[沖縄]県内9社が取り組むSDGsの提案!|沖縄銀行「住宅ローン」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2022年12月30日更新

[沖縄]県内9社が取り組むSDGsの提案!|沖縄銀行「住宅ローン」

持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標「SDGs」。県内の企業も、地球環境への負担を減らしながら長く・心地よく暮らせる住まいや街づくりに取り組んでいる。ここでは、建設業や資材・設備販売、銀行や不動産業など県内9社のSDGsに配慮した商品やサービス、取り組みを紹介する。

   

金利を優遇 環境に配慮した住宅の促進


沖縄銀行の住宅ローンは、増改築や土地の購入など、目的に応じてローンを選ぶことができる。その中で、脱炭素社会実現に向けた取り組みとして、環境に配慮した住宅向けのローンも提供している。設備の効率化や太陽光の活用などで、エネルギー消費量の年間収支を実質ゼロ以下にする「ZEH(ゼッチ)住宅」と給湯や厨房(ちゅうぼう)、冷暖房の設備を全て電気でまかなう「オール電化住宅」が対象。

「ZEH対象住宅ローン」は、借り入れの当初5年間年利0・5%の特別固定金利適用など2種類の金利優遇プランから選択できる。

「オール電化住宅ローン」は、実行予定金利より年利0・1%を優遇。さらに特典として、沖縄電力グループの沖縄新エネ開発が提供する太陽光と蓄電池無償設置サービス「おきでんかりーるーふ」の利用条件の一部も緩和。太陽光パネルや蓄電池の導入を促す。

沖縄銀行営業推進部の上地さんは「金利優遇により住宅ローンを利用しやすくすることで、環境に配慮した住宅の普及に貢献したい」と話す。

住宅ローンの仮審査は沖縄銀行のHP内にある「おきぷら」で24時間Web申し込みが可能。
 


Webでの仮審査などができる「おきぷら」。詳細は画像をクリック


DATA
沖縄銀行営業推進部
那覇市久茂地3ー10ー1
電話098・869・1345

ホームページ https://www.okinawa-bank.co.jp/

関連記事:沖縄協同ガス「産業用ガスボイラーへ燃料転換」
     (株)アーキラボラフィット「省エネリノベーション」
     (株)WILL「インスペクション」
     (株)福地組「ココウチ・リノベーション」
     (株)屋島組「PC住宅」
     (有)パンテックコーポレーション「ビッゴシリーズ」
     (有)ヨシダ工業サービス「スマートカーテン」
     (株)グレイス「マキシオン太陽光発電システム」


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1930号・2022年12月30日(第2集)紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2157

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る