軽井沢ガーデン散歩|イングリッシュガーデン in 沖縄|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

庭・garden

2019年9月20日更新

軽井沢ガーデン散歩|イングリッシュガーデン in 沖縄

イングリッシュガーデン in 沖縄[vol.17]今回は、8月上旬に北めぐみさんが訪れた長野県のガーデンを紹介。避暑地として知られる軽井沢はイングリッシュガーデンのような庭がいくつもあり、参考にしたいアイデアが満載だったそうです。


▲こちらは長野県にあるガーデン。イネ科のグラス類などが多品種植えられています。ナチュラルガーデンには、野性味あふれる植物が計算ずくのバランスで植栽されています。華やかなお花を植えたくなりますが、シーンによって植物を選ぶことで自然な景色を演出できます


▲同じく長野県のガーデン。木々の間からのぞく湖の手前にはアガスターシェ、キキョウ、カクトラノオ、エキナセアなどが調和。もともと自生していたかのように、バランスよく植えられています

マネしたい技が満載
毎年夏には、勉強を兼ねて長野県に出掛けています。夏の高温期が短く、寒冷な長野県には、私の憧れるイングリッシュガーデンのようなステキなお庭がいくつもあります。

比較的、草丈の高い宿根草や一年草があふれんばかりに咲いている花園のようなお庭に、園路や壁面に沿った迫力のボーダーガーデン、自然の木々や野性味あふれる植物を生かしたナチュラルガーデンなど、さまざまなお庭があり、取り入れたいアイデアが詰まっています。

長野のガーデンが一番ステキな時期は6月下旬~7月中旬です。このころはバラも見ごろです。今年は8月に行ったので、最盛期は過ぎていましたが、初夏に見ごろを迎える花々がキレイでしたのでご紹介します。沖縄では栽培できない植物もありますが、似たような植物を選べば同じような雰囲気が出せるので参考にしています。

何度訪れても飽きない長野のガーデンめぐり。初夏も良いですが、10月~秋の気配のガーデンもステキですよ♪



▲これはチョウセンヨメナかな?はっきりした名前は分かりませんが、キク科のお花がいたるところに咲いていました



▲キキョウは紫色が一般的ですが、ピンクの品種もステキ。沖縄では草丈はここまで伸びませんが、栽培はできます



▲小さなひまわりみたいな黄色の花が夏にぴったりなルドベキア。見ているだけで元気をもらえます


秋の気配を感じる草っぽい植物
ナチュラルガーデンにピッタリな植物を紹介します。これって草? と思われるかもしれませんが、ワイルドな魅力があり、アクセントに植えるといい雰囲気になります。秋のイメージにもぴったりですよ♪


▲ラグラスは、ウサギのしっぽみたいなフワフワの穂でガーデンの人気者!



▲カレックスという一見枯れているような(シャレ?)ブラウンの植物。おしゃれで園芸種として人気


▲銅葉と穂が美しいイネ科のパープルファウンテングラス。寒さに弱いですが、沖縄ではよく育ちます。大きくなり過ぎないよう株分けをしましょう



きた・めぐみ/浦添市でガーデニングショップ「庭のおくりもの」を営む。ガーデン施工や庭づくりを通し、沖縄を花いっぱいにするのが目標! 現在はガーデン施工が立て込んでおり店は休業中。11月からはオープン予定(営業日は木・金・土曜日)098-878-0355
ブログniwano22.ti-da.net
 



イングリッシュガーデン in 沖縄


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1759号・2019年9月20日紙面から掲載

庭・garden

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
東江菜穂

これまでに書いた記事:192

編集者
週刊タイムス住宅新聞、編集部に属する。やーるんの中の人。普段、社内では言えないことをやーるんに託している。極度の方向音痴のため「南側の窓」「北側のドア」と言われても理解するまでに時間を要する。図面をにらみながら「どっちよ」「意味わからん」「知らんし」とぼやきながら原稿を書いている。

TOPへ戻る