[お住まい拝見+]図書館書庫のような棚|(株)東設計工房|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

第9回こども絵画コンクール

お住まい拝見

お住まい拝見+

2023年6月30日更新

[お住まい拝見+]図書館書庫のような棚|(株)東設計工房

「お住まい拝見」で掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介する。(紙面連載「今月の表紙から・2023年6月」より転載)

図書館書庫のような棚

ロフトの下にある棚。棚に収めたCDや楽譜が日焼けしないよう、外からは見えない
ロフトの下にある棚。棚に収めたCDや楽譜が日焼けしないよう、外からは見えない

書斎の全景。左手の壁の後ろに棚がある
書斎の全景。左手の壁の後ろに棚がある
 

6月23日号「大屋根支える大黒柱」松村さん宅/㈱東設計工房

開放的なLDKに立つ、チャーギの大黒柱が印象的な松村正彦さん・真実子さん宅。中でも、音楽教師でもある正彦さんが「こだわりが詰まっています」と話すのが、LDKの隣にある書斎だ。

壁には吸音材が張られているため楽器の練習にぴったりで、高い天井を生かしたロフトもある。さらに、ロフトの下には造り付けの棚。楽譜やCDなどが収められているが、外からは棚があることすら見えない造りになっている。正彦さんは「CDや楽譜が日焼けしないようにあえて内向きに作ってもらった。図書館の書庫のイメージです」と満足そうに話した。
 
LDKから書斎側を見る。正面の扉の奥が書斎。扉を開け放てば、書斎とLDKがつながり、書斎で演奏するピアノの音色がリビングにまで広がる。上部のガラス窓部分からはロフトにいる子どもたちが見える
LDKから書斎側を見る。正面の扉の奥が書斎。扉を開け放てば、書斎とLDKがつながり、書斎で演奏するピアノの音色がリビングにまで広がる。上部のガラス窓部分からはロフトにいる子どもたちが見える

取材/出嶋佳祐
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1956号・2023年6月30日紙面「今月の表紙から・2023年6月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2233

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る