[お住まい拝見+]猫も安心・快適な床や扉|(株)建築設計同人匠才庵|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

第9回こども絵画コンクール

お住まい拝見

お住まい拝見+

2023年7月28日更新

[お住まい拝見+]猫も安心・快適な床や扉|(株)建築設計同人匠才庵

「お住まい拝見」で掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介する。(紙面連載「今月の表紙から・2023年7月」より転載)

猫も安心・快適な床や扉

コンクリートブロック造りのキッチン[お住まい拝見+](株)建築設計同人匠才庵
コンクリートブロック造りのキッチン。リビング・ダイニングはフローリング張りだが、キッチンはコスト削減のため土間床にした。カウンターの横には猫の食事スペースがある

リビングの掃き出し窓周りには、DIYでキャットウォークを設置した[お住まい拝見+](株)建築設計同人匠才庵
リビングの掃き出し窓周りには、DIYでキャットウォークを設置した


7月14日号「ビンテージ感漂うCB造」
與那覇さん宅/(株)建築設計同人匠才庵


建築士の與那覇勝儀さんが建てた自邸は補強コンクリートブロック造。コスト減のため壁紙やタイルなどの仕上げを省き、ブロックやコンクリートなど建材の質感を生かしているのが特徴だ。省きながらも、2匹の愛猫も快適に暮らす工夫が随所にちりばめられている。

まずはキッチン。床材を省いて土間仕上げにした=左上写真。ひんやり冷たいそこは、夏場の猫の昼寝スペースになっている。一角を猫のご飯スペースにしており、「こぼしてもササッと掃除できるので便利」と與那覇さん。

扉は、猫と暮らす上で省けなかったものの一つ。リビングと玄関の間には、猫が外に出てしまわないようにガラスの引き戸を設置した=右下写真。その脇に飾られた黒猫のイラストは、シンプルな空間のアクセントになっている。

シンプルなトイレのドアにも黒猫のステンドグラス。「ウチの猫に似ていたので、うれしくなって購入した」と話した。

 
玄関とリビングの間にはガラス製の引き戸を設置した[お住まい拝見+](株)建築設計同人匠才庵
コスト減のためには扉や造作などを減らすのが有効だが「わが家では猫が外に出ないよう、扉は必須だった」。玄関とリビングの間にはガラス製の引き戸を設置した

トイレのドアの明かり窓は、2匹の愛猫にそっくりな黒猫のステンドグラス[お住まい拝見+](株)建築設計同人匠才庵
トイレのドアの明かり窓は、2匹の愛猫にそっくりな黒猫のステンドグラス。オリジナルのようだが、既製品だ
 

取材/東江菜穂
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1960号・2023年7月28日紙面「今月の表紙から・2023年7月」より掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2233

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る