[お住まい拝見+]手持ちの家具とDIYで収納|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2021年3月26日更新

[お住まい拝見+]手持ちの家具とDIYで収納

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2021年3月」より掲載)

手持ちの家具とDIYで収納

1837号「新築で外人住宅再現」竹下さん宅/(株)アトリエ海風
ペンキを塗っただけの簡素な内装やあえて傷を付けたコンクリートが古い外人住宅を思わせる竹下さん宅。収納は設計時点でスペースだけを確保し、手持ちの家具や趣味のDIYで整えているのが印象的だ。LDの一角にある約1坪のスペースは、壁や天井にまでフックなどを取り付けて、無駄なく趣味道具を収納する。寝室隣のクローゼットは年季の入った引き出しや木材で作った収納が、古着屋のディスプレーのよう。竹下さんは「存分に趣味を楽しみながら収納している」と話した。
 

寝室隣のクローゼットはまるで古着屋のよう。天井まで届く収納棚は「勾配に合わせて作るのが難しかった」と竹下さん


キッチンの収納棚も竹下さん作。レトロな食器が並ぶ。コンクリートの調理台はモールテックスという左官材で仕上げた。ソフトな肌触りと水はけのよさが特徴
 

LDの一角に設けた収納スペースは壁も天井も有効活用。木や鉄筋で作ったフックにスポーツ用品を引っ掛ける。まさに男の趣味部屋といった雰囲気


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1838号・2021年3月26日紙面「今月の表紙から 2021年3月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:103

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る