今回のリビングショウで注目の商品は?記者が気になった製品をピックアップ!|気になるコト調べます!㉖|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

住まいに関するQ&A

2017年10月27日更新

今回のリビングショウで注目の商品は?記者が気になった製品をピックアップ!|気になるコト調べます!㉖

2017年10月20日から22日にかけて、沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)で開かれた「第31回沖縄県トータルリビングショウ」。県内外から57社が集まり、さまざまな商品を出展した。その中から建材やプレゼンシステム、省エネアイテムなど、県内で出始めたばかりの新技術が光る4商品を紹介する。

新たな技術で住まいに提案

ロートアルミ製品(晶成産業)
窓回りをおしゃれに守る
さびにくく軽いアルミで鉄の趣


昨年、糸満市に事務所を構えた晶成産業(本社・千葉県)のブースで目を引いたのはロートアルミ製の窓格子=写真。沖縄営業所の秦健太郎所長は「窓回りをおしゃれに演出しながら、台風による飛来物や不法侵入から家を守ることができる」と話す。
デザイン性の高いヨーロッパの鉄工芸「ロートアイアン」をアルミで表現しているため、軽くて、さびにくいのが特長。特殊な塗料を焼付け塗装することにより、鉄の雰囲気を持たせつつ、耐久性も高めている。格子のほか、門扉や手すりなどもある。

ロートアルミ製品(晶成産業)

<問い合わせ>
晶成産業沖縄営業所
098-894-6017



省エネアイテム「冷暖くん」(財全エネシフト)
載せるだけで電力削減
エアコンの働きを効率良く


財全エネシフトが紹介していたのは、エアコンの省エネ効率を良くする「冷暖くん」=写真。薄いマット状で、エアコンのフィルターに載せるだけで、使用電力を10~30%ほど削減できるという。
メーカーであるPersh(パーシュ)のデータ解析エンジニア・安原直昭さんは「エアコンは設定温度に達するまでに大きな電力が必要。冷暖くんを設置すると、熱移動をしやすくする成分が熱交換器に作用し、より早く設定温度に達することができる」と説明する。事業用と家庭用の2サイズがある。

省エネアイテム「冷暖くん」(財全エネシフト)

<問い合わせ>
財全エネシフト
098-870-6606



新工法「テクノストラクチャー」(大成ホーム)
木と鉄のハイブリッド工法
木造でも最大10メートルスパン


大成ホームは、木と鉄の複合梁「テクノビーム」を使った木造の新工法「テクノストラクチャー」を展示=写真。
「一般的な木造よりも広い空間をつくりやすく、平屋なら最大10メートルのスパン(柱と柱の距離)も可能」と話すのは、同製品を提供するパナソニックリビング九州の取締役副社長で沖縄支店長の小路純一さん。388項目の強度チェックなど緻密な構造計算で、耐震・耐風等級も最高レベルとなっている。

新工法「テクノストラクチャー」(大成ホーム)

<問い合わせ>
大成ホーム
0120-21714-6
パナソニックリビング九州沖縄支店
098-878-6363



住宅プレゼンシステム「ALTA」(沖縄トータル・プレカット・システム)
手書き図面を自動でパース化
施主の手間軽減にも


沖縄トータル・プレカット・システムのブースで注目を集めていたのが、住宅プレゼンシステム「ALTA(アルタ)」。カメラ付きの専用ペンで描いた手書きの平面図から、3Dパースを自動で作成する。データを取り込んでおけば家具や建具も配置できるほか、木造であれば柱や梁(はり)など必要な木材の本数が分かり、見積もり金額まで出せる。さらに、構造計算上、問題がある場合は「エラー」として知らせる。
 開発したコンピュータシステム研究所建築事業部の宮崎渉課長代理は「操作は簡単なので、打ち合わせしながらその場で提案・修正ができる。図面やパースの確認が一度にでき、打ち合わせの効率化も図れる」とPR。実演では、平面図を描くところからパースの完成まで1~2分でできた。

住宅プレゼンシステム「ALTA」(沖縄トータル・プレカット・システム)
画面に映るパースは、手前にある手書きの平面図を基にしたもの

<問い合わせ>
沖縄トータル・プレカット・システム
098-923-5100



気になるコト調べます!一覧


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1660号・2017年10月27日紙面から掲載

住まいに関するQ&A

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:759

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る