「るん坊」が描いてみた 住みたい未来のおうち|こども絵画コンクール②|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2016年9月9日更新

「るん坊」が描いてみた 住みたい未来のおうち|こども絵画コンクール②

ことし30回目を迎える「沖縄県トータルリビングショウ」(沖縄タイムス社、タイムス住宅新聞社・主催)。タイムス住宅新聞社では、併催事業「あったらいいな、こんな家」こども絵画コンクールを開きます。現在、作品を募集していますが、不動産検索サイト「コノイエ+プラス」のキャラクター・やーるんの弟で小学生のるん坊が、住んでみたい未来のおうちを描いてくれたので紹介します。

自由な発想でOK! 「天井が透明の家」

 
作品の裏面には、「氏名(ふりがな)」「年齢・学年」「住所」「電話番号(連絡のつきやすい番号)」「学校名」「学童クラブ名」「作品に対するコメント」を忘れずに書いてね。絵画コンクールのチラシ裏に応募用紙があるから活用してね。


【絵を描いて応募した るん坊】


ことし初めて開催する同コンクールは、沖縄県内の小学生に自由な発想で住まいの絵を描いてもらい、居心地の良い住環境を考える機会を創造することが目的です。テーマは2つ
今、どんな家で過ごしているかを描く「大好き!ぼく・わたしのおうち」と、住んでみたい家を描く「あったらいいな、こんな家」。どちらかを描いて応募しよう。小学生のみなさんからの楽しい家の絵の応募を待ってます。締め切りは、9月26日(月)まで

詳しい応募方法はコチラをご覧ください

特集・企画

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:871

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る