12月上旬の北さんの庭の様子|イングリッシュガーデン in 沖縄|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

木立

家づくりのこと

庭・garden

2018年12月21日更新

12月上旬の北さんの庭の様子|イングリッシュガーデン in 沖縄

イングリッシュガーデン in 沖縄[vol.8]ガーデニングシーズン本番。種まきや植え付けなど、やることいっぱい。北めぐみさんは、「この時期に種をまき、『沖縄生まれ、沖縄育ち』にすると、丈夫に育ちます」とアドバイスします。

北さんのオキナワンガーデンダイアリー​



12月上旬の北さんの庭の様子


栄養系(種から増やすのではなく、挿し木や挿し葉などで増やした植物)の「サルビア」「アメジストセージ」パープルの「ペンタス」が咲きそろって、とても華やかです。温暖な沖縄では、こういう植物を植えておくと一年中花が絶えず美しいですよ。


バラの枝に絡まる「ツンベルギア」。種まきから2年目の今年はいっぱい咲きました! つるバラは根元が寂しくなりがちなので、「クレマチス」やつる性の植物を植えるのもオススメです。


「ローズリーフセージ」をメインに、いろいろなピンクの花が咲きそろいました! お庭の植栽もフラワーアレンジメントと同じ感覚で、互いを引き立てあう植物を植えるとステキにまとまりますよ♪



イングリッシュガーデン in 沖縄


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1720号・2018年12月21日紙面から掲載

庭・garden

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
東江菜穂

これまでに書いた記事:127

編集者
週刊タイムス住宅新聞、編集部に属する。やーるんの中の人。普段、社内では言えないことをやーるんに託している。極度の方向音痴のため「南側の窓」「北側のドア」と言われても理解するまでに時間を要する。図面をにらみながら「どっちよ」「意味わからん」「知らんし」とぼやきながら原稿を書いている。

TOPへ戻る