[沖縄]紙面で開催!住まいの展示会2022|沖縄銀行 営業推進部|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2022年10月14日更新

[沖縄]紙面で開催!住まいの展示会2022|沖縄銀行 営業推進部

おうち時間が見直されている今、快適な住まいづくりに役立つ情報を集めた展示会を紙面上で開催! 省CO2対応型の新築一戸建てや住宅ローンをはじめ、マンション、リフォーム、設備・建材、庭づくりに相続まで、15業者が集まった。

 住宅ローン&枠々マイカーローン  沖縄銀行営業推進部

新築で最長50年対応可 自由度高い車ローンも

那覇店の山城店長(中)と、窓口担当の島袋さくらさん(左)、眞鶴みわさん那覇店の山城店長(中)と、窓口担当の島袋さくらさん(左)、眞鶴みわさん

一般的に住宅ローンは自身の住宅取得時に利用するイメージがあるが、沖縄銀行の住宅関連融資は、(1)増改築(2)別荘などの取得(3)息子が両親の住宅を取得するといった家族の住宅取得(4)県外居住者の沖縄移住時(5)他行の住宅融資の借り換えなど、目的に応じて選ぶことができる。

おきぎんローンFPステーション那覇店の山城敦店長は、「新築住宅だと返済期間は最長50年まで対応可能。万一の際に保険会社がローン残高を支払う団体信用生命保険は5種類を用意しています。中でも『がん就業不能保障特約』や、三大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)・五つの重度疾病などを付加した『ライフサポートキング』は、ともにローン完済時年齢が85歳未満。進学、結婚、定年退職などのライフプランに合わせ、ゆとりを持った返済が可能です」と説明する。

住宅ローンの利用者には車両ローンである「枠々マイカーローン」が特別金利2・5%となる特典つき。「あらかじめ設定した限度額内なら、再審査不要で何度でも借り入れができるうえ、車両購入以外にも修理費用、車検費、カー用品の購入等にも利用できる商品。この商品の取り扱いは県内初」とアピール。

住宅ローンの仮審査は窓口の訪問は不要で、沖縄銀行のHP内にある「おきぷら」にて24時間web申し込みが可能。また、口座残高確認や入出金履歴の確認に加えて、住宅ローンの繰り上げ返済も可能なアプリ「おきぎんSmart」も要チェック。





【問い合わせ】

営業推進部
電話098-869-1249
那覇市久茂地3-10-1

関連記事:紙面で開催!住まいの展示会2022 15業者紹介

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1919号・2022年10月14日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2189

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る