将来見据え2世帯に|(有)大成プラン|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見

2017年7月7日更新

将来見据え2世帯に|(有)大成プラン

[お住まい拝見・生活リズムの違いにも対応]将来、2世帯で住むことを見据えた、鉄筋コンクリート造3階建てのOさん(52)宅。家族が上下に分かれて暮らすが、生活リズムが異なる今の一家のスタイルにも合っている。

将来見据え2世帯に|(有)大成プラン|お住まい拝見
2階LDK。3階で暮らす長女や長男もここで食事をとる。左奥の窓は、日差しの入り具合をほどよくするため、あえて高さを抑えた。ソファに座った時や、キッチンに立った時に、外の景色が見えるよう調整されている

 

3市の花火楽しむ眺望

Oさん宅
RC造/自由設計/家族5人

平屋建ての外人住宅が並ぶ、浦添市の高台。東はカエルの合唱が聞こえる空地、北は学校の運動場と開けているため、どこにいても気持ちのいい風に包まれるOさん宅。

1階は駐車場で、2階と3階に家族5人の居住スペースがある。各階を外階段でつなぎ、それぞれにコンクリート打ち放しのLDKや水回りを設けた独立した造りが特徴だ。Oさんは「将来、子どもたちの誰かが世帯を持ったときに、2世帯で暮らせる家にしたかった」と話す。

そのため現在は、2階に夫婦と次女(19)、3階に長女(27)と長男(22)が暮らしている。どちらの階もキッチンなどの設備は整っているが、食事やだんらんなどは、長女や長男も2階LDKで過ごす。

夫人(51)は「5人とも仕事をしていて、生活リズムも違う。それぞれの友人を招くことも多いので、今の家族のスタイルにも合っている」。

軒が深く、広々とした3階南側のベランダは、ソファやテーブルが置かれ、家族や友人が集う場として活用する。眺望も良く、Oさんは「那覇や浦添、宜野湾の花火が見える」と満足。長女は「仕事の後、夕日を眺めながらビールを飲むと疲れが吹き飛ぶ。リラックスできて、外で飲む回数も減った」と気に入っている。



3階LDK。中央の窓は南側のベランダに面しており、親戚や友人が集まった際には、窓を開け放し、つなげて使う

 

混雑しない洗面室

約20年前、築15年ほどの鉄筋コンクリート造2階建てを購入したOさん。築30年を超え、老朽化が進んできたため、昨年建て替えた。

中でも家族が「良かった」と口をそろえるのが、東側の外廊下にある花ブロック。以前は朝日のまぶしさに悩んでいたが、花ブロックが日差しを和らげてくれるという。「出勤するとき、花ブロックの隙間からもれる光が廊下に広がり幻想的。朝からやる気が出る」とOさん。大きな鏡が印象的な広い2階洗面室も「以前は朝の身支度で混雑していたが、今は3人並んでも余裕」と笑顔を見せる。

長年の悩みを解決した住まいは、今後の家族の変化にも柔軟に対応していけそうだ。


広々とした2階洗面室。出入り口が2カ所あるので、家事動線もスムーズ



ここがポイント

朝日の強い光と熱
花ブロックで調節


見晴らしの良い3階南側のベランダ。奥行3メートル以上の深い軒で雨がほとんど入らないため、ソファやテーブルでゆっくりくつろげる。室内を通らなくても、東側の廊下から直接行き来できるので人を招きやすく、バーベキューなどをして楽しむこともある


Oさん夫妻が要望したのは「将来、2世帯で住むことを想定した家」。設計した大城学さんは「互いに気を使わないようにしたいという夫人の考えを踏まえ、上下で分ける造りにした」と話す。

家族を持った子世帯が3階でで暮らし始めたときに、ほかの4人が2階で暮らすため、今はつながっている2階寝室と和室を2部屋に分けられるように計画。そのための扉も、既に両部屋に設けられている。

「カーテンが開けられないほど朝日がまぶしかった」という東側は、窓や玄関の外に花ブロックを設置。廊下も暑さを和らげる緩衝帯となっている。

さらに、将来、隣に建物が建っても目隠しとなるほか、北側にある小学校の運動場から飛んでくる砂やほこりの軽減にもつながっているという。「隣に建物がなく、風雨の影響を受けやすい東側は、廊下とベランダをつなげることで、台風後の窓掃除などをしやすくした」と維持管理にも配慮した。

南にLDK、北に寝室と南北で公私を明確に分けた室内は水回りを中心に回遊できるため、家事動線がスムーズで、風も通り抜ける。

キッチンの収納棚は炊飯器やゴミ箱まで隠せるようにするなど、ほとんどの家具は造り付けにし、収納を随所に設置することで「あまり物を出さず、スッキリさせたい」という夫妻の要望にも応えた。



2階の外廊下。窓や玄関の前の花ブロックが、東からの強烈な直射日光を和らげる


東側から見た外観。花ブロックが目をひく


将来、部屋が必要になったときに備え、2階は手前の和室と奥の寝室を仕切れるように設計されている


[DATA]
家族構成 :夫婦、子ども3人
敷地面積 :198平方メートル(約60坪)
1階床面積:95平方メートル(約28坪)
2階床面積:95平方メートル(約28坪)
3階床面積:82平方メートル(約25坪)
建ぺい率 :50%(許容60%)
容 積 率:110%(許容140%)
用途地域 :第一種中高層専用地域
躯体構造 :鉄筋コンクリート造ラーメン構造
設  計 :(有)大成プラン 大城学、田本亮
施  工 :(有)大成プラン
電  気 :上原電工
水  道 :(株)南西空調設備


[設計・問い合わせ先]
(有)大成プラン
098-879-7408
http://taisei-plan.jp/


写真/比嘉秀明 編集/出嶋佳祐
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1644号・2017年7月7日紙面から掲載

お住まい拝見

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
出嶋佳祐

これまでに書いた記事:151

編集者
「週刊タイムス住宅新聞」の記事を書く。映画、落語、図書館、散歩、糖分、変な生き物をこよなく愛し、周囲にもダダ漏れ状態のはずなのに、名前を入力すると考えていることが分かるサイトで表示されるのは「秘」のみ。誰にも見つからないように隠しているのは能ある鷹のごとくいざというときに出す「爪」程度だが、これに関してはきっちり隠し通せており、自分でもその在り処は分からない。取材しながら爪探し中。

TOPへ戻る