[沖縄・お住まい拝見]30坪にBARと住宅|間+impression|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

こども絵画コンクール

お住まい拝見

お住まい拝見

2022年6月10日更新

[沖縄・お住まい拝見]30坪にBARと住宅|間+impression

[小さな空間を機能的に使う]約24坪の住まいに約6坪のBAR(バー)を併設。施主のYさんは週末だけバーテンダーに変身する。家とバーをつなぐのは床下収納の「蔵」。コンパクトな空間を機能的に使う。

西原町の高台に建つYさん宅。写真右側が約24坪の住居。左側の付き出した部分が11席の小さなバー「ラビゴット」。施主のYさんが金・土の夜だけ一人で切り盛りする


店と家つなぐ床下の「蔵」

Yさん宅
RC造/自由設計/家族5人

新居は、長年の夢と家族の生活を両立するための拠点だ。約24坪の住まいに11席(約6坪)のバーを併設。それぞれ広さは最小限だが「隅まで手や目が届く」とYさん。

住宅部は、16畳のLDKと4・5畳の寝室、水回りなどがあり、半階上がったところに3畳×3室の子ども室(今は一部屋にして使っている)がある。子ども室の下は約12畳の床下収納“蔵”だ。「ウチは物が多いので、蔵はどうしても造りたかった。多数の実績のある建築士さんにお願いしました」と夫人は話す。

蔵の天井高は1・4メートル。階段下から身をかがめて入れば、秘密基地のような空間が広がる。バーと住居はこの蔵を通してつながる。「ここはバーの倉庫であり、通路でもある。なくてはならない空間」

「収納部屋」を随所に

長男は中学1年生、次男は小学校5年生、そして長女は6歳。年頃の子がいる5人家族の家としてはコンパクトだが、居場所は多い。ダイニングで宿題にいそしみ、子ども室や階段、リビングの出窓でゲームに熱中。一人になりたいときは蔵にこもる。「皆、好きな場所で好きなことをしています。だから広くはないけど、窮屈でもない」と夫人。

窮屈さを払拭しているのは、「収納部屋」の力も大きい。キッチンの脇には2・8畳のパントリーを、脱衣所のそばには2・3畳のファミリークローゼットを設けた。大容量の蔵も活用し、すっきり暮らす。

バーは、打ち放しの内装やコンクリートブロック製のカウンターなどが男前な雰囲気。厨房(ちゅうぼう)は客席より45センチ下がっているため、調理をするYさんと、座っている客との目線が合う。レストランなどで磨いた腕を振るいながら会話を楽しむ。「今は週末の夜のみの営業。慣れてきたら少しずつ営業時間を増やしたい」。インテリアなど細部までこだわったわが城を眺め、満足げに語った。


住居部分のLDKから子ども室を見る。写真奥に向かって高くなる勾配天井で、一番高いところは4メートルある。そこに半階上げた子ども室、下に12畳の蔵を設けた。階段下に出入り口がある


半階上がった場所にある子ども室。3人分のベッドと収納があり、将来は三つに仕切れるようになっているが、今は一部屋にしている

リビング。テラスに面した出窓がチェア代わり


子ども室下の蔵には、たくさんの物を収納している。バーへもつながっていて、バーのパントリーや通路としても活用


ここがポイント
床面積不算入の出窓や蔵を活用

約50坪、建ぺい率が60%の敷地のため、最大約30坪の建築面積の中で、住居とバーをつくる計画となった。「バー部分に関しては、Yさんが希望する席数(10席程度)を確保しながら必要最小限を目指し、住宅部をなるべく大きく取るように調整した」と設計を手掛けた間+impressionの儀間徹さんは話す。 

「バーは、厨房(ちゅうぼう)機器や席の間隔、廊下の幅まで図面に落とし込んで、徹底的に無駄なスペースを省いた」と説明する。広さは最小限ながらも、高い天井が圧迫感を軽減。最も天井高があるのは北側にあるバーなどで4メートル、住居部のLDKは最高3・5メートルある。

住宅部は「寝室は4・5畳、子ども室は3畳×3室と小さく抑え、LDKや収納部に面積を割いた」。限られた空間に広がりを持たせるため「リビングとテラスの間の窓は、あえて床から40センチ上げて出窓にした。出窓は、条件を満たせば床面積に算入されず、ベンチ代わりになる。同じく“蔵”も天井高が1・4メートル以下など条件を満たせば不算入となる。それらを活用しながら、Yさんの希望をかなえた」と説明した。


バーは全11席。厨房部は45センチほど下がっていて、座っている客と調理するYさんの視線がちょうど合うようになっている

写真奥の扉は、住居部の蔵へとつながる。「蔵はバーのパントリーでもあり通路でもある。とても助かっている」とYさん


バーのトイレもコンパクトだがおしゃれ


昼の外観。西原町の緑を背負い、かわいらしい形が映える



住居部の扉は玄関でなく門扉。もう一つ内側に玄関扉がある


写真右側の出窓や階段下の蔵がポイント


[DATA]
家族構成:夫婦、子ども3人
敷地面積:165.18平方メートル(約49.96坪)
1階床面積:99.04平方メートル(約29.96坪)
BAR/29.95平方メートル(約6.33坪)
住宅/78.09平方メートル(約23.62坪)
建ぺい率:59.96坪(許容60%)
容積率:59.96坪(許容200%)
用途地域:第一種中高層住居専用地域
躯体構造:鉄筋コンクリート壁式構造
設計:間+impression 儀間徹
施工:(有)仲真組 仲真敏幸、宮城正和
構造:建築設計庵 長間大輔
電気:喜友名電気 喜友名盛久
水道:(有)ライフ工業 我喜屋奨

問い合わせ
間+impression
電話098・892・3635
http://ma-impression.com/


撮影/比嘉秀明 取材/東江菜穂
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1901号・2022年6月10日紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
東江菜穂

これまでに書いた記事:278

編集者
週刊タイムス住宅新聞、編集部に属する。やーるんの中の人。普段、社内では言えないことをやーるんに託している。極度の方向音痴のため「南側の窓」「北側のドア」と言われても理解するまでに時間を要する。図面をにらみながら「どっちよ」「意味わからん」「知らんし」とぼやきながら原稿を書いている。

TOPへ戻る