|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

記事検索一覧
  • 公開年月から探す
  • 検索
  • キーワード
  • 検索

【タグ検索】中古住宅14件表示しています。

  • NEW

    お住まい拝見+

    [お住まい拝見+]黒い枠で温泉旅館風
    [お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2020年6月」より掲載)
    2020/06/26
    出嶋佳祐
  • こだわリノベ

    古い集合住宅 白い床で広々|(有)国真住建
    [こだわリノベ]|伊江島で暮らしていたUさん(45)家族は、長女(15)の高校進学を機に那覇市内で暮らすことに。そこで両親から築30年以上のマンションを購入し、白を基調とした空間にリフォームした。北欧風家具が似合うよう、クロスの色選びなども楽しんだ。
    2020/06/05
    出嶋佳祐
  • こだわリノベ

    小屋組み生かし大空間にリノベーション|(有)トクマサ工業 La.fit
    [こだわリノベ]|築約35年の4DK平屋をリノベーションしたMさん(38)宅。壁を抜き、木造小屋組み屋根の高さを生かして、理想だった開放的な2LDKの住まいにした。木や鉄など素材感のある室内のテイストは夫婦の好み。収納までの手数を減らした計画で家事動線もスムーズ。
    2020/05/08
    川本莉菜子
  • こだわリノベ

    クールで上質 大人の遊び場|(有)エバデザイン
    [こだわリノベ・インダストリアル風 全面改修・一戸建て・築25年・RC造]築25年の2階建ての家をリノベーションしたYさん(49)。磁器タイルなど黒でまとめた1階は、クールで上質な大人の空間だ。思い描いたのは、工場をイメージした「インダストリアルテイスト」。照明は2階まですべて違うデザインを吟味するなど、こだわりを詰め込んだ。
    2019/11/15
    徳正美
  • こだわリノベ

    間取り生かし 明るく開放的|中古購入し改修・全面改修・築25年余・一戸建て・RC造
    [こだわリノベ・中古購入し改修]伊江村のMさん(32)は、実家の隣に建っていた築25年以上の鉄筋コンクリート造平屋を購入し、リノベーション。もとの間取りを生かしながらも、各部屋の仕切りを取り払うことで、暗い空間が明るく開放的な空間に。たくさんの友人や親戚が集う場となった。
    2019/06/07
    出嶋佳祐
  • こだわリノベ

    見せ場作り印象的に|Arms DESIGN(アームスデザイン)
    [こだわリノベ・住まい+アトリエに 全面改修・築20年余・一戸建て・混構造]築20年余の中古住宅をリノベーションしたKさん(43)宅は、床から立ち上がったようなキッチンやビンテージカップの飾り棚、ピロティを利用したアトリエなど“見せ場”が随所に。既存を生かしてコストバランスを図りつつ、夫婦が好きな雑貨や古家具がなじむ、印象的な空間になった。
    2019/05/17
    徳正美
  • こだわリノベ

    メリハリ付けかっこよく|LSDdesign 株式会社
    [こだわリノベ・実家を2世帯住宅に]築26年の実家をリノベーションしたTさん宅。基本の造りはシンプルな“守りの空間”。そこにラワン合板で製作した家具や古着のジーンズで作った「デニムタイル」、壁には愛犬のイラストなど“攻めの内装”を組み合わせ、空間にメリハリを付けてコストバランスを取った。
    2019/04/12
    東江菜穂
  • お住まい拝見

    中古一新!モダンに変身|間+impression
    Tさん(39)は、那覇市に建つ中古住宅の「立地が気に入って」購入。建物の骨組みだけを残し、ほぼ全面改修した。浮いた骨組みの費用を建材のグレードアップに充て、モダンに一新させた。
    2017/03/10
    東江菜穂
  • 企業・ひとの取り組み

    「人口減少」から見る建築業界の今とこれから|下地鉄郎のコラム②
    建築業界は「斜陽産業だ」といわれることがある。仕事はやりがいもあり、そんなことはないと思うのだが、高度成長時代に先輩方から聞いた話や自分の学生時代と比べると、近年は業界に入る若者が減少しているのが現状だ。
    2017/02/11
  • 企業・ひとの取り組み

    「建物の健康診断」|下地鉄郎のコラム①
    健康診断といえば、普通は人間の心身を診断することを指すと思う。自主的に診断に行く人のほか、健康診断の受診を促す通知が届くこともあり、診断を受けたことがない人はほとんどいないのではないか。
    2017/01/14
  • 住まいに関するQ&A

    中古住宅の流通 金融一体的な仕組み開発へ 県内初の取り組み。そのポイントやメリットは?|気になるコト調べます!⑧
    住まいの選択肢として中古住宅のニーズが高まる中、県不動産鑑定士協会とコザ信用金庫、OKINAWA型中古住宅流通研究会、県中部宅地建物取引業協会の4者は、県内で初めて中古住宅の流通に向けた金融一体的な仕組みの開発に取り組んでいる。売買時の住宅診断を基に長期修繕計画などを作成。購入後の修繕やリフォームなどのメンテナンスも加味し物件を適正に評価することで、良質な中古物件の普及、流通促進につなげる。OKINAWA型中古住宅流通研究会会長で建築士の下地鉄郎さんは、「適正な基準で評価された良質な中古住宅が増えることは、売る側、買う側双方に利点が大きい」と話す。
    2016/10/14
    チカちゃん
  • 特集・企画

    幸せ探し 家探し2016|RBC琉球放送
    7月30日(土)午後2時~放送
     「戸建てに住みたい」「マンションがほしい」「住宅ローンどうしよう」「オール電化って何?」と考えている皆さん。7月30日(土)14時から放送されるRBC(琉球放送)の「幸せ探し 家探し2016」では、物件や住宅購入の際のアドバイスなどを紹介します。
     
    2016/07/29
    編集部
  • 建築士の日

    ジャズと緑に癒やされ|建築士の日 7/1
    沖縄県那覇市首里の高台に築20年の2階建てを購入したKさん。「地域になじむ家にしたい」と、改修は隣接するカー(湧水)に縁のある建築士に依頼した。それから10年。「ジャズが似合う空間」にと天井に凹凸のある木リブを施したリビングで音楽を楽しみ、借景のガジュマルや庭の緑に癒やされる日々だ。
    2016/07/01
    徳正美
  • 企画

    中古住宅に住み替え
    外人住宅を購入し、分譲マンションから住み替えたOさん(42)夫妻。予算とデザイン、使い勝手を念頭に設備や建材を自ら選び、理想の空間へとリフォームした。
    2015/10/30
    チカちゃん

TOPへ戻る