【沖縄】幸せ探し家探し2021|「RBC家探し」|(有)真玉橋設計事務所|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年12月31日更新

【沖縄】幸せ探し家探し2021|「RBC家探し」|(有)真玉橋設計事務所

タイムス住宅新聞社と琉球放送のコラボで12月30日に放送した「幸せ探し家探し2021」。その見どころをまとめて紹介! 

幸せ探し探し2021

長~く暮らすからこそ「機能的」で「美しい」家に
(有)真玉橋設計事務所


「見える化」でコスト最適に

8年前に手掛けた住宅は、アイランドキッチンで大人数でも料理が行え、リビングは庭との一体感がでるよう設計した(2015年・タイムス住宅新聞取材当時)

誰もが憧れる「機能的で美しい家」。それをモットーに注文住宅を手掛けてきた真玉橋設計事務所は、注文住宅の強みを「土地の形状や家族のさまざまな要望に合わせられること」と話す。

例えば、8年前に建築した住宅では、広々としたキッチンを生かして、夫人がパン教室を開いている。リビングが庭とつながり、ペットにもうれしい造り=上写真。

また、恩納村で手掛けた店舗併用住宅では、施主がカジュアルレストラン「リュイール」を開く。住まいはミニマムに、店舗は目の届きやすい広さにしてもらい、「効率良く仕事がこなせる」と、施主は喜ぶ=下写真。

一方で気になるのがコスト。真玉橋設計事務所は「分離発注方式」によるコストの「見える化」を強みとしている。分離発注方式とは、水道や内装といった家造りで必要な工事について、施主が専門工事事業者と直接契約すること。ハウスメーカーが工事事業者に一括発注する一般的な方式と違い、「何にどれだけのコストがかかっているか」が見えやすく、コストの最適化が図りやすいという。


シンプルでモダンな外観の住宅。夜はライティングで建物を美しく見せる


恩納村の併用住宅は、真っ白な建物に鮮やかなブルーの看板がアクセント。建物が地面から浮くようなデザインになっている

DATA
(有)真玉橋設計事務所
http://www.madanbashi.com
沖縄市美里6-4-16
電話098-937-2777
年始は1月4日(火)から営業


 

幸せ探し探し2021
各社ラインナップ
(株)福地組
ロイヤルハウス那覇店(有)イスト

沖縄県生コンクリート工業組合
大晋建設株式会社


 
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1878号 第2集 ・2021年12月31日紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1287

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る