[お住まい拝見+]外は和風 室内は北欧風 柔軟な空間|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2021年2月26日更新

[お住まい拝見+]外は和風 室内は北欧風 柔軟な空間

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2021年2月」より掲載)

外は和風 室内は北欧風 柔軟な空間

「中庭に開く安らぎの木造」|石嶺さん宅|石躍健志建築設計事務所

中庭を囲むコの字形の石嶺邸。家族4人と愛猫2匹が伸び伸びと暮らす約22坪の木造住宅だ。

日本家屋のような木格子の門扉を開けると中庭がある。扉の格子の幅は、「猫が通り抜けられないようよう計算して造ってもらった」と石嶺さん。

中庭は友人の庭師・岩村浩生さん(庭と建築ハーベストハイ!)に依頼。石と緑が織りなす和庭に、夫人の実家からもらってきたスミレやシダなども植栽。なじみ深い植物に加え、石嶺さんの実家で使っていた年代物の石臼も飾りとして使用。素朴で温かい雰囲気が漂う。

室内は、木をふんだんに使いながらも「丸ごと木、という感じにはしたくなかった。メリハリをつけてほしいとお願いした」と夫人。随所に白壁を取り入れて優しい雰囲気にした。外観や庭は和風だが、室内だけを見ると白壁の効果で北欧風にも感じる。見る場所によって印象が変わるのも石嶺邸の面白さだ。

家具はほとんど造り付けた。棚やテレビ台は「あえて作り込まず、余白を残してもらってベンチとしてもデスクとしても使えるようにしています」と話した。

室内は白壁や家具などの効果で北欧風にも感じる

石嶺邸の外観。全面杉板張り

門扉を入るとすぐ中庭がある。写真右側の石は、石嶺さんの実家にあった石臼。素朴だが趣を感じ

 
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1834号・2021年2月26日紙面「今月の表紙から 2021年2月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
東江菜穂

これまでに書いた記事:244

編集者
週刊タイムス住宅新聞、編集部に属する。やーるんの中の人。普段、社内では言えないことをやーるんに託している。極度の方向音痴のため「南側の窓」「北側のドア」と言われても理解するまでに時間を要する。図面をにらみながら「どっちよ」「意味わからん」「知らんし」とぼやきながら原稿を書いている。

TOPへ戻る