[お住まい拝見+]色や柄 品良く取り入れ|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2021年12月24日更新

[お住まい拝見+]色や柄 品良く取り入れ

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」「こだわリノベ」で掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2021年12月」より掲載)

色や柄 品良く取り入れ

大柄の壁紙をリビング・ダイニング全面に取り入れつつ高級感ある雰囲気にまとめた

大柄の壁紙をリビング・ダイニング全面に取り入れつつ高級感ある雰囲気にまとめた


12月10日号「海景色を堪能 ホテルライクな家」
Sさん宅/GIFT

Sさん宅のリノベーションを手掛けたのは、空間コーディネーターの森田めぐ美さん。中古マンションを「リゾートホテルのようにしたい」という要望を受け、間取りや内装だけでなくインテリアもトータルでコーディネートした。

リビングの主役であるネイビーのソファは施主たっての希望。森田さんは「ソファがより美しく見えるよう、LDKは使う色の数を抑えました」と話す。

リビング・ダイニングの壁紙は施主が希望した大柄の壁紙を用いた。線画のエレガントな壁紙に合わせて照明は「ツヤがあるガラス製をチョイスしました」。全体的に高級感漂う雰囲気になり、要望通り「リゾートホテル」のような空間に仕上がった。

大柄のクロスを取り入れるときのポイントは、「柄の雰囲気に合うように家具やインテリアを選ぶと良いでしょう。例えば南国のリーフ柄であれば、ざっくりとした自然素材の生地を選ぶとなじみます。お部屋にストーリーが生まれるとインテリアも選びやくすなります」と話した。
 

ネイビーのソファを引き立たせるため、LDKは内装やインテリアの色味を抑えたネイビーのソファを引き立たせるため、LDKは内装やインテリアの色味を抑えた


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1877号・2021年12月24日紙面「今月の表紙から 2021年12月」より掲載

お住まい拝見+

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
東江菜穂

これまでに書いた記事:276

編集者
週刊タイムス住宅新聞、編集部に属する。やーるんの中の人。普段、社内では言えないことをやーるんに託している。極度の方向音痴のため「南側の窓」「北側のドア」と言われても理解するまでに時間を要する。図面をにらみながら「どっちよ」「意味わからん」「知らんし」とぼやきながら原稿を書いている。

TOPへ戻る