[沖縄]特集・不動産の日③|リノベで収益化|「個」空間で間口広げ|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年9月24日更新

[沖縄]特集・不動産の日③|リノベで収益化|「個」空間で間口広げ

秋は不動産取引が活発になることや、二十三の語呂合わせから、9月23日は「不動産の日」。今号では休眠不動産(空き家)をリノベーションして収益化につなげた事例などを紹介する。
※9月23日は全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が制定した不動産の日。不動産活用・取引をテーマに特集を展開します。

「個」空間で間口広げ

 空き商業ビル活用 住居狙いが逆転!  とまとビル(浦添市)とまとハウジング、Maki Design
リノベ前
リノベ前

リノベ後。ビル購入時の空きテナントはペット可住宅として土間床の広々としたワンルームにリノベ。インテリアコーディネーターでもある上原さんが家具やアートもしつらえた。他物件との差別化を図り、賃料アップや早期入居を実現した
リノベ後。ビル購入時の空きテナントはペット可住宅として土間床の広々としたワンルームにリノベ。インテリアコーディネーターでもある上原さんが家具やアートもしつらえた。他物件との差別化を図り、賃料アップや早期入居を実現した

リノベ後。元飲食店をリノベしたサテライトオフィス。「昭和の雰囲気を残してテンションが上がる仕事部屋にした」
リノベ後。元飲食店をリノベしたサテライトオフィス。「昭和の雰囲気を残してテンションが上がる仕事部屋にした」

リノベ後。カウンターもそのままで「息抜きできる場所に」。同社の民泊で使わなくなった家具を持ち込んでいる
リノベ後。カウンターもそのままで「息抜きできる場所に」。同社の民泊で使わなくなった家具を持ち込んでいる


住居用が時代に合う

不動産業を営むとまとハウジングは、現事務所の移転を見据えて、4室中2室が空いていた築30年余の商業ビルを購入。空きテナントを住居用にリノベしたところ、プライベート感覚が受けて新たなテナントの入居が決まった。その後に空いた1室を、同社のサテライトオフィスにしている。

「既存物件の活用のカギは、時代に沿った工夫で周りの物件と差別化すること」と同社の長松夕貴さん。その上で「同ビルはにぎわう通り沿いにありながら、まるで『自宅』のような空間を設けたことで、“個”を大事にする今の時代にマッチしたんだと思う」。

空き2室は「賃料は他より安いが、設備が古い。そのままでは借り手がつかず収益も見込めなかった」と長松さん。ビルの奥手にあり、テナントへの出入りや室内は人目に付きにくい。これをプライバシーが守られた環境と逆手に取り、まだ数少ないペット可住宅へのリノベを依頼した。


アットホーム感好評

依頼を受けたマキデザインの上原牧子さん。ペットとの暮らしに加え、「自宅にオフィスを構えるSOHOや店舗などの使い方も想定。用途に合わせてアレンジしやすい、全面土間床のワンルームにした」。

実際入居したのは、パーソナルジムとエステ。ジムを営む宮里真也さんは、「プライベートな空間で安心。オシャレでアットホーム感もあり、女性利用者に好評です。通り沿いだから店の宣伝効果も狙えた」と入居の決め手を話した。長松さんは「柔軟かつターゲットを絞り過ぎず、間口を広げたのが早期入居につながったと思う」と振り返った。

一方のサテライトオフィスは、人目に付きやすいビル表側に。元飲食店の昭和感漂う雰囲気を残した室内は、オフィスというよりダイニングバーだ。リモートワークなどコロナ禍で変わる働き方に合わせた仕事場にはワクワク感があった。
 
リノベ後。サテライトオフィスの入り口は「何じゃこりゃ?!と驚くような隠し扉にした」と長松さん。青い置き物のところがドアノブ
リノベ後。サテライトオフィスの入り口は「何じゃこりゃ?!と驚くような隠し扉にした」と長松さん。青い置き物のところがドアノブ



ターゲットを絞り過ぎないリノベ

★ペット可住宅リノベで新テナント
商業ビル奥手の2室を、仕切りがない約15~16坪の住宅用にリノベ。「自宅」のようなプライベート感覚が時代にマッチし、テナントの入居が決まった

★元飲食店の雰囲気残る仕事場
にぎやかな通りから見えるビル表側は自社のサテライトオフィスに。元飲食店のカウンターやトイレはそのままに昭和の雰囲気を残す


関連記事:[沖縄]特集・不動産の日①|リノベで収益化|素朴な日常を店舗に
     [沖縄]特集・不動産の日②|リノベで収益化|「ワクワク感」に投資

編集/川本莉菜子
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1864号・2021年9月24日紙面から掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:103

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る