をメインにしたロックガーデンまで、施主の要望に応じてさまざまな世界観の庭を造っている。屋外の庭だけでなく、小規模な坪庭や室内装飾なども手掛けており、「畳1枚分の空間があれば十分庭は造れます」と當間さんは話す。

施工する前には施主の要望やライフスタイルを聞き取る。日当たりや水はけといった庭の環境にも合わせて提案しながら、スケッチを描いてイメージを共有。植物が大きくなった時や、メンテナンスのしやすさにも配慮しつつ施工していく。

最近では、庭の改装「リガーデン」の依頼も増えているという。「思い入れのある樹木など、既存の材料を生かしながら造り替えることもできます」

また、事務所に併設している店舗では、観葉植物や季節の花の苗なども販売。「スタッフに尋ねてもらえれば育て方のコツなどもアドバイスします。緑のある暮らしを楽しみながら、人生をより豊かなものにしてもらいたいですね」と話した。

當間さんが手書きした、洋風の庭のイメージスケッチ。施工する前に描いて、庭のイメージを施主と共有する
當間さんが手書きした、洋風の庭のイメージスケッチ。施工する前に描いて、庭のイメージを施主と共有する

【問い合わせ】

有限会社 繁樹園
電話098-854-7672
那覇市繁多川4-1-27
8時30分~18時営業
年中無休(年末年始は休み)

関連記事:紙面で開催!住まいの展示会2022 15業者紹介

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1919号・2022年10月14日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2157

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る