[お住まい拝見+]魅せる収納と手作りで演出|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2021年1月29日更新

[お住まい拝見+]魅せる収納と手作りで演出

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2021年1月」より掲載)

魅せる収納と手作りで演出

天井高5㍍の開放感/(株)コモドハウス/小谷仁人さん宅より

2階高の吹き抜けと大開口で開放的な小谷仁人さん宅。お気に入りのインテリアを取り入れながら、自分たちで手を加え、ディスプレーを楽しんでいる。魅せる収納が得意な小谷さん。シューズクローク内はショップのように靴や写真が並べられている。トイレには、陶器製の手洗いボウルを設置。木製棚に巻き付けたフェイクグリーンは妻・彩さんのアイデアだ。白い壁紙の子ども室は、ウォールステッカーを利用して、かわいらしい雰囲気にしつらえている。


関脇のシューズクローク内。可動式のオープン棚には、靴や帽子などをディスプレー
 

爽やかな印象のトイレ。手洗いボウル、モザイクタイルで縁取られた鏡と、小物も一つ一つこだわった

淡いグリーンが基調の手洗いボウルは、妻の彩さんが通っていた陶芸教室の先生の作品。オリジナルで制作してもらった

子ども室。ベーシックな白壁に彩さんが1枚1枚ウォールステッカーを貼り付けて、かわいらしい雰囲気に仕上げた。手軽にイメージチェンジできるのが利点だ


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1830号・2021年1月29日紙面「今月の表紙から 2021年1月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:124

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る