【第4回沖縄建築賞】奨励賞 一般建築部門「愛和保育園」(西原町)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化|沖縄電力

スペシャルコンテンツ

沖縄建築賞

2018年5月25日更新

【第4回沖縄建築賞】奨励賞 一般建築部門「愛和保育園」(西原町)

県内の優秀な建築物・建築士を表彰する「沖縄建築賞」(主催/同実行委員会)。全28作品の中から、第4回の入賞作品6点が決定した。住宅部門正賞には漢那潤氏の「本部町の新民家」が、一般建築部門正賞には大嶺亮氏の「FFDunit」が選ばれた。

奨励賞には、大々的に使われた花ブロックが印象的な保育園が選ばれた。

沖縄建築賞|奨励賞 一般建築部門「愛和保育園」(西原町)
東側から見た外観。花ブロックを大胆に取り入れながらも、固定用のフレームは見えない


奨励賞 一般建築部門
「愛和保育園」(西原町)

約3千個の花ブロック 保育室とホールを柔軟に

既製デザインで新提案リ
40周年を機に建て替えられた「愛和保育園」は、親子3代で通う家族もあるという。そこで建築士の前田慎氏は「心の原風景にある懐かしさ」を出すため、昔からある既製デザインの花ブロックで東面と南面を覆い、建物の顔とした。さらに全部で約3千個もの花ブロックをしっかり固定しつつもスッキリした印象にするため、外からは見えない固定用フレームを設計し導入。審査委員は「どこにでもある地場の建材を使い、新しいデザインと工法の提案をした」と評価した。
審査委員らの注目を集めたのが2階フロア。普段は保育室として建具で各クラスを仕切っているが、開け放てばフロア全体が約450人を収容できるホールとなる=下写真。これは、3階建てだった計画を、コストを抑えるため2階建てにしたことで生まれた工夫だが、「工事費高騰に対し、規模を縮小しつつも機能が損なわれないよう、フレキシブルな運用で解決している」と高い評価を受けた。
1階は好きなときに本を読めるよう廊下に本棚が並び、近くには段差に座ったり寝転んだりできる場所がある。送迎時に親子で本を読む光景も見られる。



                 




設計者/前田慎 氏(48)
アアキ前田

短い工期で大変でしたが、子どもたちが笑顔で生活しているのを見ると、やって良かったという気持ちになります。関係者の方々に感謝を申し上げるとともに、今後も愛和保育園が地域の風景としてあり続けてくれるとうれしいです。


<第4回沖縄建築賞 入賞作決定>

【住宅部門正賞】「本部町の新民家」/漢那潤氏(ISSHO建築設計事務所)
【一般建築部門正賞】「FFD unit」/大嶺亮氏(ファイブディメンジョン一級建築士事務所)
【タイムス住宅新聞社賞】「ウルマノイエ」/美濃祐央氏(一級建築士事務所 mino archi-lab)
【新人賞】「南風原の老人福祉施設」/山口瞬太郎氏(山口瞬太郎建築設計事務所)
【奨励賞】「知念の家」/根路銘安史氏(アトリエ ネロ)

古市徹雄審査委員長から総評
第4回沖縄建築賞26日からタイムスビルで展示

 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1690号・2018年5月25日紙面から掲載

沖縄建築賞

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:530

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る