[沖縄]県内6社が提案!SDGsな家づくり|沖縄協同ガス「集中監視システム」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年12月31日更新

[沖縄]県内6社が提案!SDGsな家づくり|沖縄協同ガス「集中監視システム」

「SDGsな家造り」を6社が提案!同性パートナーでも利用しやすい住宅ローン、住宅診断やリノベーションの提案、環境や家計に優しい水、長持ちする鉄筋コンクリート造、ガス漏れなど万一に対応するシステムまで。住宅取得のヒントにして!

  

クリーンエネルギーで安心・安全の暮らし守る


農協プロパン沖縄協同ガスは、ガス漏れや消し忘れ、災害時のアクシデントなどの“もしも”に備え、「集中監視システム」と「緊急サービスセンター」を設置して万全な保安態勢を構築。住み続けられるまちづくりをサポートしている。

同社は「ガスキャッチ」を約95%の供給先に設置しており、ガス漏れなどがあれば、農協プロパン集中監視センターへ自動で通報。センターから利用者へ電話連絡し、必要があればスタッフが現場に駆け付ける。万が一消し忘れがあっても安全機能が作動し自動的にガスを止める。

また、ガスメーターが震度5以上の地震を感知した場合、ガスの供給を自動で遮断し、同センターから適切な対処法を案内する。

さらに休日・夜間は緊急サービスセンターに専属の人員を確保して対応する。

同社の提供する「LPガス」は二酸化炭素排出量が少なく、燃焼時の排出ガスも極めて低いクリーンなエネルギーだ。

同社は集中監視システムを活用した無料の見守りサービス「キャッチくん@メール」も展開。離れて暮らす家族のガスの不使用状況を、メールで送信する。特に1人暮らしの高齢者の家族に登録をすすめている。
 

沖縄協同ガスの供給先に設置している「ガスキャッチ」は、携帯電話回線を利用した通信機で、ガスの使用状況に異常があれば監視センターに知らせる

沖縄協同ガスの供給先に設置している「ガスキャッチ」は、携帯電話回線を利用した通信機で、ガスの使用状況に異常があれば監視センターに知らせる

「キャッチくん@メール」の申し込みはこちらから


DATA
 沖縄協同ガス
 北部営業所 電話0980・52・3119
 中部営業所 電話098・937・2221
 南部営業所 電話098・998・8700
 宮古事業所 電話0980・72・4312
 八重山事業所 電話0980・82・4934
 https://www.kyodogas.co.jp/

関連記事:沖縄県労働金庫「住宅ローン」
     (株)WILL「インスペクション」
     (株)サザンアイランドコンサル「コンフォートシティービュー」
      株式会社 総伸「量子水」
      アクロス琉球(株)「RCガーデックス」


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1878号・2021年12月31日(第1集)紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1287

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る