[お住まい拝見+]絵画のように楽しむ照明|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2020年11月27日更新

[お住まい拝見+]絵画のように楽しむ照明

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2020年11月」より掲載)

絵画のように楽しむ照明

自然に寄り添い楽しむ/建築設計工房 paraya/Mさん宅より

フクギ並木沿いに建つMさん宅は、大きな開口部や高い天井などで開放感のある住まい。

照明にもこだわった。いずれも夫人が選んだもので、空間ごとに異なる雰囲気の明かりがともる。


県内のガラス作家・小野田郁子氏によるランプシェード。個展で購入したもので、「やわらかく屈折した光の影に癒やされる」と夫人


上写真の照明が使われているキッチン


例えばキッチンには県内のガラス作家によるランプシェード、リビングの壁面には雑誌で見て憧れたものが取り付けられている。

夫人は「家族の成長とともに素材の経年変化を楽しみたいので、真ちゅう製を中心に選んだ。コレクションを増やして、絵を飾り替えるように、付け替えて楽しみたい」と話した。


リビングにあるタイガランプ社製のブラケット。県外の宿で使われているのが雑誌で掲載されているのを見て、憧れを抱き選んだ。人気がある上、受注生産で納品まで約8カ月かかった


玄関照明。よく通っていたインテリアショップの社長に提案してもらった中から選んだ


アプローチのマリンランプ。海が好きなMさんをイメージして選んだ

 
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1821号・2020年11月27日紙面「今月の表紙から 2020年11月」より掲載


 

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
出嶋佳祐

これまでに書いた記事:151

編集者
「週刊タイムス住宅新聞」の記事を書く。映画、落語、図書館、散歩、糖分、変な生き物をこよなく愛し、周囲にもダダ漏れ状態のはずなのに、名前を入力すると考えていることが分かるサイトで表示されるのは「秘」のみ。誰にも見つからないように隠しているのは能ある鷹のごとくいざというときに出す「爪」程度だが、これに関してはきっちり隠し通せており、自分でもその在り処は分からない。取材しながら爪探し中。

TOPへ戻る