大人カジュアルを楽しむ|リノベ前提に築32年の中古住宅を購入|一戸建て 全面改修|こだわリノベ|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

こだわリノベ

2023年8月4日更新

大人カジュアルを楽しむ|リノベ前提に築32年の中古住宅を購入|一戸建て 全面改修|こだわリノベ

リノベーションを前提に、那覇市内で築32年の2階建て中古住宅を購入したSさん。木を軸に異素材を組み合わせ、「カフェみたいにカッコいい」大人カジュアルな空間を実現。ギターを弾き、お気に入りの植物や酒器をめでつつ、夫婦で語らう。


1階のLDK。オーク材のフローリングに合わせ、キッチン上部の天井やカウンターを造作。鉄骨を使った階段が、軽やかさをプラス。リノベ前は、独立したキッチンと和室中心の間取り。天井高も上げて開放的に(泉公/ララフィルム撮影)
   
リノベーション前

 改築前のお悩み 
窓は多いが、和室を中心にすべての部屋が仕切られていて、使いづらい


おしゃれで機能的に

玄関を入った瞬間から、木の優しい風合いに心が和む。フローリングは、節の表情が楽しいオーク。「肌触りがよく、酔っぱらうと床で寝ることも。無(む)垢(く)にしてよかった」とSさんは笑う。

板張りの下がり天井やカウンターが目をひくキッチンとダイニングは、夫婦で好きな酒器をめでながら過ごせるよう計画。新設した窓から自然光がたっぷり入り、インドアガーデニングを楽しむにも打ってつけ。「植物を育てるのが楽しくて、どこにどう飾ろうか、いつも考えています」と妻もにっこり。

小上がりの和室は、子どもたちの学習の場も兼ねる。「2階に部屋はありますが、起きている間は1階にいるのがほとんど。思い描いていた通りの暮らしができています」。

リノベーション前

 

6畳の和室と廊下だった場所が、開放的なリビングに。石調タイル仕上げの壁、ポイントで配置されたグリーンが、空間に彩りを添える

リノベーション前  

1階の玄関。アウトドア用品も収められるシューズクロークを脇に設けて拡張。家族はクローク内を通って出入りできるため、玄関がキレイに保てる

 

 

楽しみが増えた

 

住宅は2階建て。「家族それぞれが、やりたいことを楽しめるよう」1階に重点をおいてリノベーションした。設計は、お気に入りのカフェを手掛けていた建築士事務所に依頼。「窓は多いけど和室中心で、すべての部屋が仕切られていたので使いづらかった。今はすごくおしゃれで機能的。家のことがストレスなくできる」と喜ぶ。

 

リビングに隣接するプレイルームは、Sさんがギターやベース、レコードを気兼ねなく楽しめる防音仕様に。音響はもちろん、テラスからの光も心地よく、「読書や昼寝をするにもいい場所。家族で取り合いです」。笑いの絶えない、穏やかな時間が流れる。

小上がりの和室兼書斎。壁際には造り付けのカウンターとつり収納があり、畳に腰掛けて勉強やPC作業ができる掘りごたつ仕様



 

 Sさんがリノベを選んだのは 
実家が一戸建てだったので、いつかは一戸建てに住みたいと思っていました。通勤や通学、生活の利便性を考えると那覇市、浦添市での暮らしが理想。3人の子どもも成長し、私たちも40代。子どもたちが独立した後の夫婦の暮らし、妻の自宅開業も視野に入れると、中古住宅を購入してリノベーションするという選択がベストでした。




 

 Sさん宅 リノベのカギ 

くつろげ、家事も楽な間取り。LDKは木を主役に統一感は色で

 

素材使いでメリハリ

 

購入時のSさん宅は、外階段と内階段でつながった2世帯仕様。リノベでは内階段の一部を作り替え、1階は間取りを大きく変更。家事効率と収納計画を踏まえてLDKと和室、水回りをレイアウト。2階は既存の間取りを生かして寝室と子ども室を設け、上下階で公私の空間を分けた。

1階は東面に壁付けだったキッチンを南向きの対面式に変更。「東面をL字の全面開口にすることで、風が心地よく抜け、ゆったりくつろげるLDKが生まれました」と建築士の平良玄峰さん。

水回りは北東にまとめ、向いに家族の衣類を収めるウオークインクローゼットを配置。リビングに隣接する和室は小上がりにして下部を収納に。キッチン脇の階段下にはトイレだった空間を利用してパントリーを設けるなど、収納と家事の機能性を高めた。

天井は、天井材を取り払って2・9メートルの高さを確保。キッチンは下がり天井にして、床と同じオーク材を色調を変えて貼り、メリハリをつけた。木が主役のLDKのオシャレさを高めているのは、巧みな素材使いと色使い。階段は鉄骨と木を組み合わせ、抜け感と軽やかさを演出。「手すりを黒にすることで空間が締まります」

テレビを掛けた壁には石調タイル。和室は壁をニュアンスカラーの左官塗材で仕上げ、和紙畳を敷いた。「さまざまな材料を組み合わせながらも、空間全体の色味を合わせることで、落ち着きを感じながらシンプル過ぎない、大人カジュアルな空間になっています」

 

リノベーション前

リノベ前は客間。造り付けの壁面収納や出窓は、そのまま生かして活用。壁と天井だけ塗装した

1階のプレイルーム。防音施工で、ギターも心おきなく弾ける


リノベーション前

元は寝室の収納だったスペース

       

     

       1階の浴室。坪庭から光と風を取り込み、緑を眺めながらゆったり湯船につかれる




[DATA]
家族構成:夫婦、子ども3人
躯体構造:鉄筋コンクリート造
築年数:32年
1階施工面積:89.4平方メートル(約27坪)
2階施工面積:71.3平方メートル(約22坪)
工期:5カ月
設計・施工:LSDdesign(株)
      平良玄峰、徳長秋乃
電気:Elinks
水道:(株)創水


[問い合わせ先]
LSDdesign(株)
電話 098・894・4282
https://www.lsd-design.co.jp/


撮影/泉公(ララフィルム) 取材/比嘉千賀子(ライター)
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1961号・2023年8月4日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2189

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る