【第5回沖縄建築賞】住宅部門 正賞「アカジャンガーの家」(うるま市)/設計:金城豊(門一級建築士事務所)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

沖縄建築賞

2019年5月24日更新

【第5回沖縄建築賞】住宅部門 正賞「アカジャンガーの家」(うるま市)/設計:金城豊(門一級建築士事務所)

県内の優秀な建築物・建築士を表彰する「沖縄建築賞」(主催/同実行委員会)。全26作品の中から、第5回の入賞作品6点が決定した。住宅部門正賞には金城豊氏の「アカジャンガーの家」が、一般建築部門正賞には宮城江利奈氏の「オアシスバンク」が選ばれた。

第5回沖縄建築賞入賞作決まる

住宅部門正賞に輝いた、金城豊氏設計の「アカジャンガーの家」。周辺環境に寄り添った敷地計画で地域とつながり、「地域の記憶」の再現を試みた。建物にはあらゆる向きからの光や風を取り入れるため、たくさんの凹凸がある


開放的なLDK。天井高は3.5メートル、テラスに面した左手の窓は開け放てば約7メートルの大きな開口となる。正面奥のトップライトや、右手の中庭など、さまざまな方向から明るい光が入る


LDKでの新築祝いの様子。金城氏は「地縁・血縁を大切にする文化を表す場として、風通しがよく、天井の高い仏間のある空間を計画した」。正面の棚には将来仏壇が入る予定


住宅部門 正賞
「アカジャンガーの家」(うるま市)

地域の記憶に寄り添う

凹凸駆使して光と風
アカジャンガーとは、うるま市で発掘された貝塚の名称。かつての人々の生活があったことを示す。その近くの住宅街に「アカジャンガーの家」は建つ。設計した金城豊氏は「北東側の道路が通学路になっていることもあり、地域に寄り添う建築を目指した」と話す。

その一つが庭。敷地の東側に配置し、庭を囲むフェンスは道路から50センチセットバック。その部分に琉球列島固有の植物を植栽した。「貝塚の時代の子どもたちが見たであろう風景を、現代の子どもたちも見られるように再現することで、過去の風景を未来につくり、地域の記憶を残せるようにした」。

東に開く敷地計画としたため、採光や通風は建築で工夫。LDK、洗面・浴室、個室と三つに分かれたボックスをつないでいるが、そのつなぎ目部分をずらすことで、建物にはいくつもの凹凸が生まれた=平面図、断面図。金城氏は「凹凸によって全ての部屋が外部と接し、風や光の向きが季節ごとに変化しても室内に呼び込むことができる」。

平面図



▼断面図


施主のOさんは「風通し・開放感・明るさという要望を全てかなえてもらった」と満足そう。審査では「各ボックスや通路、中庭が巧みに配され、内部の天井高やタテヨコのバランスも心地いい」と評価。細かく区切った造りは周囲に与える圧迫感の軽減にもつながる。

審査員は「住宅ではあるが、地域の記憶や環境、社会に寄り添う建築を目指した設計者の挑戦がうかがえる」と評し、住宅部門の正賞に輝いた。


南側から見た外観。凹凸の様子がよく分かる


テラス。目の前の海から気持ちよい風が吹く


設計者代表/金城豊氏(49)
門一級建築士事務所

施主さまとつくり上げたものが評価され、大きな喜びとともにこれからの励みになります。アカジャンガーの家は「地域の記憶」がテーマ。かつての面影を取り入れながら、周囲とのつながりを意識して計画することで、コミュニティーが生まれ、地域の記憶も伝わっていく。今後のテーマにもなっていくと思います。

<第5回沖縄建築賞 入賞作決定>

【住宅部門正賞】「アカジャンガーの家」設計者/金城豊氏、崎浜剛氏(門一級建築士事務所)
【一般建築部門正賞・新人賞】「オアシスバンク」設計者/宮城江利奈氏(渡久山設計)
【タイムス住宅新聞社賞】※正賞に次ぐ作品「Joy Chapel」設計者/福村俊治氏、具志好規氏(チーム・ドリーム)、知花一史氏(国建)
【奨励賞】住宅部門 「楚辺のコートハウス」設計者/池間守氏、崎浜国男氏、古後信二氏、宮城和史氏(エー・アール・ジー)
【奨励賞】住宅部門 「タテのアマハジで繋がる家」設計者/久志直輝氏、國定義弘氏(studio jag 1級建築士事務所)
【奨励賞】一般建築部門 「JTAドーム宮古島」設計者/水間啓氏、上原直樹氏、那根律子氏、東江直司氏(国建)

古市徹雄審査委員長から総評
第5回沖縄建築賞 タイムスビルで全26作品を展示 25日から

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1742号・2019年5月24日紙面から掲載

沖縄建築賞

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:662

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る