[お住まい拝見+]経年楽しむデザイン|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

第9回こども絵画コンクール

お住まい拝見

お住まい拝見+

2022年8月26日更新

[お住まい拝見+]経年楽しむデザイン

このコーナーでは、「お住まい拝見」で掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介する。(紙面連載「今月の表紙から 2022年8月」より掲載)

経年楽しむデザイン

外観も室内も、南東の掃き出し窓の間だけ木で仕上げている。やがて木が退色して白銀色になりシルバーのサッシと一体化することを狙った外観も室内も、南東の掃き出し窓の間だけ木で仕上げている。やがて木が退色して白銀色になりシルバーのサッシと一体化することを狙った
外観も室内も、南東の掃き出し窓の間だけ木で仕上げている。やがて木が退色して白銀色になりシルバーのサッシと一体化することを狙った



8月19日号「洗練のうちなー家」
島袋さん宅/平田寛建築設計事務所

南東の庭に向かって大きく開く島袋邸。全体的に黒い外観だが、南東の掃き出し窓の間だけ、木を生かして仕上げている=左上写真。室内も同様に、掃き出し窓の間だけ木が使われている=左下。設計した平田寛さんは「木は月日がたつと退色して白銀色になる。やがてシルバーのサッシと一体化して一つの大きな窓に見えることを狙った。経年変化も楽しんでほしい」と説明する。

また、コスト削減のために施主自ら床などの塗装を行った。平田さんは「僕も自邸のリノベーションで、床や壁の仕上げ塗装を自分でやった。壁は範囲が広く、高いところまできれいに塗るのは難しかったが、床は素人が塗ってもムラなどが目立たなかった。なので、島袋さんにも床の塗装をやってもらった。大変そうだったが、コスト削減になった」と話した。

コスト削減のため床の塗装は施主自ら行った
コスト削減のため床の塗装は施主自ら行った


取材/東江菜穂
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1912号・2022年8月26日紙面「今月の表紙から 2022年8月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
東江菜穂

これまでに書いた記事:344

編集者
週刊タイムス住宅新聞、編集部に属する。やーるんの中の人。普段、社内では言えないことをやーるんに託している。極度の方向音痴のため「南側の窓」「北側のドア」と言われても理解するまでに時間を要する。図面をにらみながら「どっちよ」「意味わからん」「知らんし」とぼやきながら原稿を書いている。

TOPへ戻る