|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化|沖縄電力

記事検索一覧
  • 公開年月から探す
  • 検索
  • キーワード
  • 検索

【タグ検索】床面積30坪以下12件表示しています。

  • お住まい拝見

    25坪6LDKで快適|間+impression
    [お住まい拝見・小さくまとめて機能的に]「広いLDKと必要な部屋を厳選し、コンパクトにした」と話す建築士の儀間徹さん(50)の自邸は、2階建ての2階部分。約25坪の6LDKで機能性と快適さとデザインを追求した。
    2018/11/23
    チカちゃん
  • 特集・企画

    土地取引価格の指標「2018年県地価調査」結果発表|住宅トレンドは「30坪に木造」|気になるコト調べます!㊺
    2018年地価調査の結果が9月18日に発表された。県内の住宅地・商業地・工業地などの平均変動率はプラス5.0%で、景気拡大や人口増加を背景に土地需要が高まっており、5年連続で上昇した。中でも住宅地の平均変動率はプラス4.0%で全国1位に。「地価上昇をうけ、小さな土地に木造住宅を建てるのがトレンドになってきている」と県地価調査代表幹事(不動産鑑定士)の髙平光一氏は説明する。
    2018/10/12
    川本莉菜子
  • お住まい拝見

    海望む爽やかな空間|アーキデザインワークス一級建築士事務所
    [お住まい拝見・景色と高低差を生かして]敷地の高低差を生かし、地階に駐車場を設けたNさん(43)宅。生活の場となる1階は白一色の爽やかな空間。リビングからは海も見え、「景色の良さは特権」と話す。
    2018/08/17
    チカちゃん
  • お住まい拝見

    ラフな室内は居心地よく、ぬくもりに包まれた空間に|ロカルウ
    [お住まい拝見・仕切りなく収納たっぷり]「片付けなきゃとイライラするのは嫌。物があってもサマになる家に」と中部の住宅地に平屋を建てたKさん(33)。仕切りがなく収納たっぷり。ラフな仕上げが居心地の良さを生む。
    2018/06/08
    徳正美
  • お住まい拝見

    22坪 ミニマムに土間床でカッコよく|studio jag一級建築士事務所
    [お住まい拝見・傾斜地生かす22坪の平屋]「家は小さいのがいい」「土間の家ってかっこいい」。そんなYさん(39)の思いを形にした約22坪の平屋。傾斜地を生かして建てた開放的な空間で、暮らしを楽しむ。
    2018/05/18
    チカちゃん
  • 企画

    築28年の中古マンションをリノベーション|中古という選択
    [不動産の日企画]9月23日は不動産の日。建築費が高騰する中で、最も身近な不動産である住宅取得に変化が起きている。今、需要が伸びているのが中古住宅。そこで、中古マンションを購入してリノベーションで生まれ変わらせた事例や、県内の中古住宅流通事情などを紹介する。
    2017/09/22
    東江菜穂
  • お住まい拝見

    24坪でもゆとり空間・コンパクトな家|アトリエTAKE5
    家は「平屋でコンパクトに」と決めていたUさん夫妻。建坪24坪ながらカフェのようなゆったり感が漂うのは、広いLDKと、そこに隣接する土間玄関やテラスがなせる技だ。
    2017/04/07
    編集部
  • お住まい拝見

    25坪でもLDK広々|アーキデザインワークス一級建築士事務所
    「立地とコスト重視」で那覇市の住宅密集地にEさん夫妻が建てたのは、鉄筋コンクリート造2階建て。建坪25坪ながらLDKはすっきり広々。夫人の母親も同居予定だ。
    2017/01/06
    徳正美
  • お住まい拝見

    高低差を「良い距離」に|(有)義空間設計工房 
    那覇市首里にあるKさん宅は前面道路より3メートル下がった敷地を生かして地下階を設けた。敷地の難を逆手に取って約25年ぶりに同居する親子の居住空間を分け、いい距離感を生んだ。
    2016/11/11
    東江菜穂
  • お住まい拝見

    年月が味になる家に|(株)佐平建設
    沖縄県那覇市に中古マンションを購入した大城宗貞さん(46)。ヨーロピアンビンテージをテーマに、既設の物を極力生かして改修。施工費約640万円でお気に入りの住まいを実現した。


    2016/08/19
    チカちゃん
  • お住まい拝見

    16坪ですっきり暮らす|(有)門一級建築士事務所
    家族4人で暮らす16坪の平屋。LDK、寝室、書斎、子ども室を一つにまとめた。無駄を省いたシンプルな家は、建築コストを抑えて庭を広げ、家族の絆を強める。


    2016/08/12
    東江菜穂
  • お住まい拝見

    家中が遊び場に 25坪をフル活用|アトリエ・ダグ・アーキテクト
    沖縄本島中部、古い住宅街の角地に建つ4人家族のGさん宅は、大小さまざまな空間が緩やかにつながり、家中に家族の声が届く。ダイニングを中心にその日の気分で遊び場、寝床も変わる。延べ床面積約25坪をフルに活用。おおらかな暮らしを楽しんでいる。
    2015/04/10
    編集部

TOPへ戻る