【企画特集】沖縄の木造住宅9社|株式会社 秀建工業|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2024年6月7日更新

【企画特集】沖縄の木造住宅9社|株式会社 秀建工業

県内では年々木造住宅のニーズが広がっている。その理由は建築コストだけでなく、健康へのこだわり、省エネへの関心、居心地の良さなどさまざまだ。また、昨今では住まいへの防災意識も高まり、耐震性の向上も木造住宅を考える上で重要な要素となっている。今週はそんな機能も快適も追求した魅力あふれる木の家を提案してくれる9社を紹介!



【株式会社 秀建工業】

開放的な「オールひのきの家」

柱梁を隠さない「真壁づくり」の室内


吹き抜けのLDKは上階のロフトまでつながり、開放感あふれる空間。柱や梁、床、屋根裏から見えない土台までひのきを使用。シーリングファンを設置し、冷暖房の効きも一段と高めている


 「オ ールひのきの家」を提供する秀建工業(崎濱秀昭代表)。在来軸組工法とパネル工法を組み合わせ、強固な造りに。柱・梁(はり)などの骨組み、壁・床の面が一体となり住宅を支えることで、台風や地震に強い。

また、構造体には国産ひのきを使用。崎濱代表は「ひのきは自身が持つ抗菌作用のおかげで腐りにくい。耐久性が高くなることから『木の王様』と呼ばれ、日本の木造建築物に使われてきました。ひのきの力は世界最古の木造建築である法隆寺が約1400年以上、現存し続けているのが物語っています」と説明する。

また、木は湿度が高いときは水分を吸収し、湿度が低いときは放出する調湿性能を備える。「梅雨時期は室内外で湿度や温度に大きな差がでて、結露しやすい。結露はカビの原因にもなり、住み手の健康に悪影響を与えてしまう」。ひのきの調湿作用を最大限に生かすため、同社は柱・梁があらわになった「真壁づくり」を採用。さらに、断熱材で家全体を覆う外張り断熱で、住宅を魔法瓶のように。「気密性はもちろん、高防湿・高断熱タイプの断熱材を使っているため、省エネ性能が非常に高い。夏は涼しく冬は温かい住宅です」と崎濱代表。施主からは「梅雨のジメジメを感じない」「冬は床の底冷えがしなくなった」と好評だ。



LDKに隣接した和室は腰掛けるのにちょうどいい小上がりで、畳下は大容量の収納スペースを完備。子どもの遊び道具もすぐに片づけられ、室内をスッキリ見せる


省エネ認証は最高位

省エネ認定制度には国交省のガイドラインを基に作成された「BELS(ベルス)」がある。「自社では同制度の最高ランク5つ星を標準プランでも取得できるが、自由設計でも可能。家族要望に合わせたプランをご提案します」。また住設備にもこだわり、照明は全てLEDで省エネに加え、電気代も削減。換気フードは外風雨侵入対策型(重塩害対策)を設置し、台風時の強風による逆風の負担を抑えつつ、エネルギー効率を高めている。


「真壁づくり」に加えて、屋根の骨組みが印象的な寝室

ひのきは構造体以外にも、床や扉、棚など家中に使っている。崎濱代表は「ひのきの香りには自律神経を整え、血圧低下や脈拍の乱れを減少などリラックス効果があり、睡眠の質を向上。さらに、防虫・殺菌効果により、小さい子供がいる家庭でも安心して過ごせます」と胸を張る。

同社の家づくりは八重瀬町にあるモデルハウスで体験できる。崎濱代表は「ひのきをふんだんに使い、工法や高性能の設備などと組み合わせた進化し続ける『オールひのきの家』の良さを実際に五感で感じてほしい」と呼びかけた。


↓画像をクリックして、ホームページをご覧ください。



【企画特集】沖縄の木造住宅9社
◯有限会社ラムハウジング|心身ともにリラックス
◯有限会社イスト|災害に強く、家計に優しい
◯夢ハウス 沖縄店|“天然無垢材”×独自技術
◯琉球ストーク株式会社|子育て世代の夢をカタチに
◯T home 株式会社|湿気の悩み家づくりで解決
◯木住いTECグループ|丈夫な木造 手にしやすい価格で
◯リード・アーキテクト 株式会社|見えない場所まで健康に配慮
◯株式会社 新洋|見えない構造まで大切に


毎週金曜日発行「週刊タイムス住宅新聞」
第2005号・2024年06月07日紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2181

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る