【企画特集】沖縄の木造住宅9社|木住いTECグループ|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2024年6月7日更新

【企画特集】沖縄の木造住宅9社|木住いTECグループ

県内では年々木造住宅のニーズが広がっている。その理由は建築コストだけでなく、健康へのこだわり、省エネへの関心、居心地の良さなどさまざまだ。また、昨今では住まいへの防災意識も高まり、耐震性の向上も木造住宅を考える上で重要な要素となっている。今週はそんな機能も快適も追求した魅力あふれる木の家を提案してくれる9社を紹介!



【木住いTECグループ】

丈夫な木造 手にしやすい価格で

グループ3社の強み生かし坪55万円
 
木住いTECグループが手掛けた木造2階建て住宅の1階LDK。化粧梁が目を引く室内は天井が高く、リゾートホテルのような雰囲気。天井に取り付けたシーリングファンが空気の流れを生み出す


 「丈 夫で良質な木造住宅を手に入れやすい価格で」がコンセプト。那覇市を拠点に木造住宅の設計と施工を請け負うプロ集団が「木住(きすま)いTEC(テック)」グループだ。広報を担うヒロ・エンタープライズCoの村本宏也代表は、「資材建材や人件費の高騰などで住宅がどんどん高額化し、一般消費者が取得しづらい状況を打破したいと考えたのが設立のきっかけ。例えば30坪2階建てなら坪単価55万円で建てられます」と胸を張る。

それを可能にするのが、参加企業3社の強みを生かした住まいづくりだ。資材・建材を調達するのは、創業67年の実績を誇る「赤嶺光一材木」。設計・施工管理は、木造建築にたけた工務店を渡り歩いた代表が、地元糸満で住まいづくりを手掛ける「なおよし」。広報・営業は、県内外で注文住宅から建売販売、リノベーション、不動産コンサルを行ってきた「ヒロ・エンタープライズCo」が担当。施工は持ち回りで担う。

赤嶺光一材木の赤嶺賢吾代表は「長年、沖縄の木造住宅建築に携わるノウハウとネットワークを生かし、取引先情報も開示し合うなどして調整。価格の適正化につなげています」と説明。なおよしの上原尚也代表も「木材の規格寸法を考慮した設計を心掛ければ、自由設計でもムダを省いて施工性を上げ、工期が短縮できます」と笑顔で話す。



モダンな外観と庭の芝の緑がマッチ。全体的に落ち着いた雰囲気ながら、木調のドアがアクセントに


選べる仕様

住宅は、木造軸組をベースに耐震金物で耐風性や耐震性を強化。窓は断熱性の高い複層ガラスを使い、基礎パッキンや木材への防蟻剤散布でシロアリ補償10年付きを標準仕様としている。

オプションで、さらに耐久性を高めることも。村本さんは「高い防腐・防蟻効果や木材の収縮抑制作用がある薬剤を使うのが特徴。これを木材に加圧注入し、配管の隙間などコンクリートの貫通部分すべてに塗布することでシロアリをシャットアウト。強度も維持できます」と説明する。


オプションで特殊な薬剤を加圧注入するなど「ハウスガード」処理された木材は、人体に影響がなく、水槽に入れても金魚が元気に泳ぐ

問い合わせは「赤嶺光一材木内木住い事務局」、電話=098・853・1383。


↓画像をクリックして、ホームページをご覧ください。



【企画特集】沖縄の木造住宅9社
◯有限会社ラムハウジング|心身ともにリラックス
◯有限会社イスト|災害に強く、家計に優しい
◯夢ハウス 沖縄店|“天然無垢材”×独自技術
◯琉球ストーク株式会社|子育て世代の夢をカタチに
◯T home 株式会社|湿気の悩み家づくりで解決
◯株式会社 秀建工業|開放的な「オールひのきの家」
◯リード・アーキテクト 株式会社|見えない場所まで健康に配慮
◯株式会社 新洋|見えない構造まで大切に


毎週金曜日発行「週刊タイムス住宅新聞」
第2005号・2024年06月07日紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2181

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る