【第5回沖縄建築賞】奨励賞・住宅部門「楚辺の コートハウス」(那覇市)/設計者代表: 池間守氏  エー・アール・ジー|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

沖縄建築賞

2019年5月24日更新

【第5回沖縄建築賞】奨励賞・住宅部門「楚辺の コートハウス」(那覇市)/設計者代表: 池間守氏  エー・アール・ジー

県内の優秀な建築物・建築士を表彰する「沖縄建築賞」(主催/同実行委員会)。全26作品の中から、第5回の入賞作品6点が決定した。奨励賞を紹介。ガラス張りの中庭で空間に広がりを持たせたついのすみか、上下の半戸外空間をつなぐ大きな壁が特徴的な住宅、地域の多様なイベントに対応する多目的ドームが選ばれた。

第5回沖縄建築賞の受賞作品

手前の寝室から中庭、リビングダイニング、奥の中庭と1階全体を見通せる。写真右手側にトイレ、洗濯室、キッチン、浴室が並ぶ

奨励賞・住宅部門
「楚辺のコートハウス」(那覇市)

ガラス張りの中庭 生活の場を見通す

開放的なついのすみか
東西に住宅が隣接、後背には隣地の通路がある敷地で「お施主さんの希望も踏まえ、コートハウスを意識しながらの設計になった」と、池間守氏。前面道路から奥へと二つの中庭を挟みながらパブリックからプライベートへ空間が変化する。ガラス張りの中庭と室内の床はフラットにし、グレーのタイル材で統一、「視覚的な一体感を意識した」。1階で生活のすべてが完結し、2階はゲストルームになっている。

審査委員らが注目したのは二つの中庭にはめ込まれた大きな窓。リビングダイニングや寝室から直接出入りする開口部が小さくなり、「屋内外を分断しているのは残念」との声もあったが、「生活の中心になる1階を見通せる開放感」が評価された。

夫婦と高齢の母、愛犬が暮らすため、介護のしやすさを追求して水回りを直線にまとめた。夫人は「車いすでの移動が楽。中庭では安心して老犬の散歩もできるし、孫が来たらプールを置きたい」と話す。

審査では「寝室と浴室が離れているのは難点ではあるが、高齢世帯の参考になるだろう」と奨励賞を送った。


外観。前面道路に面する花ブロックの壁は、目線の高さにあるブロック一つ一つに曇りガラスを目張りした細やかな施工


設計者代表/池間守氏(52)
エー・アール・ジー

受賞できたのは、設計から工事までいろいろな面でご協力いただいた、お施主さんのおかげだと感謝しています。今後も建築を通して、お施主さんの満足と幸せを追求し、創造力を駆使して街並みづくりに貢献できればと思います。



<第5回沖縄建築賞 入賞作決定>

【住宅部門正賞】「アカジャンガーの家」設計者/金城豊氏、崎浜剛氏(門一級建築士事務所)
【一般建築部門正賞・新人賞】「オアシスバンク」設計者/宮城江利奈氏(渡久山設計)
【タイムス住宅新聞社賞】※正賞に次ぐ作品「Joy Chapel」設計者/福村俊治氏、具志好規氏(チーム・ドリーム)、知花一史氏(国建)
【奨励賞】住宅部門 「楚辺のコートハウス」設計者/池間守氏、崎浜国男氏、古後信二氏、宮城和史氏(エー・アール・ジー)
【奨励賞】住宅部門 「タテのアマハジで繋がる家」設計者/久志直輝氏、國定義弘氏(studio jag 1級建築士事務所)
【奨励賞】一般建築部門 「JTAドーム宮古島」設計者/水間啓氏、上原直樹氏、那根律子氏、東江直司氏(国建)

古市徹雄審査委員長から総評
第5回沖縄建築賞 タイムスビルで全26作品を展示 25日から

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1742号・2019年5月24日紙面から掲載

沖縄建築賞

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1074

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る