【第4回沖縄建築賞】タイムス住宅新聞社賞「ウルマノイエ」(うるま市)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化|沖縄電力

スペシャルコンテンツ

沖縄建築賞

2018年5月25日更新

【第4回沖縄建築賞】タイムス住宅新聞社賞「ウルマノイエ」(うるま市)

県内の優秀な建築物・建築士を表彰する「沖縄建築賞」(主催/同実行委員会)。全28作品の中から、第4回の入賞作品6点が決定した。住宅部門正賞には漢那潤氏の「本部町の新民家」が、一般建築部門正賞には大嶺亮氏の「FFDunit」が選ばれた。

正賞に次ぐタイムス住宅新聞社賞は、美濃祐央さんの「ウルマノイエ」が受賞した。

沖縄建築賞|タイムス住宅新聞社賞 「ウルマノイエ」(うるま市)
Public(公)スペースの中央にある玄関ホール(ナカメー)。いくつものスリット窓から光が差し込む土間空間。施主はハンモックを置き、「夜は寝っ転がって星を眺めています。時間がたつのを忘れる」とリビングのように使っている


タイムス住宅新聞社賞
「ウルマノイエ」(うるま市)

柔らかくつながる

光や風を自在に操る
南側には実家(母屋)があり、隣近所も顔なじみという環境。その関係性を意識し、外部とのつながりを重視した「ウルマノイエ」がタイムス住宅新聞社賞を受賞した。
設計した美濃祐央さんは「新規の塀は設けず、建築計画によりプライバシーを確保することを基本に考えた」と語る。南側にある母屋との間には中庭を配し、柔らかくつながれるよう配慮。子どもたちのスタディースペースを母屋のキッチンに面するよう配置するなどの繊細な空間構成に、審査委員からは「家族の関係を密にしている」との声が挙がった。
そして、新素材を使った挑戦的な試みも好評を得た。建物北側の壁面に採用した超薄肉コンクリート製の回転扉だ。開閉の加減により、日射や通風を調整し、プライバシーも確保できる。審査委員からは「沖縄特有の暑さ、強風から室内を守るだけでなく地域への開放感も創出している」と評価した。
さらに、審査委員をうならせたのが、玄関ホール(ナカメー)の天井から壁にかけてのスリット状の開口部。いく筋もの陽光が差しこみ、壁を模様付ける。このナカメーは家族が集うLDKの中央に位置している。ナカメーや中庭などの余白空間を充実させたことで間取りや境がゆるやかになり、「使い方の選択肢を広げた」との柔軟性も評価された。


北側の外観。写真右側に見えるのが回転式の超薄肉のコンクリート製の回転扉。ここを開閉することで子ども部屋や寝室、物干し場などに入る光や風を調整する


回転扉を全てしめたとき。開閉することで光や風、沿道からの視線をコントロールする


回転扉を3分の4開けたとき



公(Public)、私(Private)を明確に分けたほか、南側にある母屋とのつながりも重視した



設計者/美濃祐央 氏(44)
一級建築士事務所 mino archi-lab

市街住宅地で沖縄の地域性をいかに表現し、快適な住まいをどう実現するかという大命題に、新素材を取り入れるなどし一つのありようを示そうとまい進しました。施主のH様ご家族には大きな温かさをもって接していただき、ご配慮に感謝です。

 

<第4回沖縄建築賞 入賞作決定>

【住宅部門正賞】「本部町の新民家」/漢那潤氏(ISSHO建築設計事務所)
【一般建築部門正賞】「FFD unit」/大嶺亮氏(ファイブディメンジョン一級建築士事務所)
【新人賞】「南風原の老人福祉施設」/山口瞬太郎氏(山口瞬太郎建築設計事務所)
【奨励賞】「知念の家」/根路銘安史氏(アトリエ ネロ)
【奨励賞】「愛和保育園」/前田慎氏(アアキ前田)
古市徹雄審査委員長から総評
第4回沖縄建築賞26日からタイムスビルで展示

 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1690号・2018年5月25日紙面から掲載

沖縄建築賞

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:530

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る