[お住まい拝見+]インテリアにも家族の思い出|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2021年9月24日更新

[お住まい拝見+]インテリアにも家族の思い出

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」で掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2021年9月」より掲載)

インテリアにも家族の思い出

リビングの間仕切り。夫婦で選んだガラスを、木枠のスキマに合わせてカットしてもらい、はめ込んだ。「ステンドグラスも考えましたが、色が多いとゴチャつくので、シンプルなアンティークガラスにしました」と鈴木さん
リビングの間仕切り。夫婦で選んだガラスを、木枠のスキマに合わせてカットしてもらい、はめ込んだ。「ステンドグラスも考えましたが、色が多いとゴチャつくので、シンプルなアンティークガラスにしました」と鈴木さん


1861号「いつでも家族を感じて」
鈴木さん宅/Arms DESIGN

居住空間を2階にまとめ、家族の時間を楽しむ鈴木さん宅。インテリアの一つ一つにも家族の時間と思い出が詰まっている。

階段と2階LDKの間仕切りには、夫婦で選んだ6種類のアンティークガラスを組み合わせた間仕切りを設置。ガラスの模様により光の抜け方が違うため、空間がより表情豊かに。

小上がりの照明は、鈴木さんが独身時代のアパートで使っていたもの。結婚前に夫人も一緒に選んだという思い出の品だ。1階の靴箱は、子どもたちが楽しめるよう、海の生き物をあしらった取っ手を選んだ。
 

小上がりの天井からつり下がるのは、ナチュラル素材のペンダントライト。編み込みの隙間から漏れる柔らかな光が、和モダンなしつらいにぴったり小上がりの天井からつり下がるのは、ナチュラル素材のペンダントライト。編み込みの隙間から漏れる柔らかな光が、和モダンなしつらいにぴったり
 

魚や亀などをあしらった取っ手。靴箱をあけるのも楽しい気分に魚や亀などをあしらった取っ手。靴箱をあけるのも楽しい気分に


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1864号・2021年9月24日紙面「今月の表紙から 2021年9月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:138

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る