[お住まい拝見+]床レールなく空間に一体感|(有)門|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

第9回こども絵画コンクール

お住まい拝見

お住まい拝見+

2023年8月25日更新

[お住まい拝見+]床レールなく空間に一体感|(有)門

このコーナーでは、巻頭企画「お住まい拝見」「こだわリノベ」で掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から・2023年8月」より転載)

床レールなく空間に一体感

木梁(はり)が印象的なLDK。仕切りがない続き間で、南側の大窓と相まって開放的な空間となっている木梁(はり)が印象的なLDK。仕切りがない続き間で、南側の大窓と相まって開放的な空間となっている
 

8月18日号「風抜けるひと続きの家」
Uさん宅/(有)門


LDKの大窓から風が常に抜け、広々としたUさん宅。室内は吊(つ)り戸で仕切られているため、床にレールがなく、フラットになっている。建築家の金城優さんは「これにより、隣接する部屋と部屋の一体感を高めることで、空間がより広く感じられる」と話す。

デッドスペースになりがちなところも有効活用。オーダーしたキッチンのコーナー部分はワゴン式の収納に。Uさんは「鍋料理のときに道具一式や材料を一度に運べるので、便利。冬場はウッドデッキで鍋を楽しむことが多く、重宝しています」と話す。
 
LDKと和室を仕切る吊り戸。床にレールがなく、すっきりしている
LDKと和室を仕切る吊り戸。床にレールがなく、すっきりしている

オーダーしたキッチン。デッドスペースとなりがちな部分をワゴン式の収納で有効活用
オーダーしたキッチン。デッドスペースとなりがちな部分をワゴン式の収納で有効活用

取材/市森知
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1964号・2023年8月25日紙面「今月の表紙から・2023年8月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2233

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る