[沖縄]県内9社が取り組むSDGsの提案!|(株)福地組「ココウチ・リノベーション」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2022年12月30日更新

[沖縄]県内9社が取り組むSDGsの提案!|(株)福地組「ココウチ・リノベーション」

持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標「SDGs」。県内の企業も、地球環境への負担を減らしながら長く・心地よく暮らせる住まいや街づくりに取り組んでいる。ここでは、建設業や資材・設備販売、銀行や不動産業など県内9社のSDGsに配慮した商品やサービス、取り組みを紹介する。

   
環境・家計に優しい住まいを提案

同社が提供する機能性住宅「ココウチ」。安全性や機能性を評価された「設計住宅性能評価」で、「断熱等級5(UA値0・45以下)」、「一次消費エネルギー等級6」を全棟実現
同社が提供する機能性住宅「ココウチ」。安全性や機能性を評価された「設計住宅性能評価」で、「断熱等級5(UA値0・45以下)」、「一次消費エネルギー等級6」を全棟実現

(株)福地組は早くから、「省エネルギーな住まい」「中古物件の活用」「女性の活躍を促す職場環境」などに取り組んできた。

具体的には「機能性住宅『ココウチ』の提供に力を入れている。家全体を断熱材ですっぽり覆いつつ、床下から屋根へ空気の通り道をつくるなど、独自の工法で室内の温湿度を一定に保ち省エネルギーを実現している」と同社の金城秀周さん。太陽光発電システムを加えると「ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)になる。2025年までには当社が供給する一戸建て住宅の50%以上をZEHにしたい」

そして21年には、新会社「リノベース」を設立。リノベ事業を本格化させた。「住宅やビルなどを用途に合わせて再生するだけでなく、中古物件探しからアフターケアまでワンストップで行う」と堀川大さん。

また、女性が活躍しやすい環境として厚生労働大臣から「えるぼし」二つ星の認定を受けたほか、県が実施する「おきなわSDGsパートナー」にも登録している。ほかにも、福地組が取り組んでいるSDGsの詳細はこちらより確認できる。

リノベーションを普及する新たなグループ会社、(株)リノベースを設立。中古物件の活用にも力を注ぐ
リノベーションを普及する新たなグループ会社、(株)リノベースを設立。中古物件の活用にも力を注ぐ


DATA
(株)福地組
嘉手納町字水釜112
電話098・956・1437
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:第2・4土曜、日曜、祝日

同社HP https://www.fukuchigumi.co.jp/

関連記事:沖縄銀行「住宅ローン」
     沖縄協同ガス「産業用ガスボイラーへ燃料転換」
     (株)アーキラボラフィット「省エネリノベーション」
     (株)WILL「インスペクション」
     (株)屋島組「PC住宅」
     (有)パンテックコーポレーション「ビッゴシリーズ」
     (有)ヨシダ工業サービス「スマートカーテン」
     (株)グレイス「マキシオン太陽光発電システム」

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1930号・2022年12月30日(第2集)紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2189

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る