【第4回沖縄建築賞】住宅部門正賞 本部町の新民家/設計:漢那潤(ISSHO建築設計事務所)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化|沖縄電力

スペシャルコンテンツ

沖縄建築賞

2018年5月25日更新

【第4回沖縄建築賞】住宅部門正賞 本部町の新民家/設計:漢那潤(ISSHO建築設計事務所)

県内の優秀な建築物・建築士を表彰する「沖縄建築賞」(主催/同実行委員会)。全28作品の中から、第4回の入賞作品6点が決定した。住宅部門正賞には漢那潤氏の「本部町の新民家」が、一般建築部門正賞には大嶺亮氏の「FFD unit」が選ばれた。

第4回沖縄建築賞 入賞作決まる

住宅部門の正賞を受賞した、漢那潤さん設計の「本部町の新民家」。やんばるの景色に溶け込む古民家の雰囲気は残しつつ、漢那さんが開発したオリジナル金具を用いた構造計画で、四方に開くことのできる新たな木造住宅を作り上げた


住宅部門 正賞
「本部町の新民家」(本部町)

「古」に習い「新」に挑む

構造進化させ開放的に
「移植された建築から、土着する建築へ」。その思いを胸に、漢那潤さんが、沖縄の気候風土に本当に合った建築を追求し、至ったのが「本部町の新民家」だ。木造平屋の古民家を現代の視点で組み立て、屋敷林に囲まれたやんばるの集落に溶け込む住宅を完成させた。
「新民家」を設計する中で漢那さんは「多くの部分で過去の土着した木造建築と同じ結論に至った」と言うが、「単に過去の模造のみにならないように」と知恵を絞り、進化させたのが構造計画。それを審査員らは「見事」と評価した。
その構造とは、筋交いを外側に出す形で配置=下コンセプト図。この筋交いが家を支えるため、外壁面を壁にせずに済み、四方に開口部を設けることが可能になった。内部空間にも耐力壁が不要のため、間取りが自由に変えられる。「さまざまな大きさ、要望に対して変形できる沖縄の木造平屋のプロトタイプ(原型)を目指した」と漢那さん。構造計画と簡潔な空間配置が評価され、満場一致で正賞に選出された。


▼コンセプト図

漢那さんが開発したオリジナルの金具を用いて、軒下に筋交いを配置。これにより、四方に開放性を獲得。庭との一体感が得られた


現地審査では、台風対策への質問が挙がった。四方の開口部は防風ネットで防護するほか、家をぐるりと囲む屋敷林も防護してくれているという。敷地環境をうまく建築に取り入れ、広々と伸びのある空間を獲得していることも評価された。審査委員は「『土着する建築』への志向を新たな形で表現しようと試みた様子がよくうかがえる」とし、「沖縄の風土性を表現する優れた建築」として正賞に選んだ。



「本部町の新民家」の室内。四方に開口部があり伸びやかで開放的だ


軒下にある斜材が構造のミソ。この筋交いが家を支えるため、外壁面を壁にする必要がなくなり、開放的な間取りを実現した


▼平面図

漢那さんが「効率的に機能を満たすことを意識した」という簡潔な間取り。内部に耐力壁が不要のため、自由な間取りが可能だそう



設計者/漢那潤氏(41)
ISSHO建築設計事務所


初めて沖縄で手掛けた建築が評価されたことは、今後の建築活動における大きな活力になります。また、今までにない木造建築に挑戦してくださった職人の方々には、感謝しかありません。新民家を起点に、少しでも沖縄の建築風景が美しくなるよう尽力していきたいと思います。

 

<第4回沖縄建築賞 入賞作決定>

【一般建築部門正賞】「FFD unit」/大嶺亮氏(ファイブディメンジョン一級建築士事務所)
【タイムス住宅新聞社賞】「ウルマノイエ」/美濃祐央氏(一級建築士事務所 mino archi-lab)
【新人賞】「南風原の老人福祉施設」/山口瞬太郎氏(山口瞬太郎建築設計事務所)
【奨励賞】「知念の家」/根路銘安史氏(アトリエ ネロ)
【奨励賞】「愛和保育園」/前田慎氏(アアキ前田)

古市徹雄審査委員長から総評
第4回沖縄建築賞26日からタイムスビルで展示

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1690号・2018年5月25日紙面から掲載

沖縄建築賞

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:508

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る