沖縄|【ひと】細やかに管理サポート|安里 隼さん| (株)西自動車商会 営業部主任|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

企業・ひとの取り組み

2022年1月7日更新

沖縄|【ひと】細やかに管理サポート|安里 隼さん| (株)西自動車商会 営業部主任

創業46年。車の販売、車検整備の他、個人リースという画期的な販売法でも知られる(株)西自動車商会。営業部主任の安里隼さん(35)は「安全で快適なカーライフの提供で地域社会に貢献していきたい」と語る。

使いやすいカープラン提案



安里 隼 さん
(株)西自動車商会 営業部主任


-入社の動機は?
車が好きで、以前は車両整備の仕事をしていましたが、営業職に興味があり入社しました。主に法人向けのリース車両販売に携わっています。

私の信念は、お客さまのニーズに的確に心を込めて対応し、地域社会に貢献すること。お客さまはそれぞれの考えがあり、それに合う提案をしていく難しさはあります。ですが、信念のもとに行動すれば、より良い提案と、強い信頼を築くことができる。人と心でつながることの大切さを学んできました。

-心掛けていることは?
より良い提案のため、お客さまの要望、考えていることなどをしっかり聞くようにしています。お客さまにとって使いやすく、利点が大きいと思えば、希望車以外の車種、プランを提案することもある。後から「いい車を提案してくれてありがとう」と感謝されると私もうれしく、やりがいを感じます。

また、当社は昨年度、約1千台の新車を販売・リース契約しました。その1台1台に対して、車検やオイル交換のタイミングを連絡するようにしており、社用車の管理を担当される皆さんから「うっかり忘れることがなくて助かる」と喜ばれています。修理などアフターフォローにも対応しており、長いお付き合いになるお客さまも多い。今後もその信頼関係を大切にしていきたいと思っています。

-今後の目標は?
沖縄の皆さんにメンテナンスや管理が行き届いた当社の安全な車を利用してもらい、事故のない社会に貢献していきたい。「福祉車輌取扱士」として福祉車両リースの普及も力を注いでいきたいです。


「新春初売り」開催中|1月31日まで


(株)西自動車商会では、1月31日まで「新春初売りキャンペーン」を開催中=上。

期間中、車を成約すると、観光業、飲食業勤務なら1万円、代車不要で1万円など、いろいろな条件に応じて最大10万円のキャッシュバックを行う他、来場者全員に福袋やボックスティッシュが贈呈される。

実施拠点は、登川本店、泡瀬店、豊見城店、糸満店、南山店の各店舗。安里さんは「台数限定ではありますが、すぐに納車できる人気車種も用意していますので、お急ぎの方は、ぜひ早めにお問い合わせください」と呼び掛ける。問い合わせは、同社登川本店まで(電話=098-938-7255)。

〈プロフィル〉あさと・しゅん/1986年、沖縄市出身。高校を卒業後、車両整備の仕事に携わる。2011年、(株)西自動車商会へ営業職で入社。現在は主に法人向けのリース車販売に携わる。5年前に日本福祉車輌協会認定の福祉車輌取扱士を取得。福祉車両の普及にも力を注ぐ。◆(株)西自動車商会 沖縄市登川2398 電話098・938・7255


第1879号・2022年1月7日紙面から掲載

企業・ひとの取り組み

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1287

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る