[沖縄]エクステリア特集 |(株)アーバンスペース|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

家づくりのこと

庭・garden

2022年8月19日更新

[沖縄]エクステリア特集 |(株)アーバンスペース

屋外空間を快適にして、暮らしを充実させるエクステリア。外構工事から立体駐車場、ユニットハウス、トレーラーハウス、草刈りまで専門業者を幅広く紹介する。


(株)アーバンスペース
 

 立体駐車場  限られた敷地でも駐車場増

創業以来、35年にわたって立体駐車場の設計・施工・メンテナンスを手掛けてきた(株)アーバンスペース。担当者は「限られた敷地内で駐車台数を増やすため、機械式駐車場の需要が高まっています」と話す。

例えば一戸建て住宅では、地上2段式が一般的。幅2・7メートル、奥行き4・8メートルほどの空間があれば設置可能な上、モーターで上下させるため静かだという。価格は130万円~。大きなワゴン車が入れられるタイプや、地下部分を活用することで車の入れ替えが不要なピット式もある。

塩害対策として、鉄部は溶融亜鉛メッキ仕様でさびにくい鋼板を使用。「定期的なメンテナンスで、25年以上使われているものもあります」

同社が扱う機械は全て国土交通省の認証を得ているため安全性が高く、トラブルにも24時間対応してくれるので安心。「オプションで電気自動車(EV)の充電設備も設置可能。ガソリン車よりも環境負荷や税負担の少ないEVがより身近になる今後に備え、お気軽にご相談ください」と話した。

問い合わせは、同社(電話=098・863・3630)営業部の與那嶺まで。





立体駐車場でEVを充電している様子。設備は充電箇所で変更可能
 
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1911号・2022年8月19日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2151

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る