[沖縄]アートを持ち帰ろう(5)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年8月27日更新

[沖縄]アートを持ち帰ろう(5)

文/本村ひろみ

目、象形文字、年輪がモチーフ

家族だんらんの場に灯りを

夏の夜はふとしたきっかけで懐かしい記憶が思い出される。

例えば虫の音に、夜風にのって聞こえてくる太鼓の音に、月夜に照らされた庭の木々に。縁側でたく蚊取り線香の匂いから「そういえば、子供の頃ね…」と昔話が始まったりする。ノスタルジックな情緒を誘う夏の夜。それも夕暮れから風が涼しくなる“夏の終わり”ならなおさらだ。昼間の暑さから開放されて気分も軽くなるからか話も弾む。そんな、家族で語らう夜に温かい灯(あか)りがあると物語も幻想的になる。


時の経過を入れ込む

美術家・伊江淳氏は家族が集う場を心に描いて作品を作るという。作品に欠かせないモチーフは「目、象形文字、年輪」。古民家の雨戸や廃材から年輪の拓をとり、時の経過を作品に入れ込むことで、過去から未来へ人々をつなげている。
“灯り”は、透過性のある手すきの月桃紙が温かい色味を放ち、描かれた幾何学的な文様(年輪も含む)は宇宙を彷(ほう)彿(ふつ)させる。この灯りを子供たちの部屋に置き、寝そべって天井に映し出される「目」を眺める。あの目は何を見つめているのか、見守っているのか、と話も盛り上がるだろう。そしておしゃべりを楽しんだあと心地よい眠りにつく。

「そうしたら希望の朝が来るんです」作家はそう話してくれた。

中秋の名月には部屋を暗くして灯りだけで過ごしてみたい。



「喜びの光よあれ」


天井に映し出される「目」が幻想的。78cm×30cm 6万円(税込み)。周りにある灯りは「希望の光」大H40cm 中H30cm 小H20cm
 


作家近況
美術家・伊江淳サイト 
https://www.instagram.com/denpa_okinawa/?hl=ja

もとむら・ひろみ
那覇市出身。清泉女子大学卒業。沖縄県立芸術大学造形芸術研究科修了。ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2」でパーソナリティーを務める

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1860号・2021年8月27日紙面から掲載


 

特集・企画

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:9

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

TOPへ戻る