[お住まい拝見+]照明と火の神が 空間の彩りに|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2021年12月24日更新

[お住まい拝見+]照明と火の神が 空間の彩りに

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」「こだわリノベ」で掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2021年12月」より掲載)

照明と火の神が空間の彩りに

和室からリビングとキッチンを見る。和室の照明は、和紙で包まれた柔らかなデザインが印象的。リビングにはシーリングファン付き、キッチンには2種類のペンダントライトと、遊び心が満載

和室からリビングとキッチンを見る。和室の照明は、和紙で包まれた柔らかなデザインが印象的。リビングにはシーリングファン付き、キッチンには2種類のペンダントライトと、遊び心が満載


12月3日号「緑取り込み開放的に」
上間さん宅/㈲武一建設

周囲の緑を取り込んだ、開放的な造りが特徴の上間さん宅。アーチを描く垂れ壁が柔らかな雰囲気をもたらす洋風な空間に、夫妻こだわりの照明が彩りを添える。「光もデザインも落ち着いた感じの照明を選びました」と夫人。各部屋の雰囲気に合わせて夫婦で探し合い、一灯、一灯吟味して選んだ。キッチン上部には、ぽってりとした形が愛らしいガラスのペンダントライト。照明レールを活用してドライフラワーをつり下げ、空間演出を楽しむ。

キッチン脇の火の神(ヒヌカン)も、背面にデザインガラスを使うことで洋風な空間に調和。廊下への明かり取りも担う。
 

キッチン上部は、キッチンの幅に合わせてライティングレールが埋め込まれているから、照明の位置も個数も変えやすい。照明だけでなく、ドライフラワーもつり下げて空間の彩りに

キッチン上部は、キッチンの幅に合わせてライティングレールが埋め込まれているから、照明の位置も個数も変えやすい。照明だけでなく、ドライフラワーもつり下げて空間の彩りに
 

 

コンロ脇のニッチに据えた火の神。背面は格子柄のガラスになっているため、デザインとしても洋風の空間になじむ

コンロ脇のニッチに据えた火の神。背面は格子柄のガラスになっているため、デザインとしても洋風の空間になじむ


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1877号・2021年12月24日紙面「今月の表紙から 2021年12月」より掲載

お住まい拝見+

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:144

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る