住まいのプロフェッショナル⑨|(株)COOOL(クール)沖縄オフィス|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2023年10月20日更新

住まいのプロフェッショナル⑨|(株)COOOL(クール)沖縄オフィス

エクステリア、家具、住宅設備、ZEHの住まいづくり、庭、防犯カメラなど、快適な住まいづくりに役立つ情報を集めました。理想の住まいづくりや、ライフスタイルのヒントにしてみて!

 冷却人工芝  (株)COOOL(クール)沖縄オフィス

ペットの足裏を守る 快適な人工芝

犬がクールターフの上で遊ぶ様子。寒土による冷却効果で表面が熱くなりにくいため、真夏でも安心して遊べる
犬がクールターフの上で遊ぶ様子。寒土による冷却効果で表面が熱くなりにくいため、真夏でも安心して遊べる
 
寒土が敷き詰められていることでしっかり芝が立つため、大型犬もスリップしにくい
寒土が敷き詰められていることでしっかり芝が立つため、大型犬もスリップしにくい

強い日差しが照りつける沖縄。愛犬を外で遊ばせたいけど、熱を持ちやすい人工芝やアスファルトだと、足の裏をやけどしないか心配-。

そこで(株)COOOLが提案するのが冷却人工芝「クールターフ」だ。同社の濱口光一郎代表は「冷却、消臭、抗菌効果があり、常にはだしの状態でいるペットたちも安心して遊べます」と話す。

ポイントは充(じゅう)填(てん)材の「寒土(かんど)」。石灰岩やココナツ繊維チップなどの天然素材を使って独自開発した。これを人工芝の中に敷き詰めることで、雨水や夜露の水分を保ち、揮発効果で表面温度を下げられるという。「寒土で芝がしっかり立つため、クッション性があるほか、大型犬でもスリップしにくい。排せつ物のにおいも消せます」と加える。

マンションなどのベランダにも施工可能なので、雨が続いて散歩に行けない時にも役立つ。

濱口代表は「クールターフを自宅に敷けば、他の犬がいるドッグランなどが苦手な犬も自宅で伸び伸び遊べる。もちろん子どもたちや高齢者が憩える場所にもなる。庭が快適な芝生になると、暮らしが変わることを実感してほしい」と語った。


【問い合わせ】
(株)COOOL(クール) 沖縄オフィス
電話098-851-9832
糸満市西崎町5-12-9
営業時間9時~17時、定休日は日曜日
https://r.qrqrq.com/4pOYL7J6

関連記事:住まいのプロフェッショナル|沖縄県内の企業10社が提案

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1972号・2023年10月20日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2157

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る