住まいのプロフェッショナル③|沖縄協同ガス(株)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2023年10月20日更新

住まいのプロフェッショナル③|沖縄協同ガス(株)

エクステリア、家具、住宅設備、ZEHの住まいづくり、庭、防犯カメラなど、快適な住まいづくりに役立つ情報を集めました。理想の住まいづくりや、ライフスタイルのヒントにしてみて!

 ポータブル発電機  沖縄協同ガス(株)

家庭のLPガスが燃料 コンパクトな発電機

(写図説明)定格出力900VAの「EU9iGP」(左上)と1500VAの定格出力がある「EU15iGP」(右上)。ガス供給ボックス(左下)からホースを取り出し接続するだけ。右下は稼働音を軽減する防音ボックス
定格出力900VAの「EU9iGP」(左上)と1500VAの定格出力がある「EU15iGP」(右上)。ガス供給ボックス(左下)からホースを取り出し接続するだけ。右下は稼働音を軽減する防音ボックス

沖縄協同ガスでは家庭で日頃使っているLPガスを、非常時には燃料として使うことができるコンパクトな発電機を取り扱っている。

「EU9iGP」は900VAの定格出力があり、スマホの充電や照明、扇風機などが使える。50キロのLPガスボンベ(満タン時)で約100時間の発電が可能。「EU15iGP」は1500VAの定格出力があり、より幅広い電気機器を使用できる。50キロのボンベ(満タン時)で約70時間の発電が可能だ。

「事前に工事をすれば、ワンタッチで発電機とつなぐことができる。燃料を準備したり、保管したりする手間がかからないのが最大のメリット」と同社の担当者は話す。さらに「家庭用コンセントと同等の安定した電気を供給できるので、パソコンなどの精密機器も安心して使える」と説明する。

同社の各営業所・事業所で「ガス器具展示特売会」を開催。日程は左記の通り。発電機も特別価格で販売する。
 


【問い合わせ】


関連記事:住まいのプロフェッショナル|沖縄県内の企業10社が提案

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1972号・2023年10月20日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2157

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る