【第5回沖縄建築賞】奨励賞・一般建築部門「JTAドーム宮古島」(宮古島市)/設計者代表:水間啓  国建|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

沖縄建築賞

2019年5月24日更新

【第5回沖縄建築賞】奨励賞・一般建築部門「JTAドーム宮古島」(宮古島市)/設計者代表:水間啓  国建

県内の優秀な建築物・建築士を表彰する「沖縄建築賞」(主催/同実行委員会)。全26作品の中から、第5回の入賞作品6点が決定した。奨励賞を紹介。ガラス張りの中庭で空間に広がりを持たせたついのすみか、上下の半戸外空間をつなぐ大きな壁が特徴的な住宅、地域の多様なイベントに対応する多目的ドームが選ばれた。

第5回沖縄建築賞の受賞作品

ドーム外観。外壁正面に入れた斜めの柱は、沖縄古民家の竹垣「チニブ」を参考にした構造デザイン。写真右の緑地帯は蒸発散処理設備で地下水を汚さずに汚水処理する​

奨励賞・一般建築部門
「JTAドーム宮古島」(宮古島市)

市民の使いやすさ重視 全天候の多目的ドーム

省エネ・災害時避難に配慮
「スポーツアイランド宮古島」推進の一環でスポーツ観光交流拠点として整備された同ドーム。設計代表である水間啓氏は「市民にとって使いやすい多目的ドームを目指した」。アリーナは約4000平方メートル、フットサルコートが2面取れるほどの広さだ。

立体トラス構造の大屋根の中央には二重膜が張られ、自然光を柔らかく取り込んで日中の電力消費を抑える。また、天井には吸音板を使用して音響効果を高め、音環境は日本武道館並みだという。収容人数に合わせて空調を切り替える設備を導入し、利用者の快適さを重視した。現在、トライアスロン大会の式典だけでなく、地元中学校吹奏楽の演奏会など、幅広いイベントに利用されている。

審査委員らは「熱や音の環境が考えられていて、多目的な利用を可能にした設計。エコアイランドを目指す宮古島で、過剰なエネルギーを使わない環境的配慮がされている」と評価した。

宮古空港からのアクセス道路には太陽光と風でともる外灯が並ぶ。緑地帯も兼ねる汚水処理装置は災害時の衛生面に寄与する機能を有する。



アリーナの様子。人工芝で覆われているが、バスケットボールなど各種イベントに対応するため、イベント用床パネルを常備している




設計者代表/水間啓氏(61)
国建

地域に根差した県内企業として宮古島市の取り組みのお手伝いができ、地元の施工業者と力を合わせて完成した施設を評価していただき、うれしい。たくさんの人が利用していると聞いて感無量です。これからも地元のために尽くしていきたいです。
 


<第5回沖縄建築賞 入賞作決定>

【住宅部門正賞】「アカジャンガーの家」設計者/金城豊氏、崎浜剛氏(門一級建築士事務所)
【一般建築部門正賞・新人賞】「オアシスバンク」設計者/宮城江利奈氏(渡久山設計)
【タイムス住宅新聞社賞】※正賞に次ぐ作品「Joy Chapel」設計者/福村俊治氏、具志好規氏(チーム・ドリーム)、知花一史氏(国建)
【奨励賞】住宅部門 「楚辺のコートハウス」設計者/池間守氏、崎浜国男氏、古後信二氏、宮城和史氏(エー・アール・ジー)
【奨励賞】住宅部門 「タテのアマハジで繋がる家」設計者/久志直輝氏、國定義弘氏(studio jag 1級建築士事務所)
【奨励賞】一般建築部門 「JTAドーム宮古島」設計者/水間啓氏、上原直樹氏、那根律子氏、東江直司氏(国建)

古市徹雄審査委員長から総評
第5回沖縄建築賞 タイムスビルで全26作品を展示 25日から

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1742号・2019年5月24日紙面から掲載

沖縄建築賞

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:759

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る