幸せ探し 家探し2016|RBC琉球放送|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2016年7月29日更新

幸せ探し 家探し2016|RBC琉球放送

7月30日(土)午後2時~放送
 「戸建てに住みたい」「マンションがほしい」「住宅ローンどうしよう」「オール電化って何?」と考えている皆さん。7月30日(土)14時から放送されるRBC(琉球放送)の「幸せ探し 家探し2016」では、物件や住宅購入の際のアドバイスなどを紹介します。
 

情報多彩に 幸せ住まいのヒント見つけよう

住宅に関するさまざまな情報を提供するのは「大京穴吹不動産」「環ハウスグループ」「大川家具グループ THE GRACE」「プレステージホーム沖縄」「琉球銀行」「沖縄電力」「松山産業 フリーベル曙」の各社。住まいに関するさまざまな情報をこきざみインディアンの2人とエリナさんがリポートします。幸せになる住まいのヒントが盛りだくさんの番組を要チェック!


マンション

大京穴吹不動産  中古リフォームし販売


ライオンズマンションやリュークスタワーなど多くの分譲マンションや住宅建築を行ってきた大京。同社グループの中で不動産をリフォームし、新たな付加価値をつけて販売しているのが大京穴吹不動産。マンションや戸建て、土地はもちろん、ビルや商業施設、アパートなど、全ての不動産売買と賃貸を行っている。
番組で紹介する現在販売中のライオンズマンション(那覇市牧志)は1984年に完成した。築年数32年を感じさせないほどリフォームされ、きれいな室内が特徴=写真。その秘密は「Reno α(レノ アルファ)」という同社のサービス。物件を買い取った後、入念な検査、点検、リフォームを行った上で販売する。その結果、同等の条件を備えた新築マンションと比べ、低価格を実現した。
また、引き渡し後の設備トラブルに関しては、24時間専門スタッフの駆け付け対応サービスなどがあり、アフターフォローも充実。中古物件の購入を考える際の参考になりそうだ。
◆問い合わせ 0120-889-082  営業時間10時~19時   
 定休日:水曜および第1・第3火曜日  http://www.daikyo-anabuki.co.jp/okinawa
 
建築・不動産

環ハウスグループ 幅広いサービスを提供


建物の設計・監理、土地活用、アパート建築、不動産売買・賃貸管理など、建築・不動産のさまざまなトータルサポートを行う『環ハウスグループ』。加盟する4社が、それぞれの分野に特化したサービスを提供することで、さまざまなニーズや課題に最適な提案をしている。
グループ会社のひとつ、タマキホームが北谷町に建築中の分譲マンション「ウィングシャトー北谷プレミアム」。近隣には北谷町役場、グルメやショッピングが楽しめる美浜エリアがあり、抜群の立地が魅力のひとつだ。
中でも特におすすめというのがキッチンで、天板に天然水晶を使用し、手触りと光沢にこだわった仕様。食洗器やタッチレス水栓も標準装備となっている=写真右。
また、糸満市豊崎にある環ハウスグループがおすすめする賃貸併用住宅のモデルハウスも紹介=同左。住宅ローン負担の軽減などのメリットがある点を取り上げている。同社では住宅やアパート建築を検討している方へ長年の実績を生かした相談や提案を行っている。
◆問い合わせ 環ハウスグループ 098-831-9285 営業時間10時~18時
 年中無休(年末年始を除く)  http://www.tamaki-house.co.jp/group/
 
家 具

大川家具グループ THE GRACE  長く使い暮らし快適に


マイホームを購入して新生活をスタートする上で、快適な暮らしに大きく関わるのが家具。海外トップブランドをはじめ国内メーカーの限定商品など充実の品ぞろえをしているのが、リビングデザインスクエア泡瀬の2階「THE GRACE(ザ グレース)」=写真。「長く使える良い家具を!」をコンセプトに、今の時代に合ったデザインの商品を、幅広い価格帯で取りそろえている。
番組では今人気のインテリアを紹介。アジアのリゾートをイメージした家具は麻や木綿など素材の質感で温かさを演出する。ヨーロッパのブランドは曲線や色使いに特徴があり、国内メーカーでは高級感ある家具の産地、飛騨高山の匠ブランドなど、どれも魅力的で部屋の雰囲気ががらっと変わりそうなものばかり。
副店長の前堂仁志さんは「インテリアはライフスタイルを彩ってくれるもの。自宅にある家具に1アイテム組み合わせるだけでも印象が変わる。新しい提案をするのが私たちの仕事」と説明。幅広い品ぞろえならではのコーディネート力に自信を見せた。
◆問い合わせ 098-930-4700 営業時間10時30分~20時
 年中無休  http://thegrace.jp/
 
木造住宅

プレステージホーム沖縄  常識変える木造住宅


国内外で建築資材事業と住宅事業を手掛ける「すてきナイスグループ」。グループ会社・プレステージホーム沖縄は沖縄の常識を変える安心、安全な木造住宅を提供する。
これまで、沖縄では台風による建物の耐久性への不安、塩害やシロアリ被害の懸念から、木造住宅よりもコンクリート住宅が好まれる傾向があった。同社の早乙女和香さんは「不安解消のためにシロアリ30年保証で、入居後10年間は毎年、その後は30年目まで2年半ごとに点検する。万が一、シロアリ被害があったとしても無償で補修する」と説明。「台風の多い沖縄だからこそ、60㍍を超える風速を想定した構造で、国土交通省が定める住宅性能評価の耐風等級で最高ランクを獲得した」とアピールする。
最高ランクが取得できるのは、厳選された木材と専用接合金物を使った「パワービルド工法」。阪神淡路大震災級の揺れに耐えられるだけでなく、専用接合金物は特殊防さび処理で塩害対策も万全。海外からも注目されるという。
窓、屋根、壁面など建物全体に断熱性の高い素材を使用しており夏は涼しく、冬は暖かい。木造ならではの良さが体感できる沖縄の気候風土に対応した木造住宅だ。
◆問い合わせ 同社アワセベイモデルハウス 0120-714-155 営業時間10時~18時
 定休日:水曜日  http://www.prestige-okinawa.com/model/awasebei/index.html
 
住宅ローン

琉球銀行  ニーズに合わせ商品充実


  琉球銀行では県内7カ所のローンセンター+(プラス)で、専門資格を持つスタッフが住宅資金の借り入れ相談に対応する。
その中で、ニーズに合わせたさまざま商品を提供。例えば、預金した分だけ借入利息が戻る「キャッシュバックローン」、現金で住宅購入を検討する場合は、住宅ローン減税を有効に利用できる「住宅取得応援ローン 住まいるくん」、完済後も老後資金の借り入れが可能な「りゅうぎんリバースモーゲージ ゆうゆう人生60」などがある。
また、今年5月からは返済期間が最長50年以内に延長。月々の返済額が軽減され、ゆとりある返済が可能となった。顧客の評判も上々で、「ローンの毎月返済額がアパートの家賃並みに抑えられ、20代でマイホームを取得できた」と喜びの声も届いているという。
インターネットバンキングのメリットも紹介。契約すれば借入残高や返済条件などの「契約内容の照会」「一部繰り上げ返済」などがネット上で可能に。手数料も無料となる。
◆問い合わせ 琉球銀行 営業統括部 0120-19-8689 営業時間9時~17時(受け付け)
定休日:銀行休業日と同じ http://www.ryugin.co.jp/kariru/loanguide/ichiran_loan.html
 
オール電化

沖縄電力・オール電化体験施設 「カエルぴあなは」  安心・快適ライフを提案


沖縄電力が提案するオール電化。給湯をエコキュートまたは電気温水器にして、キッチンでIHクッキングヒーターを使用することで、家中のエネルギーを全て電気でまかなう。こきざみインディアンが訪れた「カエルぴあ なは」では多くのオール電化機器の体験ができる。
IHクッキングヒーターは天板がフラットなので、調理後のお手入れが簡単。食材などを並べてスペースの有効活用ができるほか、立ち消えや着衣への着火の心配もないなど、安心で快適だ。また、火力の強さもポイント。常温の水が沸騰するまでの時間も番組で実演している。
さらに、オール電化の割安な料金メニューに加入できることに加え、ガスや灯油を併用する場合と比べて、熱源が一本化されるため光熱費が大幅に安くなるケースも。「経済的にもお得で家計に優しい」という声があるという。
沖縄電力ウェブサイトでは、オール電化を取り入れた場合の光熱費シミュレーションも可能。スマートフォンやタブレットでも簡単にお試しできる。番組では実際にリポーターのさーねーさんが実家をシミュレーションし、その結果に2人とも驚いていた。
◆問い合わせ070-5819-0984 営業時間10時~18時
定休日:月曜日、旧盆、年末年始 http://www.kaeru.tv/exp/index.html
 
マンション

松山産業 フリーベル曙  工夫凝らし子育て支援


子育て支援マンションとは、「子どもを育てやすい環境、立地、設備が整っているか」を地方自治体や民間企業が独自の基準で審査し、認定された建物のこと。
松山産業ではミキハウス子育て総研の設定した、子育てに優しい住まいと環境に関する100項目の厳しい基準をクリアした『フリーベルシリーズ』を手掛けている。現在、第4弾となる「フリーベル曙」を販売中だ。
特徴は「対面型キッチンで、料理をしながらリビングが見渡せる」=写真上、「造り付けの家具の角がとがっていない」=同下、「お風呂の床に滑りにくい素材を使用」「床・壁の防音性が高い」など、小さな子どもがいる家庭にうれしい設備が充実。学校や公園、病院やスーパーなども近く、生活環境に恵まれている。
また、住まいに流れる全ての水にこだわり、二重ろ過方式の「良水工房」で水道水に含まれている塩素を低減。安心でおいしい水を年中使用できるのも魅力的。子どもの健やかな成長を願う家族の理想を凝縮した住まいだ。
◆問い合わせ 098-868-1875 営業時間9時~18時
年中無休  http://www.matsuyamasangyo.com/

 
●リポーター

各社を紹介するエリナさん(左)とこきざみインディアン


放送終了後はYou Tubeにアップ。RBCホームページからもご覧いただけます
 
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1595号・2016年7月29日紙面から掲載
 

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:827

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る