【第4回沖縄建築賞】新人賞「南風原の老人福祉施設」(南風原町)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化|沖縄電力

スペシャルコンテンツ

沖縄建築賞

2018年5月25日更新

【第4回沖縄建築賞】新人賞「南風原の老人福祉施設」(南風原町)

県内の優秀な建築物・建築士を表彰する「沖縄建築賞」(主催/同実行委員会)。全28作品の中から、第4回の入賞作品6点が決定した。住宅部門正賞には漢那潤氏の「本部町の新民家」が、一般建築部門正賞には大嶺亮氏の「FFDunit」が選ばれた。

40歳未満の建築士に与えられる新人賞には、「南風原の老人福祉施設」を設計した山口瞬太郎さんが選ばれた。

沖縄建築賞|新人賞 「南風原の老人福祉施設」(南風原町)
外観。手すりと日射・台風対策を兼ねた木製ルーバーが、黒い外壁によく映える。ルーバーは縦方向にスリットが入っているので、車いすやベッドに寝たままでも景色が楽しめる


新人賞
「南風原の老人福祉施設」(南風原町)

らしくなさを追求

中庭から光と気配
那覇インターの近く、丘の上に建つ4階建ての「南風原の老人福祉施設」。設計した山口瞬太郎氏は「従来の施設が持つ『閉鎖的』『薄暗い』といったネガティブなイメージを払拭(ふっしょく)し、家族や地域とつながりやすいような、福祉施設らしくない施設を目指した」と話す。
その一つが、ホテルのようにも見える外観。黒い外壁に、強い日差しや台風などから入居者を守る木製ルーバーを並べ、緑豊かな景色に溶け込むようにした。
内部はスタイリッシュさはそのままに、自然の光も入って明るい。それに大きく貢献しているのが、建物の中央にある中庭だ。1階から吹き抜けになっているため、暗くなりがちな各フロアの中央付近にも光をもたらす。各階から互いの様子が見え、声も聞こえる。
さらに1階は、サッシを開け放てば、エントランスから中庭、パブリックスペース、外庭までを一つの空間として使うことができ、イベント時などに活用しているという。
職員は「入居者に活気が出た。外の明るさが分かるので、睡眠時間など生活リズムが安定してきた人もいる」と変化を話す。
審査員からは「明るさの演出が見事」「老人ホームらしくないところが新しさを感じる」という声が挙がった。そのほか、家具や手すりなど手に触れる部分には木を使った点や、シンプルな動線計画などが評価された。



2階バルコニーから見た中庭。階ごとにバルコニーの位置を変えているため、各階に光が届きやすく、互いの様子も確認しやすい


4階にある有料老人ホームの食堂。オープンキッチンで家庭的な雰囲気


一般の利用者も多い1階カフェ。右の中庭や奥の外庭から光が入って明るい



設計者代表/山口瞬太郎 氏(35)
山口瞬太郎建築設計事務所

「施設らしくない施設」というオーダーに悩みつつも、今までにないものをつくる楽しさを感じ、夢中で取り組んだ作品。関わった方々の顔が思い浮かびます。今の自分だから取れる新人賞をいただけてうれしいですし、正賞に向けての意欲も湧きました。

 

<第4回沖縄建築賞 入賞作決定>

【住宅部門正賞】「本部町の新民家」/漢那潤氏(ISSHO建築設計事務所)
【一般建築部門正賞】「FFD unit」/大嶺亮氏(ファイブディメンジョン一級建築士事務所)
【タイムス住宅新聞社賞】「ウルマノイエ」/美濃祐央氏(一級建築士事務所 mino archi-lab)
【奨励賞】「知念の家」/根路銘安史氏(アトリエ ネロ)
【奨励賞】「愛和保育園」/前田慎氏(アアキ前田)

古市徹雄審査委員長から総評
第4回沖縄建築賞26日からタイムスビルで展示

 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1690号・2018年5月25日紙面から掲載

沖縄建築賞

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:530

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る