第1回沖縄建築賞|県内の優秀な建築 表彰|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

沖縄建築賞

2015年2月13日更新

第1回沖縄建築賞|県内の優秀な建築 表彰

県内の優れた住宅や、公共などの一般建築を表彰する第1回沖縄建築賞(主催・同実行委員会)の応募受付が、3月2日から始まる。実行委員長の西里幸二氏(沖縄県建築士会会長)は「建築士の仕事ぶりを広く知ってもらい、沖縄らしい建築のアイデアが集まるいい機会になる」と期待する。

同賞の目的について、西里実行委員長は「建築士の仕事や役割を、県民に広く知ってもらいたい。業界にとっても、業務への意欲や技能を高め、次の時代を担う若手の発掘や育成にもつながる」と話す。
実行委員会は、沖縄県建築士会、沖縄県建築士事務所協会、日本建築家協会沖縄支部、タイムス住宅新聞社の4団体で構成。2015年1月28日に発足した。
応募対象は、過去2年以内に完成した住宅と、過去3年以内に完成した住宅以外の建築物。いずれも県内に建築されていることが条件だ。
「世代や性別を問わず、自分が考える沖縄らしい建築をぜひ提案してほしい」と呼び掛ける。多様な提案が一堂に集まることでの、魅力的なまちづくりへの波及を期待している。
入賞作品は6月8日から同月14日まで、那覇市久茂地のタイムスビル2階ギャラリーで展示される。


西里幸二 実行委員長

 主 催  沖縄建築賞実行委員会
(公社)沖縄県建築士会 (一社)沖縄県建築士事務所協会
(公社)日本建築家協会沖縄支部 (株)タイムス住宅新聞社
 協 賛  建築関係団体(予定)
 特別協力  (株) 沖縄タイムス
 後 援  マスコミ各社(予定)
 
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1519号・2015年2月13日紙面から掲載

沖縄建築賞

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:759

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る