【第3回沖縄建築賞】タイムス住宅新聞社賞「アーケードリゾートオキナワ」(沖縄市)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化キャンペーン2017年10月10日から12月31日A

スペシャルコンテンツ

沖縄建築賞

2017年5月26日更新

【第3回沖縄建築賞】タイムス住宅新聞社賞「アーケードリゾートオキナワ」(沖縄市)

県内の優秀な建築物・建築士を表彰する「沖縄建築賞」(主催/同実行委員会)。第3回の入賞作品7点がこのほど決定した。住宅部門正賞に金城司氏の「中村家住宅」、一般建築部門正賞に島田潤氏の「クニンダテラス」が選ばれた。

第3回沖縄建築賞 入賞作決定


正面のガラス張りは、既存を生かした。カフェの内装は黒を基調とした落ち着いた雰囲気。設計者の一人、ウイング建築設計事務所の具志堅達氏は「新しいものをつくるだけでなく、リノベを地域活性化につなげたい」と語る


タイムス住宅新聞社賞
「アーケードリゾートオキナワ」(沖縄市)

 

商店街にリノベ宿泊施設

空き店舗に人呼ぶ
審査員が「本来ならば相反するはずの『まち』と『リゾート』をうまく融合させた」と評した「アーケードリゾートオキナワ」。
名の通り、沖縄市のアーケード街の中に建つ。1975年に店舗兼専用住宅として建てられ、何度も借り主が変わり、物産テナントを最後に空き店舗が続いていた。
そこを用途変更してリノベーション。1階をカフェ、2・3階を宿泊施設に生まれ変わらせた。
1階から2階へ続く吹き抜けや建物正面のガラス張り、古びた壁など、もともとあったものを生かし、レトロな雰囲気を演出した。
設計者の一人で、申請関係を担当したアーキテクトラボ・ハロームの新里尚次郎氏は「復帰直後の建物かつ、アーケードの中という特殊条件で用途変更は非常に大変だった。手続きに8カ月近くもかかってしまった」と話す。だが手応えも感じている。「同様の空き店舗はいくつもある。モデルケースになれば」。
5月22日に全面オープンした。建物を運営するNPO法人のコザまち社中の事業リーダー・崎原徹氏は「ここを地元の人と海外、県外の人々の交流の拠点にし、コザの活気につなげていきたい」と期待を込めた。


屋上は壁画やテントで賑やかに演出。審査員は「殺伐としたビルの屋上さえ、リゾート資源にした」と評価​

宿泊施設の室内はシンプルだが、市内で活動するアーティスト描いたイラストで彩る​

リノベ前は物産テナントだった



設計者代表
下地鉄郎氏(42)
クロトン

空き物件のリノベーションに日の目が当たったのは、これが解決すべき社会的問題ということだろう。今回は沖縄市が丁寧に対応してくれたからこそ、完成にこぎつけられた。「まちづくり」には行政のサポートも欠かせない。チームで取り組んだ結果が評価されて非常にうれしい。

 

<第3回沖縄建築賞 入賞作決定>

 


第3回沖縄建築賞 入賞作決定!

沖縄建築賞

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:371

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

建築士の日2017|週刊タイムス住宅新聞

TOPへ戻る