|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

記事検索一覧
  • 公開年月から探す
  • 検索
  • キーワード
  • 検索

【タグ検索】こども絵画コンクール23件表示しています。

  • [第4回こども絵画コンクール]子ども食堂など3団体に寄付
    こども絵画コンクール実行委員会は3月24日と26日、「第4回こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)の協賛金などを3団体に寄付した。
    2020/04/03
    編集部
  • 特集・企画

    [こども絵画コンクール表彰式&リビングショウリポート]勢理客さんに最優秀賞 木造住宅関連の企業目立つ
    「第33回沖縄県トータルリビングショウ」(主催・沖縄タイムス社、タイムス住宅新聞社)が10月18日~20日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれた。住まいや暮らしに関わる企業63社が、自慢の商品やサービスなどを紹介した。

    併催事業として、小学生が描く夢の家を募った「第4回こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)の展示や、家づくり・片付けの専門家らによる講演会も行われた。

    3日間で、延べ2万9017人が足を運んだ。
    2019/10/25
    編集部
  • 特集・企画

    第4回こども絵画コンクール入賞作品が決定「あったらいいな、こんな家」
    「第33回沖縄県トータルリビングショウ」の併催事業として、子どもたちの夢の家を募った「第4回こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)。応募総数430点の中から最優秀賞に輝いたのは、勢理客伽奈さんの作品。入賞作品を一挙に紹介する。
    2019/10/18
    編集部
  • 特集・企画

    第4回こども絵画コンクール入賞作品が決定「あったらいいな、こんな家」
    「第33回沖縄県トータルリビングショウ」の併催事業として、子どもたちの夢の家を募った「第4回こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)。応募総数430点の中から最優秀賞に輝いたのは、勢理客伽奈さんの作品。入賞作品を一挙に紹介する。
    2019/10/18
    編集部
  • 特集・企画

    [こども絵画コンクール表彰式&リビングショウリポート]入賞作「ワクワク感 細部まで」
    住まいづくりに関わる業者が一堂に会する「第32回沖縄県トータルリビングショウ」(主催・沖縄タイムス社、タイムス住宅新聞社)が10月19日~21日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれ、建材や設備、マネー関連などを扱う58社が出展した。さらに県内の小学生から「あったらいいなこんな家」をテーマに絵を募った「第3回こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)の展示会や「沖縄防災・防犯フェア2018」も併催。爽やかな秋晴れが続いた3日間で、延べ3万383人が来場した。
    2018/10/26
    編集部
  • 特集・企画

    第3回こども絵画コンクール入賞作品が決定「あったらいいな、こんな家」
    魚と共生する海中の家や、宇宙人と遊べる雲の家。県内の小学生から住んでみたい家の絵を募った「第3回こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)には、442点の夢の家が寄せられた。その中から最優秀賞をはじめとする入賞作品12点を紹介する。
    2018/10/19
    編集部
  • 特集・企画

    第3回こども絵画コンクール「夢の家」の絵を募集
    大好きな自動車に囲まれた家、木の上の家、動く家など「あったらいいな、こんな家」や、今住んでいる「大好き! ぼく・わたしのおうち」の絵を県内の小学生から募り、表彰する「第3回こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)がことしも開かれる。絵の応募は9月18日(火)まで。入賞作品は、週刊タイムス住宅新聞の紙面で紹介するほか、賞状と副賞(図書カード)を贈る。学校や学童単位の応募もOK。応募締め切りは9月18日(火)※当日消印有効
    2018/07/27
    編集部
  • 特集・企画

    第3回こども絵画コンクール「夢の家」の絵を募集
    「第3回こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)の作品募集が始まった。県内の小学生を対象に、住んでみたい家の絵などを募集するもので、締め切りは2018年9月18日。昨年は428点の応募の中から中城南小2年(当時)の宮城晴一くんの「山おくの生きものじどう車ハウス」が最優秀賞に選ばれ、入賞・入選作品180点が県トータルリビングショウ会場に展示された。ことしも10月19日(金)~21日(日)に開かれる「第32回県トータルリビングショウ」の会場に展示する。
    2018/07/13
    編集部
  • 地域情報(街・人・文化)

    こども絵画コンクール&リビングショウレポート「夢あふれる作品に笑顔広がる」
    第31回沖縄県トータルリビングショウ(主催・沖縄タイムス社、タイムス住宅新聞社)が2017年10月20日~22日の3日間、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれた。台風21号の影響で、屋外での出展や22日に予定されていた「第2回こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)の表彰式は中止となったが、屋内での出展社や絵の展示会、講演会やパネルディスカッションは予定通り行われた。リビングショウの来場者は3日間で延べ2万3994人で、絵画展には延べ843人が訪れた。
    2017/10/27
    編集部
  • 特集・企画

    第2回こども絵画コンクール入賞作品を紹介!「夢や憧れを詰め込んで」
    県内の小学生から住みたい家を募集した「こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)には、428点の作品が集まった。その中から、最優秀賞をはじめとする入賞作品12点を紹介する。そのほか168点の入選作品は20日~22日に行われるトータルリビングショウの会場内に展示する。
    2017/10/19
    編集部
  • 特集・企画

    第2回こども絵画コンクール|第31回沖縄県トータルリビングショウ併催事業
    「第2回こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)では、小学生を対象に、自分の住んでいる家や住みたい家の絵を募集する。応募締め切りは2017年9月19日(火)。
    2017/09/07
    編集部
  • 特集・企画

    子ども支援の一助に わらびの会などに10万円贈る|こども絵画コンクール⑫
    タイムス住宅新聞社は12月15日、NPO法人こども医療支援わらびの会(真栄田篤彦理事長)に10万981円、沖縄タイムス社が創設した「沖縄こども未来プロジェクト」に10万円を贈った。
    2016/12/22
    編集部
  • 特集・企画

    【応募作品の紹介】6年生|こども絵画コンクール⑪
    6年生の応募作品を紹介します。
    2016/10/22
    編集部
  • 特集・企画

    【応募作品の紹介】5年生|こども絵画コンクール⑩
    5年生の応募作品を紹介します。
    2016/10/22
    編集部
  • 特集・企画

    【応募作品の紹介】4年生|こども絵画コンクール⑨
    4年生の応募作品を紹介します。
    2016/10/22
    編集部
  • 特集・企画

    【応募作品の紹介】3年生|こども絵画コンクール⑧
    3年生の応募作品を紹介します。
    2016/10/22
    編集部
  • 特集・企画

    【応募作品の紹介】2年生|こども絵画コンクール⑦
    2年生の応募作品を紹介します。
    2016/10/22
    編集部
  • 特集・企画

    【応募作品の紹介】1年生|こども絵画コンクール⑥
    1年生の応募作品を紹介します。
    2016/10/22
    編集部
  • 特集・企画

    夢・発想・願い大事に【受賞作品の紹介及び審査員の総評】|こども絵画コンクール⑤
    最優秀賞をはじめとする受賞作品11点と、審査委員長の金城明美さんの審査総評を紹介します。
    2016/10/21
    編集部
  • 特集・企画

    最優秀賞に山内さん|こども絵画コンクール④
    タイムス住宅新聞社が手掛ける第30回沖縄県トータルリビングショウ併催事業、「あったらいいな、こんな家」こども絵画コンクールの表彰式が10月16日、沖縄コンベンションセンター展示棟に設けた絵画展会場で行われた。最優秀賞は、兼城小学校3年生の山内玲奈さん(8)が受賞。表彰式では審査員から入賞者に賞状などが手渡された。
    2016/10/21
    編集部
  • 特集・企画

    第30回沖縄県トータルリビングショウ併催事業|こども絵画コンクール③
    小学生を対象に家の絵を募り、10月14日(金)から開かれる第30回沖縄県トータルリビングショウで展示・表彰する「こども絵画コンクール」。審査員を務める建築士の下地鉄郎さん(41)、蒲地史子さん(33)、小学校教頭で絵本作家の金城明美さん(55)に、こども絵画コンクールに期待すること、子どもたちへのメッセージなどを聞きました。
    2016/09/15
    編集部
  • 特集・企画

    「るん坊」が描いてみた 住みたい未来のおうち|こども絵画コンクール②
    ことし30回目を迎える「沖縄県トータルリビングショウ」(沖縄タイムス社、タイムス住宅新聞社・主催)。タイムス住宅新聞社では、併催事業「あったらいいな、こんな家」こども絵画コンクールを開きます。現在、作品を募集していますが、不動産検索サイト「コノイエ+プラス」のキャラクター・やーるんの弟で小学生のるん坊が、住んでみたい未来のおうちを描いてくれたので紹介します。
    2016/09/09
    編集部
  • 特集・企画

    第30回沖縄県トータルリビングショウ併催事業|こども絵画コンクール①
    住まいの情報や住宅関連製品を展示する「沖縄県トータルリビングショウ」(沖縄タイムス社、タイムス住宅新聞社・主催)。30回を迎える今年、タイムス住宅新聞社では併催事業として「あったらいいな、こんな家」こども絵画コンクールを開催。小学生を対象にテーマに沿った家の絵を募集し、展示・表彰を行う。現在、作品を募集中です。
    2016/09/02
    編集部

TOPへ戻る