[沖縄]県内6社が提案!SDGsな家づくり|(株)WILL「インスペクション」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年12月31日更新

[沖縄]県内6社が提案!SDGsな家づくり|(株)WILL「インスペクション」

「SDGsな家造り」を6社が提案!同性パートナーでも利用しやすい住宅ローン、住宅診断やリノベーションの提案、環境や家計に優しい水、長持ちする鉄筋コンクリート造、ガス漏れなど万一に対応するシステムまで。住宅取得のヒントにして!

 

スクラップ&ビルド脱却 ストック活用型社会へ

中古物件の状態を確認する「インスペクション」の様子。資格を持つ建築士が、躯体のひび割れや劣化などをチェックする中古物件の状態を確認する「インスペクション」の様子。資格を持つ建築士が、躯体のひび割れや劣化などをチェックする

県内で不動産の売買やインスペクション(住宅診断)を行う(株)WILLは、「『スクラップ&ビルド型社会』から脱却し、今ある建物を長く大切に使い続ける『ストック活用型社会』を目指して不動産業をスタートしました」と、取締役の御幡(みはた)可寿方(かずみ)さんは話す。

念願のマイホームを手に入れると、ローンの返済が中心の生活になる。「せっかく建てたのに30~40年で壊し、新たに建てることを繰り返していては年々、建築費が上がる中で負担も増していく」と懸念する。

「しかし、その建物を80年活用できれば、建築費の負担を2世代、3世代で分け合うことができます。ローンの返済だけに振り回されずにマイホームを手に入れることができます」と提案。

建物を長く使うためには、「新耐震基準をクリアすることや新築時の建物の質を上げる、適切な維持管理、など課題はいくつもあります」とし、その1歩として同社では「中古住宅に、徹底したインスペクション(建物診断)を行い、30年先まで安心して住めるよう、今のうちに補修箇所を洗い出して手当てを行う」と話す。

「それが、WILLのSDGsだと考えます」
 

(株)WILLとWILLワークスのスタッフ
(株)WILLとWILLワークスのスタッフ


DATA
 (株)WILL那覇IC店
 南風原町新川98-1
 電話098・889・0455
 午前9時~午後6時営業 定休日なし
 https://www.will-okinawa.com/

関連記事:沖縄県労働金庫「住宅ローン」
     (株)サザンアイランドコンサル「コンフォートシティービュー」
     株式会社 総伸「量子水」
     アクロス琉球(株)「RCガーデックス」
     沖縄協同ガス「集中監視システム」


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1878号・2021年12月31日(第1集)紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1287

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る